« 週刊少年サンデー41号感想 | トップページ | 崖の上のポニョ(映画) »

2008年9月13日 (土)

週刊少年ジャンプ42号感想

■ONE PIECE
今週は他のルーキーやエースの描写に移って、麦わら一味の行く末が描かれるのは先になるかも知れないなあ… などと思いもしたのですがそんなことはなかったぜ。
早速ルフィの“飛ばされた後”が描かれるとは正直思っていませんでした。
くまの能力って、“ワープ”とかではなくて本当に文字通り“飛ばして”いたのね。今回の描写からは「三日三晩」かかっているのかどうかは不明ですが。(今回の描写では一昼夜くらいにも見えます)

着地の衝撃までカバーしてくれるとは親切な能力だなあ>ニキュニキュ
しかし、仲間を同じ場所に飛ばしてくれるほどには親切では無かった様子。くまは狙ってルフィをこの島に飛ばしたのか、適当に飛ばしただけなのかどっちなのやら。島の住人が「男を見たことが無い」と言うなら、くまと縁がある島という訳でも無さそうです。(確定ではないけど)

ビブルカードがあるとはいえ、この様子では仲間と合流するためにどれだけ期間がかかるやら全く予想が出来ません。ルフィがはぐれただけならともかく全員バラバラかも知れないしなあ。ルフィ以外の仲間は一ヶ所に飛ばされてるとか、或いは全員同じ「女ヶ島」のバラバラの場所に飛ばされてる可能性もあるかも知れないけど。
とりあえず、ゾロは飛ばされてる間に大丈夫だろーかと心配です。

出来ればあまり長引かずに「三日後」までに合流してくれれば嬉しいんですが、一体どうなるのやら;

この島ではルフィのパワーアップイベントがあるかも知れない?

■BLEACH
えーと、1本でも柱を壊されたら駄目なのか、全部壊されなければ大丈夫なのかどっちでしたっけ?;
ともあれ最後の展開は(戦い自体にあまり面白みを感じられなかったこともあって)意外性と緊張感があって良かったです。個人的には4人のうちで一角が1番「負けなさそう」と思えていたのもちょっと意表をつかれて良かったかと。

■バクマン。
デスノの月は話が進む毎に目付きが悪くなっていきましたが、サイコーも話が進むにつれて目付きが悪くなっていきそうだ。(寝不足で)

ガリ勉しろとは思わないですが、漫画家にも最低限の勉強知識は必要だと思いました。まあ、独自のゆで理論的なことを生み出して描くのも有りでしょうけど。
とまあ、少々問題は感じるものの頑張っているサイコーに対して、シュージンの方はパッとしないですねえ。そろそろ天才らしさを見せて欲しいところです。

■銀魂
エピローグでちょっとだけ出て来て存在感を残していく星海坊主が美味しい。
晴太にはモザイクに囲まれてノビノビと育って欲しいものです。

■トリコ
今回は密かにどのタイミングで「得体の知れない何か」が出てくるかとドキドキしながら読みました。ちゃんとフグ鯨を食べられた後で出て来てくれて良かったですよ。
そして今回は、小松が料理人として活躍してくれて素直に嬉しかったです。しかもココに代わっての大事な役目というのがいいですね。この調子で今後も料理人らしさを見せて欲しいところ。

で、「得たいの知れない何か」は人間では無さそうですが、道具(網)を使ったりして知能はありそうな様子?
それでフグ鯨を大量に捕っているところがまた凄そうではあります。
大きさは、先週ラストではかなり大きそうにも一見見えましたが普通の人間サイズくらいか?(フグ鯨と比べて)
先週のは単に手前から奥にパースがかかっていただけでしょうね。

■アイシールド21
単なるフェイントではなくて完全に一旦バックすると言うわけですか。

ここにきてあまり見せ場の無かったムサシの出番を見せてくれるのは良かったかと。いっそ「伝説の60ヤードマグナム」を実現してくれたらと思いましたがそれには触れないですか。と言うか、キックする場所からゴールラインまでの距離っていくらなんだろ。

■SKET DANCE
ヒメコ過去編。
スイッチの時のように人死にまでは早々出ないと思いますが、今度も重めの事になりそうだなあ。
ヒメコの髪が黒いのが新鮮でした。

■D.Gray-man
こういう普通に事件っぽい展開というのも久しぶりかと。上手くまとめてくれれば面白くなりそうですが。

■ぬらりひょんの孫
清十字団の女子2人がピックアップ。単に軽い子のようなイメージでしたがおばあちゃん思いのいい子達じゃないですか。しかし、目立つ=事件に巻き込まれるというのはこの手の漫画のお約束ではあります。あまり酷い目にあわなければいいですが(早速袖をとられてますが)(次回はノースリーブ化か?)
ゆらちゃんの特訓が役に立てばいいんですけどねえ。

リクオが頼もしくなったのは良いですな。

四国妖怪達の腹ごしらえ風景が素敵だ(笑)

■魔人探偵脳噛ネウロ
今回はポ…、いや海のぬしとの対決かと思ったら、人間関係の掘り下げの回だったようで。
本城博士とは刹那の話をして欲しかったので今回見られて良かったです。しかし「犯人はわかっとる」とは誰のことを言っているのでしょう。普通に“シックス”なのかと思っていましたけど、博士の言葉はより具体的に犯人のことを分かっているようにも?

釣りの方は、本城式潜水パワードスーツの材料がダンボールではないのか気になりました。

■PSYREN-サイレン-
最近おとなしかったですが、雨宮さんがひさびさに「イカレ女」っぷりを発揮してくれそうで楽しみです。すごく。えげつなそうな笑みのアップがいいね!

朧はダメージを負ったヒリューをしっかりフォロー、自分の役目をきっちりやっていてちょっと意外。もっと好き勝手やるかと思ってましたよ。
その上自分自身で戦うつもりのようで、戦闘用の能力もきっちり磨いてたんですかねえ。なんて完璧キャラだ;

先週もそれらしい描写がありましたが、カブトは探知系の能力に目覚めてるようですね。

■ピューと吹く!ジャガー
説明すげー!
ルールを覚える気にはなれんのですが(^^;

|

« 週刊少年サンデー41号感想 | トップページ | 崖の上のポニョ(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/23703788

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ42号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.42】ジェニュイン追悼 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ42号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 23時10分

« 週刊少年サンデー41号感想 | トップページ | 崖の上のポニョ(映画) »