« 地球が静止する日(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ6・7号感想 »

2008年12月24日 (水)

週刊少年サンデー4・5号感想

■結界師
正守はやはり今生の別れも有り得ると思って帰ってきたんですかね。本当に死ぬかどうかは分かりませんが。
六郎拉致については、扇一族が接触してくる可能性をもっと想定しておくべきだったかと。
何かしらの対策は取っているのかも知れませんが。

■史上最強の弟子ケンイチ
普通ならジェームズ志場の方がヒゲを剃られることになるでしょうが、岬越寺師匠のこざっぱりした姿も見てみたいものです。
ところで引き分けだったらどうするんだろ。互いにちょっとずつ剃るのか?

■ハヤテのごとく!
てっきり両親込みで金に困ってるのかと思ってました。

■お坊サンバ!!
この漫画の略称(愛称)って“お坊”だったのか。知らなかった。
あのメリケンサックをちゃんと使ってくれて良かったです。チーターが可愛い。

■アラタカンガタリ~革物語~
やっぱり喰われてみるのが一番の解決の近道になりそうですねえ。

■神のみぞ知るセカイ
これまであまり意識してなかったけど、桂馬の頭のアレも“アホ毛”と言うのだろうか。
将来が心配されてる桂馬ですが、買ってる米は“普通”なので。まだ大丈夫じゃないでしょうか?

■絶対可憐チルドレン
オチのグダグダ具合がなんだか懐かしい感じ。
パティが四コマだけでなく本編でも掛け算好き(笑)なのが微笑ましいと言うか困ったものです。
葉が四コマだけでなく本編で能力を披露できる日が来るのか気になりますが、パンドラも本格的に日本で活動を再開するようなので出番も近いかも知れません。

■ダレン・シャン
決着。
スティーブとの決闘は見応えがありました。
そして、『この世が滅びる』という予言は結局タイニーが能動的に滅ぼさせると言うことなんでしょうか?
だとすれば最後はダレン対タイニーの戦いになるのか?

最後の最後で『I'm your father.』だとは。今後はタイニー・べーダーの少年時代エピソード1が描かれたりするのか?(有り得ません)
きっちり覚えてませんが、ダレンって普通に両親いなかったでしたっけ?

■金剛番長
学校でも簡単に破壊出来る金剛にとっては大学講堂のボディくらいは問題にならないだろうなあ。
月美を守ってほぼ大破状態のマシンですが、果たして壊れて(死んで)終わりなのでしょうか。
ここまでボロボロになっても修理してもらえれば復活は出来そうですが、そもそも制作者の博士が直してくれるとも思えないしなあ。次回で博士の改心が見られるかどうか次第か。
ただ、復活出来たとしてもここまで“強すぎるまま”で復活するかどうかはちょっと疑問かと。

■お茶にごす。
まークンの過去編。うーむ、予想外にハードですが、今のまークンのバックボーンとしては納得出来ました。
この父親がこの先再登場とかしなければいいですが。まあ、「これでお前と俺は他人だ」と言ってるからにはもう関わってはこないですかね。

■月光条例
ブレーメン強えーー。
しかし5人もいて『ブレーメンの音楽隊』の話が分かる人間が1人もいないというのも凄い話だ。
おとぎ話サイドの鉢かづきと一寸法師はともかく、人間側の3人に頭脳担当者がいないんだもんなあ(笑)
そう言う意味でトショイインこと工藤さんは大事なキャラクターかも知れません。この先レギュラーになってくれればいいですが。

■魔王
ここで『考えろ』のキーワードが出てくれたのは潤也が安藤の跡を継ぎつつあると思えて良かったです。
敵の攻撃を利用して反撃の糸口にする辺りもなかなか頼もしいです。このまま一気に話が進みそうですがどうなるか。

■トラウマイスタ
うーむ凄い。あらゆる意味で変態だ。
自分のアートマンに欲情するのは自家発電と言っていいのだろうか。全く変態だ。

|

« 地球が静止する日(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ6・7号感想 »

コメント

>絶対可憐チルドレン

ストーリー性のある本編は性に合わないんだが、このグダグダ感は大好きだなあ<「ジパング」は逆だったのに…

投稿: あんの | 2008年12月25日 (木) 01時10分

自分はストーリーが進む方が好きですが、あんのさんはグダグダ好きそうですなあ。

投稿: でんでん | 2008年12月26日 (金) 00時07分

神のみぞ知るセカイ
 健全かつ(あたりまえですが)ちょっといい話で、ちゃんとオチもついてよかったです。
 同じ家に帰るのに「送ってく」ってなんか変ですが。
チルドレン
 パティの妄想は本編でもとどまることを知らず・・・でも年末のビッグサイトではホントに
 この二人をネタにした同人誌とかありそうですねえ普通に。
ダレン・シャン
 ダレンがタイニーの息子!?てことはMr.トールやエバンナとも兄弟!?歳離れてますね。
金剛番長
 マシン番長も金剛戦の傷ついたボディでは通常兵器でも容易に破壊されてしまいましたか。
 金剛とのツープラトン攻撃見たかったんですけどねえ。鍵宮博士は改心してマシン修理に
 手を貸してくれるのでしょうか。
月光条例
 きっとトショイインは本が廃棄されるのに反対して図書室立てこもりを。
 エンゲキブと並んでレギュラーのヒロインになるのでしょうか!?
魔王
 潤也は島を助けるために、そしてピンチをチャンスに変えるために大芝居を打ったのですね。
 なかなかハッタリがきいててカッコいいじゃないですか。
トラウマイスタ
 味方どころかいろんな意味で最悪の敵だ!どうも重力や空間を操る力がありそうですね。
 懐になんか危ないのも飼ってそうだし・・・どうやってこのピンチを切り抜けるのかドキドキです。

投稿: | 2008年12月26日 (金) 04時18分

↑あ、名前入れ忘れてました!失礼!

投稿: Masanus | 2008年12月26日 (金) 04時19分

ききみみずきんの時の子は結局1話っきりでしたが、
今回はトショイインという呼び方からしてエンゲキブ同様にレギュラーになってくれそうかと期待します。

投稿: でんでん | 2008年12月26日 (金) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/26454285

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー4・5号感想:

« 地球が静止する日(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ6・7号感想 »