« 週刊少年ジャンプ12号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ13号感想 »

2009年2月18日 (水)

週刊少年サンデー12号感想

■絶対可憐チルドレン
葵のメガネは必要だと思います(・e・)ノ

割とギャグ的に始まって、その後もギャグ要素が強く進んできた話ですが、
チルドレン達は予言の事を知るわ、VSパンドラ戦もかなり本気で命のやり取りをしているわで、実は非常にシリアスな展開です。
不二子ちゃんに殴られた兵部が何百メートル~下手したらキロ単位でぶっ飛ばされている辺り、先週からまだドラゴンボールを引きずったような破壊力で恐るべし。

ところで、椎名先生の完成原稿速報によると「真木・紅葉・葉」で「ロ●ム・ポ●イドン・ロプ●ス」のイメージだったそうで。
真木ロデムは分かってたけど、紅葉ポ●イドンについては全然気付かなかったですよ(^^;
なるほど怪力の部分ですか。
と言うか、葉ロプ●スも言われるまで気付いてなかったんですけど(^^;

■結界師
冒頭のサラリーマンな人達が殺されてしまったのかと思うと切ない…(全員死んでるかどうかは分かりませんが)
黒幕のお館様は、なんだかそのまんま“自分で積み上げたおもちゃを自分で崩して遊ぶ子供”な感じですね。内面には当人なりの思慮があるのかも知れませんが。

良守の中二的想像力に吹きました。
ケーキ獣は予想しなかったですわ(^^;
頑張れ縞野さん(笑)

■ハヤテのごとく!
泉は当面あの顔のまま気付かずに外を出歩いたりして欲しい。

■史上最強の弟子ケンイチ
敵戦闘員のエンターテイナー精神に感動しました。
でも予告編で内容をバラしすぎると「予告の方が面白そうだった」とか言われちゃうぜ。

■MAJOR
結局隠しやがったーーー!
社会人として最悪だこの野郎。

リスクを1人で抱え込んで秘密にされると周りが大迷惑なんですよ。知らせておけばチームも対策がとれるというのに。
吾郎は自分的に現役サンデー主人公中で『一緒に働きたくない奴』二大巨頭の1人ですよ。(もう1人は★★)
(あと、コナン君もそばに来て欲しくない主人公ですが、これは性格の問題では無く、命の危機を感じる為です(・e・;))

MAJORを読んで育った子供がこんな奴を見習って大人になられると社会的に大変に迷惑なので、是非とも吾郎には大火傷して頂きたい。(この漫画だとあまり期待出来ないけど)
結果的に上手くいきゃいいってもんじゃないんですよ。

■やおよろっ!
美少女擬人化漫画というより、着実に変態漫画(<擬人化美少女に関わる人間が)の道を歩んでると思われます。特にお茶の話。
まあそれはそれで(・e・)

■神のみぞ知るセカイ
神様の計略が冴えまくり。
最後に数日休んだことまで「あえて会わない」事で自分を意識させる計画のうちか!
桂馬…、恐ろしい子!
そこまでするとは身体を張ってるなあ。まあそもそも自分の命がかかってるわけですが。

歩美とちひろの出番がおいしかったです。
ところでエルシィとの会話を担任の二階堂先生に聞かれていたのはこの先に繋がるんでしょうか?

■アラタカンガダリ~革物語~
てっきり2人とも仲間になるのかと思ったら1人だけでしたか。
まあ、1人の方がキャラは立てやすいと思います。

■はじめてのあく
オニデレでもこんな人がいたなあ(笑)
というか藤木屋によるとこわしや我聞の十曲才蔵の血族なのですか?
世界感繋がっていたのか!?(^^;
しかしキョーコに婚約者とは、こいつも悪とか正義の組織絡みだったりするんでしょうか?
キョーコ自身は普通の一般人かと思ってたけどそんなことはなかったか。

気が強い子が怖がりなところを見せるのは良いね。
あと馬も良いね。

■魔王
まさか後払いとは思わなかったですよ。融通効くなあ岩西。

万能っぽく思えた潤也の能力にも「当てられない」ケースがあるようで。回数制限もあるのか?
何らかのきちんとした法則性があるみたいですねえ。どういう内容かはさっぱり分かりませんが(^^;

どんな大きさでも紙を折りたためる回数は7回くらいが限度とかテレビでやってたよーな。

■お茶にごす
「元部長」が駄目なら「前部長」と呼べばいいと、とさかさん的に思いましたが、まさか現役の部長を「新部長」と呼ぶとはなんという逆転の発想(笑)

人の心がリアルで想像出来ないまークンがおかしいような切ないような。

ところで先週3~4コマほどいたような気がしたブルーは幻だったんですね。納得しました(おぃ)
ブルーへの勘違いを積み上げていく智花ですが、まあ、勘違いが元の恋愛というのも有りなのでいーんじゃないでしょうか。

■金剛番長
23区を使い切ったと思ったら更に別の勢力があった様子。
“区”の上なら“都”に関する勢力とか?
千葉やら埼玉やら神奈川の勢力って線は薄そうか。
或いは「番長」に対しての「裏番」とか「影の番長」とかかも知れない。

マシン番長にズタボロにされてた射撃番長もその後無事だったようで。今回またやられちゃってますけど;

番長同盟の中でいつのまにか念仏が一番の癒し系になってるなあ。

■月光条例
猫との関係はこれから次第でしょうけど、トショイインはなんとなく収まるべきポジションに収まった感じですね。
ところで自衛隊員達はどこに消えたのだろう。月光達に対する彼等人間の反応も見たかったんだけど。そもそも自衛隊員達の記憶は残ってるのか?

■アーティストアクロ
昨今のお姫様はやっぱり助けられるだけじゃなくて自力で頑張ってくれた方が燃えますな。
非常に気持ちいい展開でした。

■國崎出雲の事情
読切。
かぶき者と言うと花の慶次を思い出しましたが本作とは関係ありませんな(^^;
あまり女形を嫌がってやるなよとも思いましたが、嫌がりながらも決めるところをちゃんと決めてくれるのは良かったかと。

■トラウマイスタ
トラウマ世界の描写の怖さといい、勇気の剣を手に入れたピカソのちょっとヤバそうなくらいの笑顔といい、絵で魅せてくれる漫画だなあ。

■ギャンブルッ!
うーむ、マサルがどうやって当ててるのやらさっぱり分かりません。
サイコロが畳に当たる音が面によって違うのを聞き分けてる…なんてのはさすがに無いか?

沢尻が死亡フラグを積み上げてるようで不安です。

■呪法解禁!! ハイド&クローサー
ソク読みサンデー

ノロウェの能力はドルドルの実…もといロウ人形化でしょうか。厄い描写が上手いなあ。
トミコの髪に締められて悦んでしまうあたりがまた厄い。

|

« 週刊少年ジャンプ12号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ13号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/28192090

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー12号感想:

« 週刊少年ジャンプ12号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ13号感想 »