« 週刊少年サンデー27号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ28号感想 »

2008年6月 7日 (土)

雷句先生の小学館提訴の件

次のサンデー感想の時に書こうかとも思いましたが、かなり大事になっているので触れておきます。
既にネット上で広がりまくっているので今更と言う気もしますが。

「金色のガッシュ」の雷句先生が原稿を紛失されたとして小学館を訴えた件(毎日jp)
雷句先生のブログで書かれた話について(雷句誠の今日このごろ。)

現時点では雷句先生側からだけの言い分なので、編集者による漫画家の扱いの真実は判断出来ませんが、
事実である『原稿紛失に対しての小学館の対応』という点だけを見ても酷い話ですねえ。
(実際どうかは分かりませんが、原稿紛失の際の通例は原稿料の10倍が相場という話もありますね)
(久米田先生の件とかその他思うところもありますが、まあ、今回は冷静に書きたいので置いておこう)

ブログでは雷句先生自身かなり感情的になってしまっていますが、請求金額の少なさから見ても『金額の問題ではなく本気で怒っていること』『漫画家の待遇を世間に問題定義として発信したい』という思いは伝わります。
とりあえず、読者は「好きな漫画や漫画家」の為に本を買うのであって編集者の為に本を買うのでは無いのですから、編集部が漫画家を軽んじるべきでは無いなどというのは当たり前のことだと、一読者の目からは思います。

今後どうなるかは見守りたいと思いますが、サンデー編集部が(全てではないにしても)実際にこのような状況にあるのなら、この件によって膿を取り除く方向に向かってくれればと、長年サンデーを読んでいる身としては願いたいものです。
雷句先生も別の場所でちゃんと漫画家として再び再起して欲しいものですが、
ガッシュの単行本の最終巻がちゃんと出るのか、ちょっと不安ではあります;

とりあえずうちとしては、好きな漫画家さんについては応援したいのでサンデー感想は続けると思います。

しかし、こんな状況だったとして、よくガッシュを最後まで描き上げられたものだなあ。

この件に関して、橋口たかし氏が編集部を擁護するブログを立ち上げられていますが、(実際に本人が書かれているかどうかは分かりませんが)こちらも感情的な文章ではありますが興味深くありました。
しかし、原稿紛失を『この程度のことで裁判を起こすな』と書くのは漫画家としてはどうなのだろうと思います。あくまで本人だとしたらですが。
【追記:ブログ消えてますね。】
【更に追記:別URLで戻ってますね。元記事は消えてますが】
【更に更に追記:また消えてますね。】

■一応こっちも追加。
WILD LIFEの藤崎聖人氏の告白受賞時のコメントの件
WILD LIFEは正直評価していなかったのですが、御本人も苦しんでいたのだなあ…。

■こちらも追加させていただきます。
新條まゆ氏のブログ
小学館を出られた漫画家として冷静に書かれています。
出来るなら漫画家さんにとって良い方向に進んでくれれば良いのですが。

■更に追加。
雷句誠が小学館を提訴まとめ

|

« 週刊少年サンデー27号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ28号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/21479911

この記事へのトラックバック一覧です: 雷句先生の小学館提訴の件:

« 週刊少年サンデー27号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ28号感想 »