« 週刊少年サンデー12号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー13号感想 »

2009年2月23日 (月)

週刊少年ジャンプ13号感想

■べるぜバブ
新連載。ネット上でごたついてましたが無事連載出来て良かったかと。
1話に関しては大きくは読切版と変わらない…でしょうか?
(友人のキャラが読切でいたかどうかはっきり覚えてません)
とりあえずテンポ良く楽しめたのでこの調子で続いてくれれば面白くなりそうな気はします。

連載がうまく続けば…
…いぬまる君と並んで2人も“丸出しキャラ”がジャンプに載ることになるんだなあ(笑)

■ONE PIECE
ズッコケコント集団と化した4人が楽しい。このパーティーって収拾つける奴が1人もいないよ(笑)
どうLEVEL4に降りるかと思ったら先週の続きのままに落下とはスピーディーですな。

そしてLEVEL4ではやっぱりMr.1が登場。でもMr.1はあまり仲間になりそうなキャラではないかなあ。正確には仲間になっても楽しく無さそう。
というか、Mr.1とルフィって面識無かったような?(単行本は見返してません)
ところで他のルーキーはここにはいないんですかね。いるとしたらLEVEL5か?

サディちゃん配下の獄卒獣のつぶらな瞳が良い。先週のミノタウロスと同じ目なのね(ミノゼブラ除く)
ルフィ達はてっきりサディちゃん&獄卒獣やハンニャバル達との戦いをクリアしてから大ボスマゼランと対決するのかと思ったら、いきなりマゼランですか。
ほんとスピーディで良いなあ。まあマゼラン戦が一戦で終わるとは限りませんけど。

全身毒のマゼランは“身体に触れる”だけでもアウトになりそうなので、基本素手パンチのルフィの戦闘法では苦戦しそうです。先週のようにMr.3の協力を得てロウを介して殴るしかないか?

■魔人探偵脳噛ネウロ
イレブンの心を揺さぶる存在はやはりアイですか。
リンゴが削られていって“I”のアルファベットが浮かび上がる流れが美しいです。木彫りの熊が泣かせました。

弥子が「本当に」殺されているのだとしても弥子本人は満足していそうですが、さて。
イレブンがXiに戻ったのなら、シックスを憎みそうなわけで、ラストの“イレブンに貫かれた弥子”も含めてイレブンの変身ではないかとも考えられますが…、次週が待ち遠しいです。

こんなシリアス展開でも冒頭でギャグを入れずにいられない松井先生が好きです(笑)

■トリコ
怪鳥ルバンダVSトリコ。
体調が万全では無いとは言え頼りがいのあるところを見せるトリコと、トリコの戦術をも上回るルバンダとの戦いが緊張感があって見応えがありました。
そしてテリーは本当に有能だなあ。
GTロボがすぐに追いついて来そうなのも緊張感を感じさせてくれます。

ところでGTロボの設定が最初に出た時は、敵の姿がみな同じになるのはつまらないのでは無いかとおも思いましたが、ロボの中身が誰かなかなか見えないのは案外緊張感を高めるには案外いい効果かも知れないと思いました。
ラストのロボはスタージュンで間違い無いのだろうとは思いますが。

■銀魂
確かにクリフトに好きに呪文を使わせたら駄目だよねー。割とメインでは使ってましたがー。

■アイシールド21
冒頭、こんな展開で「アイシールド 完!」になったらさすがにどうだろうと思いました。
その後、峨王まで落ちかけてましたが、峨王はバルコニーから落ちたくらいじゃ死にはしないか。

ヘタッピマンガ研究所Rでの松井先生の「ジャンル物はそのジャンルが好きな人間が描くとそれが好きな人の方しか向いてない作品になりがち」という話は、
今のシュージンにとって参考になりそうな話だと思いました。妙にいいタイミングです。

■黒子のバスケ
黒、黄の次は緑なのかー。残り2人はやはり赤・青か?(桃や白という線もありますが)
緑の人は嫌みなキャラかと思ったら、単なる変人さんらしいので好感度が下がらず良かったです。

■バクマン。
服部さん、子守役までせねばならないとは苦労するなあ…;
2人がちゃんと話せば解決する問題だろうに、「子供じゃありません」と言いつつ思いっきり子供だよ(^^;
まあ、高校生ならこんな感じでしょうが。

■いぬまるだしっ
二色カラーって久しぶりに見たなあ。昔は多かったけどいつ頃から見なくなったのやら。
楳図ハウスストラップがちょっと欲しいです。

■PSYREN-サイレン-
霧崎って免許持ってたのですか。なんだかもっとガキな年齢かと思ってました。
ネメシスQとはバトルになるのかと思ったら、なるほど、ここで召集と来ましたか。確かにネメシスQにとってはアゲハをこの場から排除するのに一番簡単な手でした。
召集されたら電話に出るとアウトというのはこの場合リスクが大きいもので、上手く設定を生かした展開だと思いました。

久々にイカれた雨宮さんが見れて良かったです。

■SKET DANCE
聖将軍ヴァリアスの正体に驚愕しました。何というかすげえ;

ボッスンは探偵と言うより便利屋になっていそうだ。

■ぬらりひょんの孫
玉章戦決着。結局玉章は器では無かったのだなあ。
手打ちの件は甘い気もしますが、そうしなければ全面戦争となって更に禍根を残す事にになるかも知れないと考えれば有りと思いますが(そもそも少年漫画的にもあの状況で殺す選択肢は無いでしょう)、奴良組にも納得出来ない者はいるだろうとは思います。特に猩影については今後フォローがいるでしょうね。
文句を言ってる幹部達は、どうでもいーか(おぃ)

夜雀はやはりただの玉章の部下と言うわけでは無かった様子。黒幕もこんな身近にいるとは思いませんでした。以前、奴良組幹部に裏切り者がいるような描写はありましたが、裏切り者=全ての黒幕とまでは思わなかったですわ。
一ツ目入道の方は裏切り者ではなく、単なる文句言い親父だったのね。

「チョー期待外れ」と罵られる清継くんは期待通りでした。グッジョブ!
ゆらはあの後どうなったんですかねえ。いい加減リクオの正体に気付きそうなものなんですが。

■ピューと吹く!ジャガー
胸と腹は破らないのかー

|

« 週刊少年サンデー12号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー13号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/28312682

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ13号感想:

« 週刊少年サンデー12号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー13号感想 »