« 僕らのミライへ逆回転(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ18号感想 »

2009年3月29日 (日)

DRAGONBALL EVOLUTION(映画)

(ジェームズ・ウォン監督)

公開前から評判が大変悪かったので「ある意味」期待したものでしたが(B級的に)、
思ったよりは無難だったと言うか、ひとことで言えば「印象が薄い」映画でした。
感想を書いていても、既に漠然としか思い出せません。

「ドラゴンボール」として押さえるべきポイントは意外と押さえていましたが、
「ドラゴンボールらしさ」は微塵も感じない不思議な映画でした。愛と破天荒さが足りないのね。
自分としては原作と違っていても映画として面白ければいいやとも思っていたのですが、これがどうにも面白くない。
短時間(87分)でサクサク進むのはいいのですが、話も戦いもあまりにもあっさりしすぎて全然印象に残らないんですよ。

特に肝心の戦闘シーンがまた淡泊で、ピッコロが●●●●波(←意味のない伏せ字)一発で終了ってあーた、弱い。弱すぎる!
ピッコロのキャラクター描写もロクにされていない(せいぜい献血を痛がるくらい)ので敵役としての魅力は皆無でした。

あとは箇条書きで。

・あまり原作に拘らないと言いつつも、 やっぱりピッコロはぴろりん(触角)が必要じゃないかと思いました。(拘ってるじゃん)
・原作読者にブーイングの嵐だった悟空の「高校生いじめられっこ設定」ですが、これは日常描写自体がすぐ終わるのであまり気にならずに済みました。
・ピッコロが何故復活したかの説明がまるで無いのが不思議。
・かめはめ波を撃ちながら前方に飛んでいくのが不思議。
・マフーバ(魔封波)も出て来ますが、カタカナで言われるとフバーハみたいだと思った。
・神龍を呼び出すシーンでは「ギャルのパンティおくれー!」と言いたくて仕方なかったですよ。
・神龍を呼んで亀仙人を生き返らせるのですが、一緒に悟飯も生き返らせればいいんじゃないと思いました。
 願いは一つと言っても「ピッコロ達に殺された人を生き返らせて」でいいのだし。
・ヤムチャのチンピラっぷりが原作より数倍アップ。なんという雑魚キャラ臭。女を後ろから撃ち殺すし;
・ドラゴンボール自体は綺麗でした。
・いかにも続編がありますよ的な終わり方でしたが、この出来で続編を見たいと思う人はいなんじゃないですかね。

公式サイト

|

« 僕らのミライへ逆回転(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ18号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/28857960

この記事へのトラックバック一覧です: DRAGONBALL EVOLUTION(映画):

« 僕らのミライへ逆回転(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ18号感想 »