« 週刊少年ジャンプ13号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »

2009年2月25日 (水)

週刊少年サンデー13号感想

■結界師
あれだけ真っ二つになった校舎を一晩で直せるとは。
ある意味切った方(七郎)より凄いよ>間流修復術

ところで、“結”で相手を囲うだけならともかく、人間相手に躊躇無く“滅”をかますとは、良守…恐ろしい子!

■ハヤテのごとく!
ウロ覚えですが、ヒナギクがハヤテと最初に会った時って木の上で降りられなくなってる時じゃなかったでしたっけ?(違ってたらすんません)
それで一目惚れだとすると、 …吊り橋効果?(^^;

■神のみぞ知るセカイ
勲章物の成果を実際に上げていながら、表面上ヘッポコに見えるからというだけの理由で減俸とは、ヒドイな地獄社会(^^;
こんな地獄みたいな会社では働きたくないと思いました。(まあ、地獄だし)

一見ヘッポコに見えても裏では超やり手という可能性も無いでは無かろうに。
まあエルシィに関しては「無い」んだけど(・e・)

■史上最強の弟子ケンイチ
連華クラスでもマスタークラスにはまるで歯が立たないのだなあ。
次回のマスター対決は楽しみです。

■MAJOR
“関係者皆が見ている中で”“最も大事な局面で”吾郎腕破壊の包囲網が着々と完成しつつある感じ。

■月光条例
赤ずきんの話を思い出そうとして、自分の中で「七匹の子ヤギ」とごっちゃになっていることに気付きました。違う違う、ハサミで狼のおなかを裂くのは赤ずきんのおばあちゃんじゃない;
しかし、「三匹の子豚」といい、おとぎ話上での狼の扱いは可哀想なくらいだ(^^;

前の「あまんじゃく」の時も登場時のインパクトが凄かったですが、今回の赤ずきんも相当強烈です。だむですとろい。
あまんじゃくと比べても今回は“可愛いキャラ→怖いキャラ”への変換であることがよりインパクトを発揮していると思いました。
でも、“老人を狙う”のは赤ずきんのストーリーの裏返しとして、何故赤ずきんで“爆弾”なんだろ?

警察署の署長さんの登場は、月光達を政府公認執行者にする流れにでも繋がるんでしょうか?(ちょっとピンと来ない気もするけど)

先週のラストシーンは今週の翌日なんですかね。

■アラタカンガダリ~革物語~
まあ、1人はコトハのガードにつくべきだっただろうなあ。

ところであの馬って、ロボ?

■はじめてのあく
うまのサザンクロスが妙に可愛い。
屋根の上まで走れるとは、主人より馬の方が凄いな。(Dioの馬も恐竜化して建物を登ってたなあと思い出したり>SBR)

「突貫」の人達はどこのこわし屋か… というか直し屋?

許嫁の人は馬鹿すぎて嫌みにならない辺りが良いですな。

■お茶にごす
今回のチンピラの人を「※幅部クンという少年をカツアゲしてた男」と欄外で解説してくれて助かりました。
やられ役のチンピラキャラの顔ってホント覚えられないよ;

山田はまークンのいい理解者だなあ。

■魔王
「1/10までの確立なら当てられる」
結構制限はあるとはいえ、相当便利そうな能力ですね。
テストの選択問題や単勝の競馬なら当てられるけど宝くじなんかは無理って所か。
しかし直接戦闘能力に結びつくわけではないし、受動的な能力という気もしますし、
これを犬養との戦いにこの能力をどう生かしていくかはパッとは思い付きません。
しかし、面白い使い方を見せてくれそうなので期待します。

■絶対可憐チルドレン
犬かわいいよ犬。

薫を不二子ちゃん抜きの面子で葉・マッスル・パティと渡り合いきれるのかと思いましたが、テレポーターとサイコメトラーだけでも結構戦えるものですな。でも紫穂は自重した方がいいと思った;

兵部の人工呼吸問題は、マッスルの意識があれば悦んでやっただろうに(笑)

次はパンドラと黒い幽霊の対決になるのでしょうか?(或いはファントムだけ?)
基本的に相手を殺すまいと戦うバベルVSパンドラよりもガチな戦いになるかも知れません?

■金剛番長
番長一斉処分!
使い捨てが凄げー!
殆ど読者投降番長じゃなかったでしたっけ?(^^;

■オニデレ
夏服サキが新鮮でした。

■アーティストアクロ
右手だと小さいままだとは(笑)>エア・モンスター
まあ、状況に応じて使い分ければいいんじゃないでしょうか。

“あんな状態”ながらも威厳を失わず、モカの事も必死で気遣うレオンジが好感度高し。
モカも可愛かったです。

■トラウマイスタ
クールなキャラかと思えたセンゴでしたが、ここまでキャラを壊してくれるとは(笑)
一気に好感度は上がった気もしますが、トモダチにはなりたくないですな。

最後のピカソひでえ(笑)
センゴの新たなトラウマになってしまいそうじゃないですか。

|

« 週刊少年ジャンプ13号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »

コメント

月光の赤ずきんを見てカプコンのヴァンパイアセイヴァーのバレッタを思い出しました。
あそこまでおっかない外見じゃなかったですけどね。


突貫の人達は間流修復術を習得してたりして。
いや、ほんと、あれだけ壊れた校舎を夜明けまでの短時間でどうやって直してるのか、フィクションとはいえ不思議です。

投稿: L | 2009年2月25日 (水) 23時31分

ゲームは知らなかったですが検索しました。なるほどー
考えてみれば赤ずきんモチーフの戦闘系キャラってチラホラありますかね。

間流修復術は凄すぎますねえ。
以前にちょっと修復中の状景も描かれましたが、ジェバンニ的に一晩でやってくれる程に効率的な作業風景にも見えなかったのに(^^;

投稿: でんでん | 2009年2月26日 (木) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/28362282

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー13号感想:

« 週刊少年ジャンプ13号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »