« 週刊少年サンデー30号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー31号感想 »

2008年6月30日 (月)

週刊少年ジャンプ31号感想

■ONE PIECE
タイトルの“クマ”って、
そっちの“くま”かーーーー!!!???
中盤で活躍してるクマのこととしか思わなかったですよ。ナイスミスリード&ダブルミーニング!
くまはさておき、クマの方は可愛いですね。「キャプテン戻るの!?」といった口調の子供っぽさも可愛い。

キッドさん、「“新世界”で会おうぜ」のセリフがなかなか格好良く、その言葉通りにこの先も(悪漢ながらも)いいライバルキャラになっていくのかと思いきや、
いきなり“くま”の噛ませにされちゃいそうですね;
磁力の能力なら金属ボディのくまの相手は有利という可能性もありますが。
ローの方は新しい部下までゲットしちゃって、本当に後々も活躍がありそうな感じですが。(ネット上でも指摘されてますが、マークがドフラミンゴ似という意味ありげな伏線もありますし)

キッドとローの能力について、
キッドの方は反発だけじゃなくて引き寄せも出来るようで、『磁石』の能力と考えて間違いなさそうです。扱える対象も金属限定っぽいですし。
今回金属で巨大な腕を作ったのは、ルフィの“巨人族の腕”を見て対抗心が湧いちゃったんですかね。もしそうなら、かわいいじゃないかキッドさん。
ローの方はやはり“円”の中の物を自在に入れ替える能力のようで、
『ここにしずかちゃんがいたら、みんながしずかちゃんのパーツを欲しがっちゃうよ!』と思いました。

黄猿の前軍として来る“アレ”とは“くま”のことだったんですね。(たぶん)
しかし“アレ”呼ばわりとは、物扱いなんですか?
改造人間(パシフィスタ)だから物呼ばわりなのか、七武海で海賊扱いだから海軍からアレ呼ばわりされてるのか、どっちなんだろ。

■銀魂
うーむシリアスだ。
次回は神楽がスーパー夜兎に覚醒しちゃって新八のことかなのか!?

■ぬらりひょんの孫
牛鬼さん、「顔は牛 体は土蜘蛛」の姿にはならないのかと思っていたら、こういう経緯でしたか。
こういう過去を見せられると牛鬼の覚悟の重さも感じられます。次回のリクオの言動は注目です。

■BLEACH
現在に戻りましたね。
総隊長のじーさまはいきなりマップ兵器攻撃でノリノリですが、死に神側は藍染の催眠対策は何か考えてるんですかね。
何も対策が出来てないなら、半年くらい延々戦って藍染以外の全員を倒したとしても『はい残念、全て幻覚でしたーーー!!!』
がありそうでとても恐いです。

で、次回は休みですか。間を開けるなら先週と今週の間で休みの方が良かったなあ。

■アイシールド21
新必殺技「聖なる十字架」、クリスマスらしいかと思いました。
どうすごい技なのかはまだよく分からないですが。
(単に誰がボールを持ってるか分からなくするならキラーホーネットの方が凄くないか?、と思ってしまったり)
(キラーホーネットは走り役に人数が割かれちゃうんですかね)

■ダブルアーツ
やはりと言うか、スイも全然ファランには敵わないのね。
泣いてるスイは恐可愛かったです。
これだけファランが強いなら、この先ずっと同行という風にはならないかも知れません。街にいる間に師匠としてキリを鍛えてくれたりとか、するんですかねえ?

「初めて名前で呼ぶ」イベントは待っていましたという感じです。うむ。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
最初は楽屋ネタ臭が強すぎとも思いましたが、“キャラを一文字で表現”ってのは他の漫画のキャラや作品イメージで考えても面白いかも知れません。
ネウロの弥子なら「食」でしょうし、
ToLOVEるという作品を表現するなら「乳」とか、ちびっ子が一生懸命ハガキに書くかも知れません。
スケットのボッスンなら「薄」か。

こち亀でのキュラの一文字は大体納得でした。
マリアは確かに、本編のコマを見る前に「男」だろうと思いましたよ。

■PSYREN-サイレン-
ライズは結構あっさり習得しちゃいましたね。夜科とヒリューはともかく、朧は“天才”すぎる気もしますが(^^;
雨宮さんと付き合う男はメガネやコンタクトは付けられないなと思いました。雨宮に顔面をキメられてる夜科の幸せそうなことよ。

■SKET DANCE
最初のチョコの寸劇のおかげでシャーペン入れ替えはすぐに読めましたが、オチはせつなかったですよ。あと城ヶ崎の失恋もせつなかったです(笑)
INジャンプは男性キャラの適当さと女性陣の差が興味深いですな。

■魔人探偵脳噛ネウロ
さすがスピード社(笑)
弥子を鍛える話なのかと思ったらまさかこの展開でも変態が出るとは。
何かの「犯人」なのかは分かりませんが、もし犯罪者だったらネウロにとっては謎も食えて一石二鳥ですな。ネウロが謎の気配を感じた描写はなかったけど、犯罪者展開もただのギャグで済む展開もどちらもありそうだ。

■サムライうさぎ
表紙が可愛かったです。
嫁姑関係は良好そうではありますが志乃はモヤモヤしてるそうで、
少年漫画的にはおかーさんに弟子入りして修行すればいいんじゃないでしょうか。

■ピューと吹く!ジャガー
INジャンプと合わせて読むと、
羊七は死してなおタマ達の側にいたと言うことなのか!?
感動巨編だ!

|

« 週刊少年サンデー30号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー31号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/21980676

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ31号感想:

« 週刊少年サンデー30号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー31号感想 »