« 週刊少年サンデー24号感想+ゲッサン6月号(一部)感想 | トップページ | 週刊少年サンデー25号感想 »

2009年5月18日 (月)

週刊少年ジャンプ25号感想

■AKABOSHI-異聞水滸伝-
新連載。
情けないことに水滸伝はなんとなく知っている程度で、戴宗と言われるとむしろGロボを思い出す程度の知識ですが、
本作は作者が好きに描くカオス水滸伝とのこと。藤崎版封神演義みたいな立ち位置と考えればいいのでしょうか。
内容は普通に少年漫画っぽいかなと。

■ONE PIECE
大混乱中のインペルダウンですが、ここで黒ひげまで絡んでくるとは。
しかし、「エースの護送船の側まで来る」ならまだ白ひげを待ち受けようとしているのかもと思えますが、エースが連れ出された後のインペルダウンに黒ひげが用があるとも思い難いんですが、どういうつもりなんですかね。

黒ひげは以前ルフィを狙ったことはありましたけど、あれは「名を上げて七武海に入るため」だったはずなので、七武海入りが成った今では黒ひげがルフィに拘る意味も無さそうなんだけど。
このままだと、インペルダウン脱獄が成功してもその後で黒ひげと戦わなければいけないハメになるのかどうか、さっぱり読めないなあ。

ところで、黒ひげ海賊団のラフィットって、トリトリの能力者だったんですね。前も海賊団から離れて一人で海軍に行ったりしてましたが、空を飛べるなら行動範囲が広くても納得です。

さて、インペルダウン側は、テンパるハンニャバルに対してマゼランがあっという間にLEVEL2を鎮圧したりシリュウを黒ひげ対策に向かわせていたりと超有能。こんな上司がいたらそりゃあ頼もしそうです。時々毒の巻き添えを喰らいそうだけど。
しかし、“雨のシリュウ”の方は「次はないぞ」と言われた直後に仲間を斬り捨てって、全く肝に銘じてないよこの人!
まあ、斬ったように見せて実は違うという可能性もあるかも知れませんが?

イワさんは「顔だけ」巨大化していたようで(巨大化じゃナシュブルと言ってますが)、やっぱり身体は元の大きさのままなのね。キモッ!(笑)

このタイミングで登場したサディちゃんと獄卒獣でしたが、やっぱり今の最強メンバーの前に出たら瞬殺ですよね。ハイテンポで進んでくれて何よりです。
しかし、ルフィとジンベエはともかく、クロコダイルまで背後の獄卒中退治に手を貸してくれるとは意外でした。

■めだかボックス
あなたがLか!?…というような推理力でした。
ジャージ制服は無いなあ。

■BLEACH
バラガンの方がよっぽど死神らしいですね。
久々にこの作品で緊張感を感じた気がします。

■べるぜバブ
今回は小休止的なギャグ回かと思ったら、最後に前回からの流れに繋がりましたか。
と言うか、この学校って共学だんたんですね(今更ですが)

■トリコ
リンは死亡…ですかね。前に小松が死んだ時には助かったけど、この作品は殺す時にはキャラをちゃんと殺しそうな気もします。

■バクマン。
平丸さんが思った以上に変人で楽しい。
酔っぱらってるからこうなのか、シラフでも変わらないのかは分かりませんが、やっぱり会社勤めは向きそうもないよこの人(笑)
この平丸さんと普通に渡り合ってる吉田氏は凄いな。

「ラッコ11号」は不条理ギャグという感じ?
面白そうですが、“ジャンプらしい”ですかね?、むしろ青年誌向けっぽい気もします。

さて、パーティーの方はマシリト氏とか編集者は出ましたが、実在の漫画家が殆ど出なかったのは残念です。大石先生はおめでとうございます(笑)

で、KOOGYは蒼樹さんと組む事に。確かに波長は合いそうな2人ですが、中井さんは次回いったいどうするのやら;

■SKET DANCE
やはりアカネさんは双子の事は知らなかったんですね。
医者のやったことは確かに間違ってはいますが、これを怒る気になるかどうかというとよく分かりません。
アカネさんに双子だと明かした上で1人は責任もって育てると言うことなら、まだ良かったかも知れませんが。(それも問題無いとは言えないか)

次回、椿とボッスンはどんな会話を交わすのやら、注目です。
それはさておき、文化祭の当日にこういう話を知らされるのは普通に迷惑だろうなあ;

■PSYREN-サイレン-
なるほど、電力は夢路晴彦に頼ってた訳ですか。既に顔を忘れかけてたよ晴彦。

祭先生と影虎、イアンは既に死亡ですか。祭先生と影虎については死亡確定ではありませんが、改造されて出て来たりしたら嫌だなあ。

しかし、祭先生が一時消えたのは、雨宮はアゲハが“帰ってこなかった”為だとすれば、今の雨宮とアゲハが元の時代に変えればまた歴史が変わるんでしょうね。ややこしくなりそうですが、どうなるのやら。

ネメシスQの正体とかはエルモアも正体は掴んでないんですかね。

■アイシールド21
葉柱でしたか。凡人でも頑張る葉柱はやはりいいキャラだなあ。
そして、この流れなら雲水も参加という流れになりそうなものですがどーなんでしょ。登録とかは阿含が勝手にやっていてもおかしくないのだけど、
しかし、日本チームにはまだ補欠もいるし雲水が出る余地があるのか疑問という気もします。

■ぬらりひょんの孫
京都の話に本格的に入る前にリクオの刀の話。
前回の話からして、花開院絡みで手に入れた刀なんですかね。

ところで、夜のリクオはかなりアバウトだなあ。

■フープメン
他校とのやりとりが普通の高校生っぽい感じかなと。
東京最強らしい学校が出て、筋肉フェチっぽかったり、方眉を剃っていたりとその選手描写もなかなか面白そうなのですが、ここと試合で戦うなんて展開はまだまだ先だろうなあ。…というかそこまで辿り着けるのかとても不安です。

味方の新キャラになりそうな「デカい奴」はもバスケ部在住の選手なのか、それとも「元バスケ部」なんですかね?
鐘が初登場時に喧嘩っぽいキャラに思えた事を思い出してデジャブです。

■ピューと吹く!ジャガー
抜刀牙って、回転して敵に当たった部分が“尻”だったらどうなるんだろうと思ってました。

|

« 週刊少年サンデー24号感想+ゲッサン6月号(一部)感想 | トップページ | 週刊少年サンデー25号感想 »

コメント

>トリコ
・グルメ細胞の持ち主はうまいものを食うと怪我が治る
・リンもグルメ細胞を持っている
・致命傷を負ったトリコは何かを食べて回復・パワーアップした直後
・トリコとリンはキスをした様子

トリコが回復のために食ったものの一部を口移しでリンに与えたとすれば、
蘇生展開は十分にありえると思います
キス?後の描写でお互いの口の間に糸引いてたりしてますし

投稿: 通りすがりのK | 2009年5月18日 (月) 18時00分

黒ひげ来ましたね~

黒ひげの目的は、海軍を白ひげとの戦いで動けなくさせておき、そのスキにインペルダウンの囚人を解放することだったのではないでしょうか。
通常の状態だと、大将がすっ飛んできちゃいますから。

シリュウは黒ひげと示し合わせていたのでは?
彼は宣告猶予の状態らしいですし、インペルダウン側としてやっていくなら、囚人どころか看守を切るなんてことはありえないと思います。
もう裏切るんじゃないでしょうか。

投稿: saryu | 2009年5月18日 (月) 18時21分

>トリコ
確かにリンもグルメ細胞持ちですし、復活有りかも知れません。
一般人の小松が復活するのよりはスンナリ出来そうですし。

>黒ひげ
今の所は黒ひげの行動は不可解ですが、シリュウの行動も不可解なのでこの2者が繋がっている可能性はあるかも知れません。
もし囚人解放なんてやったら黒ひげも七武海をクビになると思いますが、そもそも最初に七武海に入った目的も分かりませんし、案外七武海入りしたこと自体が今の行動の為だったかも知れませんしね。

しかし、黒ひげはこの有様だし、ジンベエもルフィ・エースの味方だし、ハンコックにしても白ひげ相手にどこまで真面目に戦うか分かりませんし、
くまにしても内心はルフィや革命家サイドの味方のフシもあるし、ドフラミンゴあたりも自分の思惑を優先しそう…
センゴクさんは本当に大変そうです(^^;

投稿: でんでん | 2009年5月18日 (月) 18時51分

管理人でんでんさん

センゴクさんは、危険な要素を野放しにしすぎですよね^^。
七武海はかえって遠ざけておいたほうが、不安要素が減ると思います。
あと、危ないのがくま、くまはスリラーバーグでエースがルフィの兄だと言う事実を知りましたから、ドラゴンとつながりのある彼が、エースを助けるように思います。

海軍対白ひげがどのように描かれるのか、これから楽しみですね^^!

投稿: saryu | 2009年5月18日 (月) 23時03分

「手放し」なのか「手が回らない」のか、どちらかというと後者なのではないかと思います。
七武海は遠ざけておいても勝手な企みを進めそうで(例:クロコダイル、ハンコック)、やっぱりまだ手元に置いておく方がマシではないでしょうか。
ともあれ、七武海ってのは海軍にとって味方(?)にしては本当に厄介な存在かと。と言うか、海軍じゃなくて世界政府の管轄でしたっけ。

今でさえ大混乱なのに白ひげと海軍の戦いになったらどんな大事態になるやら、ホントに先が読めません。

投稿: でんでん | 2009年5月18日 (月) 23時17分

通りすがりです!
アイシールド、僕の予想では雲水が参戦して、あごんと双子(+ひるま?)ドラゴンフライです!

投稿: だいまおー | 2009年5月19日 (火) 04時47分

「3人でドラゴンフライ」なんてのは漫画的にやりそうではあります。

投稿: でんでん | 2009年5月19日 (火) 07時40分

AKABOSHI
 こんな目つきの悪いメインキャストはL以来?
 これから他の団員も登場してくるってことでしょうか。
ワンピース
 いろいろ話が動き出しましたけど相変わらずイワさんの顔ばっかりが気にな
 りますそろそろ夢に出そうです。
 シリュウはなかなかイカれたキャラそうですが、どう収集つけるのか。
めだか
 半袖さんは外見とのギャップでかなり裏の顔がすごそう?
 有無を言わさぬパワーと純粋さがめだかちゃんの魅力なんでしょうねえ。
べるぜバブ
 他の感想サイトでも女子いたっけってな話が出てました。遠征してたのですね。
トリコ
 「自食作用」って言葉は実在して、自分自身の細胞のたんぱく質を分解して
 栄養とする、という生態システムのことだそうです。それとリンとの死に際?
 のキスがどう関連してるのかが気になります。
バクマン
 平丸さん、あの時点で既に酔ってたからあんなキャラなのか、それとも地なのか。
 編集さんは酔って乱れた(そして吐いた)作家さんの面倒も見れないと一流じゃ
 ないのですね!?
スケット
 椿のほうもすでに知らされ、しかも欠席ですか。しかし誕生日に、しかも学園祭
 ってタイミングに告白するのってどうなんでしょうねえ。まずはハルに連絡して、
 事情話してフォローの協力得た上で夜とかに家に訪問して子どもに真実を告げる、
 というのがスジだと思うんですが。今回はドラマチックにしようとして不自然な
 感じが出てしまってるように思います。
サイレン
 マリーは自分であの衣装選んでるんでしょうか。フレデリカがよく黙っているも
 のだなあと(そこしか目に入りません!)
アイシールド
 少年バトル漫画的な強さのインフレが激しすぎて(あの我王ですら威力三倍のΔ
 ダイナマイト習得するまで歯が立たなかった)蹂躙される葉柱が痛々しくもあり、
 それでも食い下がる姿勢には涙を誘いました。
ぬらりひょん
 嫁っこ可愛いなあと(見るべき点が違います)
フープメン
 可愛い従妹って設定に全くヒロインフラグがないのが爽やかです。そしてここで
 新キャラ追加でチーム強化ですか。ますます主人公が試合で活躍するチャンスが
 なくなりましたなあ。

投稿: Masa_nus | 2009年5月22日 (金) 19時18分

イワさんは今の状態で頭身がどうなっているのか、全身像を見たいところです。

バクマンの変人漫画家を見てると、編集って大変だなという気分になります(笑)

スケットは、せめて日をずらしてやれよと思いますよねえ。
医者は演出過剰主義でしょうか。

サイレンは、あの服を誰が作ってるか気になりますねえ、
当初から保管していた服ではなく、あの施設にいる人達が自作してるのだろうと思うのですが。

投稿: でんでん | 2009年5月22日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/29670768

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ25号感想:

» 週刊少年ジャンプ2009年25号 [ProjectLily@ブログ]
週刊少年ジャンプ2009年25号読みました。そして24号の記事に「めだかボックス」のレビューを追加。今週の新連載についてはおいおい追加します。 ワンピ熱い展開にシフトしてからは毎回楽しく読めますねーまた新たに昔出たあの人が追加されたのでしばらくはこの熱さが続いてくれるとのではないかと期待しています。しかしワンピは波の一つ一つが本当に大きいですね。このテンポが合わない人は相当いるんだろう...... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 09時28分

« 週刊少年サンデー24号感想+ゲッサン6月号(一部)感想 | トップページ | 週刊少年サンデー25号感想 »