« 今週のアニメ特撮感想(6/15-21分) | トップページ | 天使と悪魔(映画) »

2009年6月22日 (月)

週刊少年ジャンプ30号感想

■ONE PIECE
ドクドクにも対抗出来るかと思われたドルドルのヨロイは、なんと1週で無効に。テンポ早―――!
マゼランは本当に最強クラスですね。ルフィの攻撃を受けてもそれほど効いていないようですし、本当に海軍大将クラスにも匹敵しそうです。
ルフィがここまで『逃げ』に徹しなくてはならなかった戦いも珍しい。

しかし、マゼランは『倒さなければならない敵or悪』ではなく、あくまで『強大な障害』なので、逃げる事で決着が付いたのは良かったと思います。
マゼランは読者的にも好感の持てるキャラなので、ルフィに倒されてもそれはそれで悲しいですし、時間制限がある展開の中でテンポが早くて良かったですし。

海に逃げればマゼランが追って来られないというのは上手い決着だったかと。
能力者のマゼランは海には入れないし、軍艦をインペルダウンから離しておいたのもその時点のマゼランにとっては最良の選択だったわけで、
インペルダウン最強キャラとしてのマゼランの格を落とさないままに、爽快な脱出劇を見せてくれたのが良かったですよ。
まあ、ジンベエや革命家はともかく、多くの犯罪者を世に放ってしまったようなのがちょっと複雑ではありますが(^^;

それにしても、ジンベエさんは本当に頼りになるなあ。他の船の砲撃を無力化し、最後の脱出劇でまであんな機転&能力を見せてくれるとは。本当にすげー!
ジンベエさんと味方として出会えて本当に良かったです。海の上で敵として出会っていたらどうしようもなかったですよ。

それに対して、バギー…(笑)
顔をスパスパに切られているように見えるんですけど、あんた刃物通じないはずじゃ?(^^;

イワさんは無事だったようで良かったですよ。どうやって助かったかはまだ分かりませんが。
やっぱり複合毒を受けたルフィと違って単独の毒だったから自分のホルモンでどうにか出来たのか、はたまた看守から解毒剤を奪えたのか?
イナズマはまだ毒まみれっぽいですが、イワさんの様子からすれば助かりそうですかね。

■トリコ
久々にほっと出来る展開だったかと。ほのぼのしました。
オブサウルスはまさかこのままレギュラーになるのか?(笑)

■バクマン。
もう3年生でしたか。早いなー。
大学を目指すとは思ってませんでした。しかし全然勉強してないだろうに、流石に難しいのでは?
8話時点で次の新連載が始まるってのは早いですね。そんなものでしたっけ?

高浜さんは、最近は小河さん達とも話すようにしているとのこと。
アシスタント間の人間関係は今後ネックになるかもと思ってましたが、案外問題化はしないのかも知れません。

ストーリー物でも笑いやユーモアはあった方が取っつきやすいってのはありますね。特に少年漫画では。
ただ、やりすぎると漫画の雰囲気が変わってしまって逆効果になりかねませんし、さじ加減が大事かと思います。

TRAPのやり方も読者に認められてきたようですが、しかしこの漫画って本当に挫折がないなあ(^^;(せいぜいプチ挫折くらい)
ハイテンポなのはいいと思いますが、漫画的に盛り上げようと思ったら、また次の障害が出て来そうなものではあります。

ラッコ11号読みてー。
しかし、平丸さんは「旅」ですか。
そのうち作中に「白いワニ3号」とか出て来そうです(^^;

これだけ新人に勢いがある状況ってのが、本当に来るといいなあ。

■べるぜバブ
葵とヒルダが激突。もうちょっと踏み込んで欲しかったかなあ。
寧々と千秋が男鹿にやられたとのことですが、本当なんですかね。
男鹿が女相手でも本気で殴る奴かどうか、よく分からないのですが、
東の人が絡んでるってわけでもないのか?

■いぬまるだしっ
「チーズおかき」は面白い作品だったのに、打ち切りで残念でした。
料理ネタは「昔の料理漫画」よりもトリコに絡めて欲しかったなあ。

■BLEACH
NO.1の人の攻撃は虚閃連射。
これだけで終わりかどうか分かりませんが、正直バラガン様の方が強そうでした。
浮竹隊長もやっと真面目に戦ってくれるんですかね。汚名挽回(byジェリド)にならなきゃいいのですか。
汚名卍解なんて、思い付いても書かないですよ?(・e・)

■ULTIMATE CHASER
読切。
最初、典型的な不良系主人公かと思ったら、実は小学生だったというのは意表を突かれました。
そして、体格だけで判断されてきたという主人公に、こちらとしても悪かったという気分に(^^;
やっぱりパッと見で判断しちゃ駄目ですな。面白かったです。

しかし、ライバルの人は最後まで大人げないなあ(^^;

■銀魂
番付もとい人気投票話。
今週のバクマン的にもタイミングが良かった気が(笑)
たとえ136位でも今週の山崎さんは輝いてたよ!(笑)
3人娘が月詠の事を知る展開を、よりによってこんな回でやりますか?(笑)
ところでこれって続くんですか?
来週何事もなく別の話でもオッケーだと思うけど。

■PSYREN-サイレン-
ネメシスQの本体のいる場所に到着。
空間にヒビが入ってるというのは、本体の人がそれだけ弱ってるという事なんでしょうねえ。
碓氷配下の億号と大河が追ってきましたが、「W.I.S.Eと戦う為に強くなったはず」という彼等は悪質な“敵”では無さそうに思えます。まあ、話が通じる人かどうかは何とも言えませんが。
少なくとも、力はW.I.S.E級に迫るものがあるのかも知れません。

マリーに操縦をまかせて優雅に寝てらっしゃるフレデリカさまに和む(笑)

■ぬらりひょんの孫
一つ目入道のくせに格好いいじゃないですか。この輝きを現代で取り戻す日はくるのでしょうか。
苔姫(っぽい姫)はまだ死んでないはずですが、どこにいったんだろう。

■SKET DANCE
いやー、微笑ましいなあとニヤニヤ。
ボッスンの子供っぷりがまた微笑ましい。

■フープメン
主人公の成長が実に気持ちいい。その成長も努力の描き方が納得がいきます。
しかし、試合展開の早さは不安要素というか、やっぱりもう決まってるんだろうなあ。

■ピューと吹く!ジャガー
また顔が変わっとるーーーー!

|

« 今週のアニメ特撮感想(6/15-21分) | トップページ | 天使と悪魔(映画) »

コメント

ワンピース
 マゼラン本当に強い!しかしここでルフィが完全勝利してもあま
 りスカッとしないので、うまく逃げ延びれた、というあたりがい
 い落としどころですかね。今後もっと巨大な敵との対戦で味方に
 なったりとかもあり得ますね。ジンベエはすごい。
 イワさんの(でっかい)顔が久々に見れて、無事だったので安心。
トリコ
 そうそう、これが観たかったんです。みんなでジュエルミートに
 文字通りの舌鼓を打つシーン!リンはキスのときに何か口移しで
 食べさせてもらって延命したのかも知れませんね?
バクマン
 漫画家としてのサイドばかりの描写じゃなく、学生との両立、も
 もう少し試験とかで苦労するようなエピソード盛り込んで欲しい
 んですけどねえ。サイコーが要点とかまとめて試験対策やっちゃ
 ってるってことなんでしょうね。
 若手が頑張ってる、劇中の「ジャンプ」読んでみたいですね。特
 にラッコを。
べるぜバブ
 オガは一応女性には手を上げないと思うんですがねえ……なにか
 の誤解で、それが解けた後益々葵が惚れちゃって、という展開に
 なりそうな気がしますが。
ブリーチ
 某所で提唱されている「OSR理論」(オサレ値が高いほうが勝つ)
 を適用すると、口上述べてる間の攻撃はOSR低下につながるらしい
 です。京楽はホントアイシールドのキッドみたいですねえ。
銀魂
 お話仕立ての人気結果発表ってのはよくありますが、それを延々
 8位・9位で前半引っ張り、後半2桁女性キャラのドロドロ会話
 とはさすが銀魂です。
サイレン
 ネオ天草の雑兵撃退したと思ったらもう主力と交戦ですか。展開
 はやいですねえ。空間内のアレは不気味なデザインながら動きが
 ファニーですね。ラピュタのロボット兵を思い出しました。
ぬらりひょん
 雪女は代替わりしてるようですが、牛鬼はそのままでしょうし、
 一つ目もかつては漢気ある妖怪だったのでしょうかね。現代編に
 戻ってからもイザというときに頼りになるというような描写があ
 ったらいいと思います。
スケット
 ヒメコも可愛いですがやっぱりキャプテンいいなあ!そして3人
 の関係もちゃんと把握してるんですよね。スイッチの、ヒメコは
 普段素直にボッスンへの信頼や好意を示せないぶん、ああいうシ
 チュエーションも楽しんでいるのでは、という分析もいいですね。
フープメン
 バクマンにあるとおりアンケート主義だとしたら、この漫画を面
 白いと感じる主な層が青年~中年で、少年誌のアンケートハガキ
 出すのに抵抗があるため票が伸びない、という可能性が。
 個人的にはもうちっとじっくりじわじわ上達して欲しかったです
 がどうにも巻きが入っているようですね。次回あたりで最終回な
 ら寂しいです。

投稿: Masa_nus | 2009年6月23日 (火) 13時32分

>ワンピ
イワさんの顔のでかさがとんでもない事になってますねえ(笑)

>バクマン
あの2人は「落第さえしなければいい」レベルの勉強しかしてなさそうです。
それでもシュージンは要領よくソコソコの点は取ってそうですが。

>バブ
余所様の感想を見てるとチラホラ「ベル坊の電撃を受けちゃったのでは」説を見かけます。
それが当たってそうな気がしてきました。

>銀魂
人気発表漫画で下位(レギュラーとしては)の人間しか出てないあたりがさすがでした。
お妙さんの上と下のゴリラ並びは神掛かっていました。

>サイレン
あー、確かにそれっぽいです>ロボット兵
早くネメシスQの謎に迫って欲しいので戦いはサクサク進めてくれればと思います。

>ぬらり
現代で一つ目が格好いいところを見せてくれると嬉しいですねえ。

>スケット
キャプテンはスケット団の理解者にして良心ですねえ。
ただ、キャプテンを見ると同時にリバース事件も思い出してしまって痛ましい(^^;

>フープメン
いい漫画なんですけど、アンケート主義のジャンプでは厳しいですかね;
サンデーやマガジン向きなのかも知れません。

投稿: でんでん | 2009年6月23日 (火) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/30221520

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ30号感想:

» ジャンプ30号感想 [刃こぼれブログ]
ジャンプ30号の感想です。 矢吹氏の目次コメントが書かれたのは、アレより先なんでしょうか、後なんでしょうか。 後なら、「ああ、色んな人... [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 01時31分

« 今週のアニメ特撮感想(6/15-21分) | トップページ | 天使と悪魔(映画) »