« 週刊少年ジャンプ35号と今月のスティール・ボール・ラン感想 | トップページ | 今週のマクロスF »

2008年7月30日 (水)

週刊少年サンデー35号感想

■史上最強の弟子ケンイチ
ボリスの裏切り(共闘)フラグ成立の為には、ボリスの元にどう先生を運ぶかが展開的に大事な部分だと思っていましたが、
すごく強引な運び方してきたーー!!(笑)
崖から落とすとは凄いショートカットです。
そして崖の上から落ちたのに大してダメージを負っていなそうな先生が何気に凄いですよ。

師匠対決の方は1ページでしたが、仏像や彫刻で溢れかえっているのが素晴らしい(笑)

■結界師
だからー、良守は氷浦をどういう理由で怪しんでいるかを時音に説明しなければ分かってもらえるわけが無いじゃないですか。

■ハヤテのごとく!
もう少し冷静に話し合えればこうまでこじれなかっただろうに… なんてことは無責任な第三者で大人だから言えることですわな。
自分でも冷静さを欠いた自分の失敗を十分に理解しているアテネが痛々しい…。

これが今生の別れになってしまいそうな雰囲気ですが、結局あの場所が何なのか、あの髑髏は何なのかといった事は分からないままですね。
次回で明かされるのだろうか…とも思いつつ、もしこれが本当にハヤテにとって今生の別れのままであれば、ハヤテにも(現在でも)謎は謎のままなのかも知れません。
でもって、その“謎”が三千院の爺さんのペンダントとかにも関わってくるとか?

■お坊サンバ!!
透明なフキダシの意味が気になるぜ;

■クロスゲーム
とりあえずレギュラーキャラ以外では、2年の三谷君の顔は覚えました。

■絶対可憐チルドレン
どっかで見た帽子だ(笑)

で、タイトルはスクール・デイズですか!?
誰かが殺したり殺されたりするのか!?
Nice boat.!?
やっぱり一番死亡確率が高いのは東野なのか!?

そういえば以前に葵と紫穂に告白した少年達は同じ中学にはいないんですかね。あれっきり再登場の無いまま忘れられるんですかねえ(^^;(アニメで出番がありそうだけど)

薫の運動神経のよさはやっぱり超能力は関係ないのですね。前にも東野と渡り合ったりしていましたし。
普段超能力で飛んだりしているのに衰えたりしないのだなあ。
超能力以外の面で頑張り所を見つけるのも青春っぽいですが、ラストの皆本の言葉からしてもあまり前途が明るいとは思えませんが、さて。

■金剛番長
砲弾やミサイルを物ともしない2大怪獣大決戦。既に人間のレベルの戦いじゃねえ(笑)
以前金剛が卑怯の策でダンプに撥ねられて(すぐ回復したとはいえ)ダメージを負ったのが遠い昔のことのようです。
爆熱はこれまで金剛が戦ってきた相手の中でも確かに最強かも知れません。(まあ、これまでの番長の中でも剛力ならミサイルに耐えられそうですが)

あの自衛隊の演習もカブキが仕組んだのだろうかと一瞬思いましたが、違うか。

■トラウマイスタ
スジャータさんのダメダメっぷりが可愛いですが、リアルにそばにいられると本当に大変そうだ。
ゲルニカが鬼やオバケを怖がってるのは、本体のピカソのかつてのトラウマをゲルニカが引き継いでいるのか?、とも思いましたが、関係なしにただチキンなだけなんですかね。

■アーティストアクロ
主人公ロリコン確定。やはり単なる子供好きでは無かったか。
最初は「典型的な少年漫画的主人公」かと思ったけど間違いでした(^^;0

■お茶にごす
やっぱり助けた女に怒られるんでしょうか。まークンかわいそー。

■神のみぞ知るセカイ
屋根に穴を空けたり埋めたりと、ちゃんとエルシィが役に立っていて見直しました。屋根の強度には不安を感じたりしますが。鉄筋無いし(笑)

しかし桂馬は明らかに駄目人間なのに妙に格好いいなあ。と言うか、あのキスの早さといい随分手慣れてきたものです。
次回のイタ回が妙に楽しみです。

■月光条例
結局エンゲキブは月光が好きなんじゃないかと微笑ましかったです。エンゲキブと(次々と)付き合う連中は可哀想ですが。

じゅうたんは妙に味のあるキャラですがレギュラー化したりするんでしょうか?、さすがに役に立つのはシンデレラ限定か?
と言うか、シンデレラでじゅうたんって関連ありましたっけ?、「表立っては出てない」と言いますが裏話的(或いは物語の原点)では関係があるのだろうかと軽く検索してみましたが、分かりませんでした。

ところでルシールにはまたちょくちょく出て来て欲しいです。

■ダレン・シャン
結局この世界は全部Mr.タイニーが用意した世界ってことなんですかね。
とことん迷惑な人だなあ。

■呪法解禁!! ハイド&クローサー
やはり神父の人は敵では無かった様子。
で、「地上げ屋」の方が最後の刺客のようですが、この最後の刺客を倒しちゃったらどうするんですかね。ラスボスは「窓際の男」なんでしょうけどすぐにそこに行くかどうか。
…掲載位置が後ろ気味なのでどこまで描けるかちょっと心配になったりします。(サンデーでは必ずしも掲載位置後半=不人気かどうか分かりませんが)

■イフリート ~断罪の炎人~
人の運命を操る力だのイフリートの力だのよりも、性別を何度も変えてきたという点に「すげー」と思いました。変身能力があるとか、どこかの泉でおぼれた呪いだとかのファンタジーな力ではなく、手術で性別変更を何度も繰り返してきたってのはちょっと凄いですよ。ジッパーでもつけて脱着式にしてるのだろうか? スティッキィ・フィンガーズ!!

赤銅さんに出番があって良かったです。

■魔王
「傾いた橋を鉄柱が」のあたりは少々無理がありますが盛り上がりました。
まさか「相手に言いたいことをしゃべらせる」だけの能力でここまでバトルが成立するとは当初は思わなかったですよ。
マスターとの戦いはケリが付いた感じですが本番はこれからのはず。そろそろクライマックスっぽいですが、どんな決着を見せてくれるか注目です。

|

« 週刊少年ジャンプ35号と今月のスティール・ボール・ラン感想 | トップページ | 今週のマクロスF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/22663269

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー35号感想:

« 週刊少年ジャンプ35号と今月のスティール・ボール・ラン感想 | トップページ | 今週のマクロスF »