« 劇場版天元突破グレンラガン螺巌篇(映画) | トップページ | 関西コミティア34参加情報 »

2009年5月 2日 (土)

週刊少年サンデー23号感想

■史上最強の弟子ケンイチ
ケンイチが積極的に女子と戦う事を選ぶ日が来るとは。
苦手な女子(しかも手練れ)相手にケンイチがどのように戦ってくれるのか注目です。

■結界師
不敵な良守がここまでガタガタになってるのも珍しく、不吉な予感を盛り上げます。
正守サイドはおっさん2人の腹の探り合いが楽しいところ。
…正守はおっさんと言うには若いか(^^;

■ハヤテのごとく!
ヒナギクは2週くらい“か弱いモード”で引っ張っちゃうのかと思いましたが、
案外あっさり吹っ切ってくれて良かったかと。
やっぱり凛々しい方がいいですよ。

■DEFENSE DEVIL ディフェンス・デビル
薄着だったのは花屋でホームレスにコートをかけてあげたからとかでしょうか?(それだと花屋が謎)
まだ決着が付かないとは思わなかった。
セカンドエピソードであまり回数をかけすぎない方がいいと思うんだけどなあ。

■クロスゲーム
あかねがコウの真意を分かっていたり(?)、甲子園が近づいてたり(?)、
そんな感じはしないけど、案外クライマックスに近づいてるんですかねえ。

■神のみぞ知るセカイ
桂馬なのか?>ラストページ
ハシラで断言してくれるまでちょっと迷ったですよ。女子視点でちょっと美化が入ってる?
桂馬に夜泳ぐ習慣があるとも思い難いですが、これはもう既に攻略が始まっているのでしょうか?
今回はずっと女の子視点で描くんですかね。
結構新鮮です。

そうかあ、大人っぽいのかあ…(^^;>中学生から見たエルシィ

■境界のRINNE
程よい緊張感の無さがいいなあ。
桜は六道を手伝わされてると言うよりは、サイフ係ですな。10円やら50円やらと言ってもチリも積もれば結構痛そうだ。

■アラタカンガダリ~革物語~
「仲間入りフラグ」にも「最後にいい人になって死亡フラグ」にも見えます。

■アーティストアクロ
ビジュアル的にも痛そうな攻撃だなあ;

■絶対可憐チルドレン
中学の英語の教科書ってあんなだったなあ。リアルに絵にされると本当にバカだ(^^;
世紀末救世主な局長が格好良くて困ります(笑)

■お茶にごす
一応「優しいフリ」は続けてたのか。中身は不良のままでも優しい演技を続けるのなら悪いことではないのですが、やっぱりどこかで破綻しちゃうのだなあ。
部長まで巻き込んでかなり不穏な展開になっちゃいそう。結構この作品的に正念場なのかも?

■はじめてのあく
悪の女幹部ブラックシノノメ登場。って、これはまさに以前の読切「進めギガグリーン」のヒロイン・ブラックレディーこと阿久野フミの衣装そのものですね!
姉弟設定がどんどん固まってきていてニヤリです。
ジローの秘密道具で騒動という展開も、ラブ描写アップな流れもこの作品に相応しいツボを押さえた回でニヤニヤでした。
ニヤニヤ。

次からはジローも半袖なんでしょうか。マントはそのままだろうなあ。

■金剛番長
念仏番長=催眠術士
… … …そ、そういえばそんな設定もありましたっけ。
すっかり忘れていて「念仏の特技」=「肺活量」だけとしか覚えてなかったですよ(^^;

こういう駄目っぽいキャラが頑張ってくれる展開は嬉しいなあ。

■月光条例
頭をなでてもらえて本当に良かったなあと思えました。なんのかんの言っても感情移入させてくれますよ。

おばあちゃん(かよちゃん)も孫の果歩に赤ずきんの本を読んでいたと言うことで、なんでそのおばあちゃん(かよちゃん)に本の中の赤ずきんは気付かなかったのだろうとか、気になるところはあるんですけど、
死んだと思い込んでいたから気付かなかったと考えれば良いか。

「前エピソードラストで月光がトショイインに赤ずきんの話を聞きにいったこと」が、最後の最後で話が繋がってビックリしました。てっきり無かった事になったのかと思った(^^;
これはナイスなサプライズ展開。

■トラウマイスタ
本来助けるべく目標だったはずのシエナと出会ったというのに、すっかりダークサイドに堕ちてしまっているピカソが痛々しい。
強力な社長のアートマンは一撃で倒せても、素手の社長本人にまるで敵わないとは。自前の勇気の剣すら使ってないですよ>社長
ダヴィンチもこのままフェイドアウトするとも思えませんし、本当に展開が読めないなあ。

■やおよろっ!
立った方が見えるんじゃないでしょうか?

■タッコク!!!(サンデー超・クラブサンデー)
前回予告で分かってましたが、やはりガッちゃんの方が試合を申し込まれることに。
ガッちゃんの天才設定の無茶っぷりが楽しい。この才能なら普通に半年~1年もしたら十分カコと渡り合えるようになるんじゃなかろうか。
「ガッちゃんがカコに勝つ」事への障害を大きくさせながら、どうガッちゃんを成長させていくかがこの漫画の鍵でしょうか。

|

« 劇場版天元突破グレンラガン螺巌篇(映画) | トップページ | 関西コミティア34参加情報 »

コメント

>神
水泳の授業の時でも手放さなかったPFP持ってないからあれは桂馬じゃない、と思ったけど女子視点か~。
それは考えてなかったです。

はじあくはそろそろ正義側も出てこないものですかね?
いつかは出るものと思ってますが。
読み切り読んでないんで、単行本が出たときにどこかで入れて欲しいと思ってます。

投稿: L | 2009年5月 2日 (土) 20時08分

はじあくは1巻がもうすぐなのでギガグリーンが入らないかと期待してます。
正義が出てくると一気に話が進むかもと思いますが、全然進まないかも知れません。

投稿: でんでん | 2009年5月 2日 (土) 23時52分

ケンイチ
 天才少女だけど「実」が伴ってない、花の咲き方すら知らないと
 いうアンバランスさが弱点でしょうか。戦いに関してはかなり実
 戦経験豊富そうですが……
結界師
 ちょっと前までは無想にすっと入れるようになってたのに、やは
 りメンタルって大事なんですね。
ハヤテ
 か弱く見せようとするヒナギクの演技が下手すぎて逆に可愛いで
 すが、肝心のハヤテにはそれも伝わらんのですよね。
神知る
 体育の授業ではゲーム機離さずに泳いでた訳で、プライベートで
 ゲームの時間削ってまで泳ぐとは考えにくいですよね。既に駆け
 魂反応を感知されてるわけですから、攻略の「出会い」演出だと
 思います。にしてもけーまは運動神経もいいのですね。
りんね
 やたら金銭感覚が狂ってるからもしかして昔の人?と思いました
 が普通に携帯のことも知ってるしどういう生活してるのか謎です。
 このマンガのテーマって「地獄の沙汰も金次第」なのか!?
アクロ
 うーん、熱い展開ではあるんですが「芸術的なスキル」バトルっ
 て感じじゃないですねえ。
チルドレン
 トビラのさぷりめんとの新キャラの娘が黒すぎで面白かったです。
 コメリカエスパーのケンとメアリーは、このネタやらすためにこ
 の名前にしたんじゃ、と思えるほどハマってて笑いました。
お茶
 偽善であろうと、された側が感謝してれば立派な善行だと思いま
 す。それで喜んじゃってる二人組が微笑ましかったんですが……
 後半はなんか不穏な展開ですねえ確かに。
はじあく
 この作品は業界初「悪コメディ」と銘打ってたはずですが、ジロー
 普通に純情でいい子ですよね。常識がないだけで。緑谷くんが同じ
 クラスってこともあってファンクラブの面々、からレギュラーに
 出世してきた感じがあります。がんばれ普通の子。
金剛番長
 これからの敵はそれぞれの都道府県の「代表」に勝ち残った存在
 なわけで、いくら東京が激戦区だったとは言え念仏番長あたりと
 の戦力差は確かに大きそう。差し違えとかにならず、機転を利か
 せるようなカタチで勝って欲しいですね。
ゲッコー
 あ、なるほど、こう最後に繫がってたわけですか。しかしまあ、
 絵本の中の赤ずきんの顔がみんなすごいことになってますな。
 ピンチのシーンとかでもニヤけてるって。
 イデヤと決別しても、トショイインさんは次回からも出て欲しい。
トラウマイスタ
 社長の力は底知れないですねえ。展開的には外に到着した3名が
 何らかの形で活躍して超反魂香を奪取して逆転、みたいな感じを
 期待しますが、その期待も気持ちよく裏切られそうです!

投稿: Masa_nus | 2009年5月 4日 (月) 08時30分

>神のみ
攻略なんでしょうねえ。PFPもくわえてませんし。
今回は最後まで女子視点で見てみたいものです。

>月光
イデヤの方は全然改心とか心変わりとかしそうな雰囲気が無いですが、
こういうキャラほど藤田作品では後半キャラが変わりがちなので期待したいところ。

>トラウマ
どう予想しても予想を外してくれそうで楽しみです。

投稿: でんでん | 2009年5月 4日 (月) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/29395358

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー23号感想:

« 劇場版天元突破グレンラガン螺巌篇(映画) | トップページ | 関西コミティア34参加情報 »