« コミティア88参加情報 | トップページ | 週刊少年ジャンプ22・23号感想と今月のスティール・ボール・ラン »

2009年4月22日 (水)

週刊少年サンデー21・22号感想

■境界のRINNE
高橋留美子先生の新連載。
心霊バトルコメディというところでしょうか。
犬夜叉よりはギャグ要素が多そうです。結構楽しくなりそう。
見開きの巨大チワワはインパクトがありました。

冒頭に出たおばちゃ…おねえちゃんは、最初は故人かと思いましたが、主人公同様に“死神…みたいな人”ですかね。羽織も六道と同じだし。

■結界師
通りすがりの酔っぱらいのおっちゃんが生き延びられるか気になります。
無関係の一般人はどうせ死にはしないだろう、とはこの漫画では言い切れない気がします。

■ハヤテのごとく!
>「ここはせっかくのヌーディストビーチ!! ですからここは…」
ヌードで勝負とか言い出さなくてよかったです。

■お坊サンバ!!
大坊主のつっこまれっぷりが良かったです。

■DEFENSE DEVIL ディフェンス・デビル
魔界弁護士法も「疑わしきは罰せず」なのだそうで、悪魔の法律なのにやけに人間的だなあ。
罪人の弁護という行為が悪魔にとって非常識とされてるのに、そもそも何故こんな弁護制度があるのかが不思議です。その辺りは軽くでいいから触れた方が話に説得力が出ると思うのですが。(主人公が何故こんな悪魔として特異なキャラになったかも合わせて)

あまり長引くエピソードとは思ってなかったけどまだ続いちゃうのね。初期のうちはサクサク進めた方がいいと思うけど。

■神のみぞ知るセカイ
断っても一ヶ月毎日来られるとは、普通に迷惑そうだ(^^;
時間がかかってもじっくり駆け魂を出せるのは確かにそれはそれで有能だと思いますが、悪魔個人の能力はあまり生かせなさそうだなあ。

■アラタカンガダリ~革物語~
始めからアラタじゃなくて革だと伝えてはいるはずだけど、結局信じてもらってないままなのだなあ。
このまま革として恋愛が進行してしまっても、最終的にアラタが戻ってきてそちらで上手くいっても、どちらの場合もモヤモヤしそうです。

この状況下で襲ってくるカンナギが空気を読んでない感じでちょっと楽しい。
まあ、実際は世界が大変な状況下で恋愛で悩んでる革の方が空気を読んでないと言えるのですが。

■史上最強の弟子ケンイチ
あっという間に他の船に乗り移って大砲を防ぐ長老が超人すぎる(^^;

櫛灘美雲は破れたディエゴを始末する為に来たのか。…なんて訳はないのですが(ディエゴが負けたのはたった今だし)
元々は何のために来たんだっけ。

■はじめてのあく
緑の人、同じくラスだったのか。そろそろファンクラブの面々も個々にキャラ立ちしていくんですかね。
青春ぽくてニヤニヤ出来て良かったかと~。ジローも友達が出来たり段々(と言うかすっかり)馴染んでますねえ。

■クロスゲーム
>「ええ、試合終了と同時に-」
試合終了と同時に「きれいな顔してるだろ。死んでるんだぜ、それ」
とかなってそうに見えて恐いんですけど;
この状態で2週間かー;

■絶対可憐チルドレン
恋に目覚めた薫は可愛いですが、チルドレン3人の関係にも影響が出るんだろうなあ。
出さないわけは無いよなあと、不安半分期待半分。

ファントムドーターの自分会議は“脳内”で複数の人格によって行われたのか、はたまた実際に2人いるのか?
悠理を「人形」と読んでいると言うことは、多重人格説が正解なら3人分も人格があるんですかね?
悠理は本当に何も自覚してないっぽい?

そういえば気付きませんでしたが、先週もパッチが必要だったそうで(笑)

■月光条例
そりゃあ、突然現れた子がおとぎ話の世界から来たなんて、月打の事情を知らなければ思いつきもしないだろうなあ。切ないわあ…。
最後に赤ずきんがかよちゃん、もしくはかほちゃんに頭をなでてもらえればいいのだけど。

赤ずきんが帰った後、かんばやしさんやかよちゃんの記憶は消えてしまうんでしょうか。
記憶が残る場合と消える場合の定義が曖昧なのでどちらとも言えないけど、残って欲しいものです。

■魔王
犬養を撃った狙撃手2人はいつのまにか転落していて、潤也は令嬢息子の企みを読んでいたと。

前者については果たして犬養の天運だけの問題なのか、それとも潤也が何かやったのか、どちらとも言えずに謎です。
と言うか転落死した2人は先週犬養を撃った2人で間違いないんですかね?
あの後いきなり死んでいたと言われても今一納得出来ないですが(死んだのはグラスホッパーの団員の事ではないの?)

後者については、これまで潤也が刺客に気付いたそぶりは無かったと思うのに、きっちり潤也が対応出来ていてビックリ。
潤也の能力…というよりアンダーソンの情報収集のおかげなんでしょうか?
うーむ、目が離せない。

■お茶にごす
青春だなあ。茶道部の面々もすっかり仲良くなっていて微笑ましい。
まークンと部長の組み合わせは、当初は何のかんの言っても「無い」だろうと思ってましたが、そうとも言い切れなくなってきました。

■金剛番長
ここで坊主…じゃない念仏の出番が来るとは、なかなか美味しいじゃないですか。
先週は剛力の見せ場で今度は念仏というわけですか。
卑怯の見せ場はその次か?
…と言いつつ、今回も実はきっちり目が覚めてる可能性もありますが。

■アーティストアクロ
アクロの前向きさはいいですね。
やはり延々と悩む人より天然の方が強いのだろうかと思った。

■トラウマイスタ
テロリストとしてTVで顔をさらされ、強力そうな敵も一蹴して、速効で社長と対面(直前)、
ううむ、すごいペースだ。
凄く面白いんですが、巻きが入っているようにしか見えません。終わってしまうのかー???

先週はちゃんと分かってなかったけど、一晩で髪まで真っ白になってしまってたのね>ピカソ

|

« コミティア88参加情報 | トップページ | 週刊少年ジャンプ22・23号感想と今月のスティール・ボール・ラン »

コメント

りんね
 あの羽織をはおるとこの世とあの世の境界線に立つので現世の人間には基本
 的に見えなくなる、というような設定っぽいですね。にしても金銭感覚はず
 れすぎてやせんか!?
ハヤテ
 ヌーディストビーチだけに、点が入るたび脱いでいくとか?
神のみぞ知る
 幸枝さんの「よさ」の分析もやっぱりゲームの攻略のパターンになぞらえて、
 でもちゃんと理解するけーまがすごい。
 にしても彼女の顔の大きさのバランスは誰もツッコまないのだろうか。
ケンイチ
 それよりもなによりも、マエストロの「素肌マスク」がサイコーです。最後
 の最後まで素顔は謎なのね。ふじk、もとい、櫛灘にとっては馬のおっちゃ
 んも「若い中国人」なんですねー。
はじめてのあく
 「クラブサンデー」のほうで先行で読めました。画面の大きさにもよるでし
 ょうが、画質かなりよくて読みやすかったです。
 そもそもジローを学校に通わせるのって世間の常識云々だったはずですが、
 そもそもキョーコの身の回りは女性陣も男性陣もかななーり常識外れ(生徒
 会長からして)のような気が。
 アキの胸はホントにユキがもんで育てたようですね!?

投稿: Masa_nus | 2009年4月23日 (木) 07時11分

>りんね
幽体離脱とかじゃなくて羽織で霊体化(?)してるんですかねえ。
>神のみ
町中にドラえもんがいるような感覚なんじゃないでしょうか>バランス
>ケンイチ
素肌マスクは美味しかったですねえ。案外普通の顔をしてそうな感じなのですが。
>あく
確かにあの連中(特にファンクラブ)から常識を学べる物か疑問ではあります(笑)
あれが生徒会長の学校か…

投稿: でんでん | 2009年4月23日 (木) 12時34分

絶チル
 今週は今週で「絶好やで?」→「絶交やで?」な誤植がありますね。これは
 椎名先生というより担当とかのミスですよね。
 先週のパッチ・・・あ、ほんまや!指が6っぽ・・・!
魔王
 潤也の能力って、実は「~さんは何月何日に襲われる、YesかNoか」みたいな
 予想に絞って繰り返せば選択肢の数関係なくすごく幅広い予想ができるので
 は!?
お茶
 最後の「ちょーだい。夕陽。」がなんかエロく感じてしまった私は穢れてますね。
金剛番長
 偽装番長素敵です。このセンスは武装練金のパピヨン様に迫るかも!卑怯番長
 もホントに寝てるとも思えませんが。
 少し前のページで「煩悩退散」とかいいながらエッチなビデオ観てたとおもっ
 たら最後はずいぶん凛々しく!念仏がどこまで戦えるか見ものです。
アクロ
 ブラッドって奴はかなり強いですね。ここらでデコの新エアモンスターの戦闘
 での見せ場もあるといいのでは!
トラウマイスタ
 ソードマスターヤマトばりに展開早いですねえ。やはりあの粉(灰?)からは
 特殊な反魂香が作られた模様です。ここでスジャータのマスター、シエナとの
 邂逅ですか。ピカソの白とゲルニカの黒が変貌っぷりの演出と、絵的な迫力に
 つながってていいです。

投稿: Masa_nus | 2009年4月23日 (木) 19時54分

>魔王
潤也の能力はどこまで便利なんですかねえ。
これまで提示された情報からだけでは、
今回のような事態への対処が能力でもって出来るとも思いにくいんですが、さて。
>アクロ
デコも活躍してくれるといいんですけどねえ。

投稿: でんでん | 2009年4月24日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/29242910

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー21・22号感想:

« コミティア88参加情報 | トップページ | 週刊少年ジャンプ22・23号感想と今月のスティール・ボール・ラン »