« 週刊少年サンデー26号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー27号感想 »

2008年6月 2日 (月)

週刊少年ジャンプ27号感想

■どがしかでん!
新連載のバスケ物。
アイシールドのような一芸型の主人公の話になる様子。
とりあえずお嬢様はいいキャラをしてると思いました。

■ONE PIECE
海軍本部のお膝元での人身売買、これまでも言葉の上での情報としては出ていましたが、実際に容赦されると胸くそ悪いですわ。
コーティング職人の爺様は何かの酔狂でわざと捕まったのかと思いましたが、普通に自分の落ち度で売られることになったんですかね?、まだ分かりませんけど。
とりあえず、伝説級の強者なら首輪が爆発しても大丈夫そうな気はします。

サンジが見ている人類売買リストには小人だのミンクだのまだまだ未登場の種族が色々いるようで、そのうち出てくるんでしょうね。
人魚族が「女」と「女二股」で7倍も値段が違うのがちょっと笑ってしまったのココロ。

トビウオにまたがって海中にいるルフィは3つもシャボンをかぶっているようで、頭だけじゃなくて身体もコーティングしてるわけか。でも手足は海水に触れてるんですけどいいのか?

ゾロがグローブ名を覚え間違えていたのがこう繋がるとは、これで全員「1番」に集合するわけですね。
ナミが大変男前です。そういえばスリラーバーグでも結構稼げていたんでしたっけ。
でも、そんなナミの頑張りを後から駆けつけたルフィ達が無茶苦茶にしそうな気もします(^^;

ルフィサイドはコーティングじいさんも含めて皆がオークション会場に集結しつつありますが、一方で海軍本部はエースの処刑を決定とな。確かにこれでは白ひげが黙ってはいないでしょうねえ。
ルフィ達の行動も結局はエースの件に何らかの形で関わることになるのでしょうか。

■BLEACH
冒頭の様子からすると、藍染は享楽にも胡散臭いと思われていたのでしょうか。
享楽が見た藍染は幻というわけか。
で、本物の藍染は後の仮面の軍勢の皆さんの前に登場。
ここで平子達が藍染の正体を知ったと言うことは、「仮面の軍勢の皆はこの場で全滅(虚化)で、その後尸魂界に何の報告をすることも出来ずに追放される」ルートが確定したと言うことですね。合掌。

東仙の頭が愉快だ。

■ダブルアーツ
旅立ち。10話でキリのいいところまで来ましたね。(単行本1巻分?)
掲載位置も悪くない状態で10話を迎えられて良かったです。

「立ったまま寝てましたよ」
「昼間の奴にボコスカ殴られて体中痛いし」
夜に誰かさんに殴られて寝不足だったのも効いていたかと思いました。
2晩目にもやっぱりアザをつけられてもエルーに何も言わないキリは紳士力が高いなあ。

スイも合流しましたが、今後宿とかは全員雑魚寝状態になるんでしょうか?
普通なら男女別でしょうが、そもそもキリとエルーは別部屋では寝られないですしねえ。
とりあえず、キリの家では“風呂問題”や“便所問題”はクリア出来ましたが、宿で共同風呂だったり男女別公衆便所だったりすると困ることになると思います。期待。(何にだ)

両親に「二股はダメよ」と言われ(書かれ)ちゃいましたが、今後合流するファルゼン部隊も女の子達のはずですし、思いっきりハーレム的な状態になっていくのではなかろうか。
まあ、キリにはあまりラブコメ気質は無さそうなんですけど。
ちゃんと冷やかされたら頬くらい染めようよキリ。
隣町の“ファラル・デンゼル”は男のようですが、シスター・マーサの知り合いなら結構年長者でしょうか?(まだ分かりませんが)

■魔人探偵脳噛ネウロ
ここまできっぱり組織票を表明されると清々しい。

貫かれた吾代さん、
「実は脇の間でしたー!」とか「幻覚でしたー!」とかではなく本当に貫通されていました。
それでも結構元気なのがさすが。これなら死にそうもないか。
銃で樹を倒して橋に、というのはなかなか強引だなあ。

■銀魂
結構ハードなバトル展開になりそうでしょうか。
神威の身代わりに天井に突き刺さった人が可哀想だなあ。

■ぬらりひょんの孫
男子ののぞきを疑って、島くんの名前は出ても清継くんの名前は出されていないあたり、清継くんの人望を感じました。

ドジッ娘だったり凛々しかったりピンチだったりとつららが大活躍ですが(ヒロイン的に)、この作品では治癒的な能力とかあるんでしょうか。結構な怪我のようだけど。(うしとらでは河童の薬とか出ましたけど)
牛鬼は本気でリクオと側近を殺すつもりなんですかね?
リクオを見極めようとしてるのかとも思ったけど、先週号を見ても「一人ずつ片づける」とか(部下が)言ってるしなあ。

■アイシールド21
鷹の能力は空中浮遊…って、超能力物じゃないって;
片足が地面に落ちる前にもう片足を上げてるんでしょうか?(バカナ)

ヒル魔は、怪我の回復はともかく練習が全然出来ていないはずだけど、その辺りは大丈夫なんですかね?

■PSYREN-サイレン-
大天使の息吹ー!!!
回復魔法が出てしまうと正直緊迫感が無くなって良くない気がします。せめて何か制限が欲しいなあ。
「気が向かないと抱きたくない」という朧の性格はある意味で制限ですが(笑)
とりあえず自分勝手な朧の性格は面白かったです。
アゲハは朧に(異様に)気に入られているのに、ヒリューは「飽きた」とか言われていて哀れです。さすがヒリュー。

思わず朧相手に鎖鎌を握りしめてる雨宮さんが素敵でした。
雨宮さんと関節キスをし損ねたアゲハはご愁傷様でしたが、まあ、朧に抱き締めてもらったからいいんじゃない?(笑)

無事に心を取り戻したタツオくんですが、元の世界に戻れるんですかね?
身体には変な玉がついちゃってるし、帰るためにはテレホンカードも必要だろうし。(まだ持ってるのか?)

久々にヒリューと再開出来たタツオだが、ヒリューは知らない男に抱き締められていた…! というラストに見えてラストのタツオの表情が恐いぜ。

・追記
そういえば朧さんは自分の怪我を治せるのだろうか。
喜んで自分で自分を抱きしめそうだ(笑)

■SKET DANCE
スイッチ刺される?
先週号では「兄の方が実はスイッチか?」と思ったけど、25号を見返すと「スイッチ14歳」と書かれていたのでやはり中学生の弟の方がスイッチなのかと思っていたのですが、やっぱり兄の方がスイッチなのか?
それとも胸を刺されたけど助かったと言うことなのか?(あれだけ深く刺されてたら死にそうだけど;)
さすがに手品用ナイフとかでは無かろうし。

しかし今回の終盤は怖かった。サスペンスというよりホラーだ。

■ピューと吹く!ジャガー
ハンサムーン!
大変笑いましたが、作中で要所全て突っ込まれていて書くことがないですよ。

|

« 週刊少年サンデー26号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー27号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/21349962

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ27号感想:

« 週刊少年サンデー26号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー27号感想 »