« 週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 雷句先生の小学館提訴の件 »

2008年6月 4日 (水)

週刊少年サンデー27号感想

■ハヤテのごとく!
ハヤテ親話はいつも気分が悪いですが、いつかは両親も登場するんですかねえ。
前から伏線が張られていたアーたんがやっと登場。まだその性格はよく分かりませんが、ハヤテを振り回すようなキャラかと思っていたけど結構まともそうでした。
見るからにいいところのお嬢様風ですが、ハヤテは昔からお嬢様に縁があったんですねえ。

■結界師
「あの黒装束の女性は危険だ」

夜城って女性だったのか!?
これまでにもどこかで女性と書かれていたのかも知れませんが、全然気付いていませんでした。ガーン。

後ろからは炎上寺姉も追ってくるし、かなりのピンチかと思っていたら相手の仲間割れで姉はあっさりダウン。
さらに良守には夜城の攻撃も効かないとは、このままどうにかなっちゃいそうですね。
偉そうにしていたのに急に焦っている夜城さんが哀れなくらいです。相性ってのは大事だなあ。

時音の涙を見てキレた良守ですが、一瞬、時音と夕上さんのラブコメを見てキレたのかと思ってしまったですよ。

■MAJOR
ギブソンは着々と復活に近づいている様子。このままだと本当にカムバックしちゃいそうですね。
吾郎とJr.に試合を見に来るように伝えたギブソンは、やっぱり2人の事を気にしてるんでしょうね。

■ダレン・シャン
ダレンに真相を話してゾクゾクするスティーブ。
ああ…、言いたくて溜まらなかったんだろうなあ…、スティーブって本当に心底クズなんだなあ…、と思いました。
ゲロ以下の匂いがプンプンするぜー!!

と言うわけで、きっとそうなのだろうと思っていましたが、やっぱりスティーブこそが大王でした。
いやー、本当にここまで読者としても嫌悪を感じられる悪役も最近珍しいかも。
ガネンもこんな奴の命令を聞くのは嫌そうだなあ(^^;

スティーブにはフェイスレスレベルの名悪役になっていただきたい。

■月光条例
月打されたのは姫では無かった!?
これは騙されました。しかし読者的にも月光的にも姫をよりはよほど(感情的には)戦いやすいですな。
あと1~2話あれば決着も付くと思うので、いいカタルシスを期待したいところです。

■絶対可憐チルドレン
単なる記憶喪失だけでなく子供化までするとは。
作中でも触れられていますが、以前チルドレン達が大人化した時の逆バージョンですね。
同年齢どうしでラブコメ成分も増量になりそうで楽しくなりそうですよ。

なんだか桃太郎の便利な使われ方がちょっと可哀想。

■呪法解禁!! ハイド&クローサー
春瓶が頼もしくなってきたなあ。
敵がお湯を沸かそうとするのを待ってあげるあたりも紳士です。コンセントがささってないと分かっていたからだとしても(笑)

病院でパクワさんに抱きかかえられてるハイドが可愛い。

■クロスゲーム
東兄の尻に敷かれっぷりが和みます。

■金剛番長
クレプスリーが剛力番長くらいに頑丈であったならー!
とりあえず、今回の話が載ったのが先週号じゃなくて良かったと思いました(^^;

監獄番長の監獄と身体の大きさのバランスがとても不思議。あれは『サハスラーラ・ムドラー』だの技がどうこう言う以前に『四次元監獄』なのではないか?(笑)

監獄番長は兄弟が多い大家族で家は四畳半だったりでもするんですかねえ。
ここは“重力ペンキ”の出番ですね。

■神のみぞ知るセカイ
人間消失。
SFかファンタジーみたいな展開になってきたー!
(元々SFかファンタジーです)

■史上最強の弟子ケンイチ
乳に反応する人が多いだろうなあと思いました。

■最強!都立あおい坂高校野球部
うむ、気持ちいい。
次回の敵マネージャーさんの出方が楽しみ。

■魔王
ここ数週、毎回毎回着実に安藤が死亡フラグを積み上げていってるようで気が休まりません。
どうにもハッピーエンドが想像出来ないですよ。

■イフリート ~断罪の炎人~
ライバルとは決着が付き、光の姫君は登場し、更にその正体に源三郎が気付き、と
クライマックスにひた走っている感がひしひしとします。
今回終わったDIVEと、魔王・クナイ・LOSTと合わせて次々と終わっていきそうだ;

■クナイ伝
ヒロインとクナイの設定が結局噛み合わなかった印象。
まだ終わっていないので最後にどうなるかは分かりませんが。

■DIVE!! -ダイブ!!-
最終回。
結局ペアで、しかも富士谷をパートナーにして五輪に出ているピンキーに笑いました。

今の現実の状況だと五輪を扱う漫画は描きにくそうです。

■LOST+BRAIN
久遠寺の不甲斐なさを見ていると、氷山の大勝利で完結という線もあり得てしまう気がします。

|

« 週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 雷句先生の小学館提訴の件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/21410295

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー27号感想:

« 週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 雷句先生の小学館提訴の件 »