« 雷句先生の小学館提訴の件 | トップページ | 週刊少年サンデー28号感想 »

2008年6月 9日 (月)

週刊少年ジャンプ28号感想

■BLEACH
これも計算のうちか藍染!
疑われている事も全て計画通りとは、藍染恐ろしい子!
平子が藍染に心を開かず距離を取ったからこそ偽藍染に気付かなかったと言いますが、雛森みたいに藍染を崇拝してベッタリ引っ付いていてもいいように利用されるという、どうすりゃいいのよって感じですね。

で、この場に辿り着いた浦原ですが、
ここで浦原まで藍染の正体を知ったと言うことは、浦原とテッサイも「虚化」の材料にはされないまでも、もう尸魂界には戻れなくなるという事なのでしょうか。
浦原も(おそらく夜一も)藍染の正体を知りながら100年くらい尸魂界に藍染の正体を伝えなかったってことですからねえ。
虚化してしまった平子達は、とりあえず浦原のおかげで虚化を制御出来るようになるのでしょうか。

しかしまあ、ひねくれた平子をして藍染には弄ばれるだけだったとすると、単純馬鹿な一護では藍染の相手に何も出来ないでしょうねえ。

■ONE PIECE
いきなり5億とは、そりゃ無理だ;;
天竜人によってケイミーは買い取られハチは撃たれと、ルフィが暴れ出すには格好の舞台という感じでしたが、
正直ルフィなら海軍大将が出てこようが気にしないでしょうけど、問題はケイミーの首輪ですねえ。
その辺りの処理は“若い娘さんが大好き”なシルバーズ・レイリーのじいさんの動きに期待するしかないか?

■ダブルアーツ
ガゼルに襲われる危険がありながら街ではシスター服を着ていた理由など色々納得。
しかし、髪の毛からも感染とは凄いですな。それでいて布を介せば大丈夫というのが、感染力が強いのか弱いのか何とも不思議な感じです。

街の中でこそ狙われる危険が高くなりそうなのに、スイに護衛を期待するのは難儀そうだ(^^;
スイにファランに、今後合流予定の護衛のシスターといい武闘派なパーティーになりそうだなあ。(主に主人公コンビ以外)

エルーもナギン(武の民)だったのね。
以前、武の民が最も多い種族と言っていて、人類中にそんなにサイヤ人が多いのか?、と思いましたが、
武の民だからといって強いとは限らないわけか。まあ、ゼントラーディ人でも歌手を目指す人もいるしね(違)
種族と言ってもあまり意味は無いのかも。

■アイシールド21
“圧倒的”というより凄く“嫌み臭”を感じるなあ帝黒。
とりあえず次は花梨の人格の変わりっぷりに期待です(変わらないって)

■どがしかでん!
タイトル間違いやすいですね。前回の感想で最初「どでしかでん!」と書いてしまって更新後に気付いて直したのは秘密です。

前回の「愛を育む」発言はそっちか。まあ前回のアレだけで惚れるのもおかしいので納得でした。
しかし、執事も大変だなと読んでいると思う。

■PSYREN-サイレン-
タツオは人間の形のままでしたが、核を埋め込まれた人は異形化するそうで、これまで出て来たバケモノも(全部かどうかは分かりませんが)元は人間だったりするんですかね。少なくとも核が身体にある奴はそうなのだろうか。
タツオはまたいつか再登場出来るんでしょうか。出てくるにしても、結構先の事になるかもなあ。

■銀魂
喧嘩を止めるために1人の命を腕1本。うーむ凄絶だ。
こんな連中に喧嘩を売るのは本当に自殺行為だと思いますが、銀さん達レギュラー3人はともかく、月詠さんの命が心配です。

■ぬらりひょんの孫
リクオがどうやら意識を保ったままで覚醒したようで、面白くなりそうです。

どうでもいいですが、階段みたいな不安定な場所で自分と同じくらいの体格の女の子を預けられるカナちゃんは大変だと思った。背負うならまだしも抱きかかえるのはかなり大変だと思いました(笑)

■バリハケン
面白いのですが、
秋葉原の事件と被ってしまったのがタイミングが悪いですね…。
なんて事件だ…。

■魔人探偵脳噛ネウロ
ネウロの助言により吾代逆転。腹に穴の開いた状態でよくあれだけ動けるものです(^^;
チー坊は自分で毒を用意しておきながらその毒への耐性は無いんですかね。
「フグが自分の毒で死ぬか?」という先人(笑)の言葉を思い出しましたドラ

弥子はさすがに正面切ってのバトル展開では活躍は無理かー。

■SKET DANCE
あー、きついなあ…
“正文”が死んだのは“和義”のせいなんかではないけどあ、あれで自分の発言を悔やむなというのは無理ですね。

兄の方が現在のスイッチなのではとは疑いはしましたが、過去編が始まった時の弟を写しての「スイッチ14歳」があったので、それは違うかと思ってしまっていました。
考えてみれば「スイッチの名を受け継いだ」のなら「スイッチ14歳」の言葉も嘘にはならなかったわけだ。なるほど。

■ピューと吹く!ジャガー
考えろ!マキガイバー!(違)
予想外のオチにワクワクしました。

|

« 雷句先生の小学館提訴の件 | トップページ | 週刊少年サンデー28号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/21516258

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ28号感想:

« 雷句先生の小学館提訴の件 | トップページ | 週刊少年サンデー28号感想 »