« 週刊少年ジャンプ37・38号感想 | トップページ | 赤マルジャンプ2008SUMMER感想 »

2008年8月12日 (火)

ダークナイト(映画)

(クリストファー・ノーラン監督)

2005年の「バットマンビギンズ」の続編ですが、最初にタイトルを聞いた時にはバットマンシリーズとは思わなかったです。
映画を見て(バットマンのタイトルを付けずに)このタイトルになった理由に何となく納得。
(ビギンズ時点で既に現れていましたが)これは決してヒーロー物では無いのですね。
ひたすらシビアに、善悪の境界もバットマンの存在意義自体も揺さぶられる大人のドラマでした。
はっきり言って、無茶苦茶面白かったです。

「バットマン」のタイトルを冠して、小さいお子さんが見に来てしまっても、ちょっと辛そうな気がしました。
そしてタイトルについては、最初はてっきり「」かと思っていたので最後にその意味が分かって更に納得。

昨今はアメコミ原作映画もヒーローの苦悩を扱ったものは多いですが(例えばスパイダーマンシリーズ)、しかし、それらはあくまでもヒーロー物として、エンターテインメント作品として着地する作品が殆どだと思うのですが、本作は従来のヒーロー物の枠を超えてしまった作品でした。
ボスキャラを倒したわ(捕まえたら)、大概のヒーロー映画はそれで決着なのですが、
本作は「そこから」が長かった。もとい、「そこからこそが本番」でした。
バットマンも含めて主要人物ばかりか一般大衆までもが状況の中で揺さぶられて、善にも悪にも触れてしまう多くの“人々”の行動の現れ方がズシリと重かったです。
傑作でした。

本作が遺作となったジョーカー役のヒース・レジャーの演技は凄かったです。
また、モーガン・フリーマンが重傷とのことで、お早い回復を願います。

ところで、バットモービルの隠し機能が超燃えます。まさかコアファイター付きだとは!(違)

公式サイト

|

« 週刊少年ジャンプ37・38号感想 | トップページ | 赤マルジャンプ2008SUMMER感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/22930409

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト(映画):

» バットマン [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
10代の時に犯罪者に両親を殺されたブルース・ウェインは、素性を隠し、相棒ロビンとともにゴッサムシティの平和を守るためにバットマンとして犯罪者と闘う。 [続きを読む]

受信: 2008年8月12日 (火) 09時09分

» 映画を観るなら ダークナイト [映画を観るなら]
ーロー映画の中では、現時点で最高の映画。最初は、単にリアルにして暗く地味な展開になるだけなんじゃないかと勘ぐってたけど、こんなにボリュームがあって、息つく暇もない展開だとは思わなかった。詰め込み度はスパイダーマン3と同レベルだけど1シーンごとのクオリ.. ... [続きを読む]

受信: 2010年12月20日 (月) 23時40分

« 週刊少年ジャンプ37・38号感想 | トップページ | 赤マルジャンプ2008SUMMER感想 »