« 週刊少年サンデー32号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ33号感想 »

2009年7月12日 (日)

今週のアニメ特撮感想(7/6-7/12分)

■【懺・】絶望先生1話
第3期開始。
感想を一言で言うと「相変わらず」と言うべきか。
面白いけど基本的に感想が書きにくいんじゃよー。
続けて見るとは思うけど、今後は特に感想は書かないと思います。

キャラ絵はこれまでより原作寄りでしょうか。
エンドカードが沙村広明氏で吹く。

■GA 芸術科アートデザインクラス1話
原作既読。
原作は独特の味があって割と好きですが、
アニメとしてはまだ“こなれていない”感じで、ちょっとテンポがワタワタしすぎな様な気が。
絵は予想以上に原作絵を再現していたとは思いますが。

ひだまりやスケッチブックに比べて美術成分多めの作品ですが、その分美術に詳しくない人には門戸が狭そうな気がするわけで、
そういう人にはもうちょっとテンポを落とした方が伝わりやすいんじゃなかろーかと思いました。
漫画だとじっくり読めるから気にならないんですけどねー

■うみねこのなく頃に1話
原作ゲーム未プレイ。
ひぐらしはアニメと漫画を見ましたが、こちらは完全にストーリーの予備知識無し。
孤島を舞台にした一族物だったのね。いかにも惨劇が起こりそうなシチュエーションです。

登場人物が一気に大量に出てきた時はどうしようかと思いましたが(数えてみたら18人も出てる;)、
見ているうちに(多分)主要(なのであろう)キャラの人間関係は大体は分かりました。
ただ、誰と誰が親子なのかまでは、作者サイトのキャラ紹介(相関図)を見てやっと整理出来たんですけど(^^;
面白くなってくれそうな期待感はあるので続けて見る予定。

■かなめも1話
原作未読。
天涯孤独の身になったとして、借金で差し押さえとかならともかく、何故いきなり家具を引き払われるのやら。
それを頼んだ「お家の人」って誰やねん。何か陰謀でもあるのか?(多分そういう話じゃないと思います)
その場でもっと抵抗するなり詳しく事情を聞くなりしろよ。逃げてどうする;

萌え四コマの舞台作りの部分であまり引っかかっても仕方ないんでしょうけど、現実の労働基準法とか考えても意味がないんでしょうけど。
本編以前の部分で盛大に引っかかってしまって楽しめませんでした。
そういうツッコミ易い部分をもっとスッ飛ばしてくれていたらファンタジーとして流せたんでしょうけど、
半端に描写がシビアなので「気にするな」と言われても気になってしまいます。
まあ、自分には本作は合わなそうだということで。

とりあえず、実際こういう状況になった場合、相談すべきは児童相談所ですかね。

■宙のまにまに1話
原作既読。
結構綺麗にまとまっていました。
ただ、原作中でも1話は特に好きな回だったので楽しんで見られたけど、アニメとしてのプラスαはあまり無いので、
原作を読んでいればそれでいいという気がしないでもありません。

高校の頃は美術部の他に地学部に兼部していたので、妙に懐かしい気分になったりします。
読んでるとノスタルジーを感じる作品です。

■CANAAN1話
火曜深夜は「かなめも」「まにまに」「CANAAN」の3本がほぼ同時刻に重なってるんですよね。
今回は古いレコーダーも使って3本とも見ましたが、面倒なので次回からは減らすかと。
来週からは「東京マグニチュード」まで始まるし。

で、CANAANについて。
ゲーム「428」は未プレイというか、今回のCANAANアニメ化の際に知りましたが、
好きだったゲーム「街」との共通項が多いらしかったり、奈須きのこ原案だったりで興味が湧いていました。
まあ、奈須作品と言っても「月姫」や「Fate」のアニメは微妙だったんですけど。

内容への予備知識は皆無の状態で見ましたが、
本編中でもあまり親切に説明はしてくれないので、ぶっちゃけ細かい部分はよく分かりませんでした(笑)
各キャラの立ち位置はなんとなーくは分かったと思いますが、
公式サイトで補完しないと自信が持てなかったですよ(^^;
祭りの描写は見応えはあったかと思いましたが。
カナンとマリアの出会いとかはゲームで出てたりするんでしょーか。

とりあえず、捕まってた姉ちゃんや風呂に入ってた姉ちゃんと社長さんが主人公(カナン)の敵組織(蛇)の人で、
カメラマンの子が友達で、
薄幸そうな人(名前もハッコーかよ)と謎の兄ちゃんは蛇とは別組織でなんか怪しげな事(薬関係?)をやってる…
とくらい理解してればいいのでしょうか?

1話では面白いとも面白くないとも言い難かったですが、もうちょっと見てみようと思います。

どうでもいいけど「CANAAN」のスペルをすぐ間違えそうになります。

■ハルヒ15話
エ ン ド
ト   レ
イ エ ス

4回目…だっけ?

これほど見るのが恐いと思ったアニメも珍しい…

今回は前回までと比べて台詞や演出の端々に微妙な差が目立ったので、今度こそはと思いました。 最初は(・e・)

「あたしの2人の団員」(の1人)は遂に男子になったか。
キョンは15513回全部おごったのか。
お面の中にモモタロスっぽいのが。
バイトはバリエーションがあるはずだけどアニメで出るのは全部同じなのだな。
15513回とは、15499から数が飛んでるよ。15500回でキリ良く終わるのかと思ってた時期もありました。

おいこら…;;;

段々諦めの境地に達してきた…

終わりのないのが終わりなのか…

ここまで来たら本当に8回やりやがりそう…

本当にこの構成を決めた人は何を考えてるんだ…

もう作品タイトルは「涼宮ハルヒのエンドレスエイト」でいいと思った…

6話構成だとか角川の指示だとか、まことしやかな噂も出てますがどーなんでしょ。
真っ当に考えて、クリエイター側がこんな事を望んでやるとも思えないわけですが。

■バスカッシュ15話
学習しない主人公だ…
Mr.パーフェクトはイカしてました。
選手とミユキ以外は地上に残留で、これから合流出来るのだろうか…

などと思ったら、それどころじゃなかった;
フォウが必死でカミーユを宇宙に上げたらマーク2が途中で撃墜されたような、
やっと成田空港まで来たらジャンケンに負けたかのような…
そんな台無し感;

■大正野球娘。1話(関東より遅れてます)
原作未読。
いきなりミュージカルで吹く。
通学にカバンいらんのん?、と思ったら夢か;

面白いかどうかと言うと、1話時点では微妙というか煮え切らない。
とりあえずメンバーが9人揃うまでは見てみようかと。
木曜深夜は「ハルヒ」「バスカッシュ」「野球」「香辛料」と4本固まるので、出来れば1本減らしたい所ですが;

「白球少女」よりはまともに野球をやりそうだと思いました(笑)

■狼と香辛料2 1話
原作既読で前シリーズ視聴済み。
製作会社は1期から変わったらしいけど気になりません。
安定感あるなあ。ニヤニヤ。
エンディングがかわいい。

OPでエーブ他5巻のキャラが出てると言うことは、少なくともそこまではやってくれるのね。
しかし一旦エーブを出すと、キリのいいところまでやるには随分先までやる必要がありそうだけど、どこまでやってくれるんだろ。
6巻まで行けば少しはキリがいい気もするけど。
何クールか知らないけど、とりあえず期待。

■咲14話(関東より遅れてます)
ステルス登場。
完全に超能力漫画の領域に入りましたな。すげえ(笑)
「ここからが本番」と言いつつ直後にアレな透華が泣かせます。
加治木先輩男前ー

先日アップした「美術部ゆーれー」を描いてる最中に「ステルスモモ」の設定を知って、ネタ被りしてないかと恐れましたが、
深刻に被ったりはしてないよーで安心しました。

■マジンガー15話
なんてロクでもない遺言だ。

■忘念のザムド14話
このまま奴隷にされて10年以上囚われの身になったりしないだろうなあ;
(ドラクエ5や旅のラゴスを思い出す)

■化物語2話
OPが超ホッチキス攻勢。私の恋はホッチキス!?
1話とOPが違うけど、もしかしてエピソード毎にOP変えるの?

原作未読ですが言語センスが独特なのは大変よく分かりました。面白そうかと。
タイトルの「クラブ」の意味に今更気付きました; そっちかよ! カニカニー

もしかしてもう1エピソード終わりですか。早いなあ。
最後のあまりの素直な変貌ぶりにビックリ、何かオチが付くのかと思った。

■仮面ライダーディケイド24話
今回はシンケンジャーの世界。
まあ、お祭りと考えれば有りなのか? ディケイドに関してはもう感覚が麻痺してきました。
シンケンジャーの世界観が壊されないかと少し心配しましたが、脚本がちゃんと小林さんなのは良かったです。

寿司屋VS魚介類はナイスでした。カニカニー
銃を盗まれたディエンドは、泥棒される痛みが分かって良かったんじゃないですかね。

コンプリートフォームが出てからご無沙汰だった普通のカメンライドが出たのは良かったかと。
靖子にゃん繋がりで電王でしたが、銃に対抗するならガンフォームの方がいいんじゃないかなあ。

ディエンドの隙間から外道衆が出てくる演出は笑いました。確かに隙間だらけだ(笑)
あの隙間って時々パテで埋めたくなるわあ。

予告で「この世界に最初のライダーが現れたのだ。ディケイドのせいで」とか言ってますが、どう見てもディエンドのせいじゃね?(^^;

■ハガレン15話
中華組登場。
完全に旧アニメでは描かれなかった領域に入りましたが、高速展開っぷりは変わらなそうかなあ。
特にエピソードもなくブラックハヤテが出ておる。ヨキさんに比べれば何の問題もないけど。

|

« 週刊少年サンデー32号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ33号感想 »

コメント

 GA。原作では気にならなかった如月ちゃんのずり落ち眼鏡が、アニメの画面ではすっごい気になって。アニメ絵にする時にアレンジが必要だったんではなかろうか、と思いました。話の方は、んんー……原作ファンだから、次も試しに見ると思います。

 かなめも。『視聴者限定。』という感じ? 肌に合わない人には徹底的にダメでしょうね。

 大正野球娘。1話は山が全然なく、つかみはバッテン。でも、ウェブラジオが面白いので、とりあえず見る。「話す前に、うん、と言ってくださらないといけないわ」の後に、「現役時代の長嶋茂雄のモノマネをやっていただきたいの」というお願いが入るかとハラハラしました。

投稿: ふよん | 2009年7月12日 (日) 22時14分

>GA
ずり落ちメガネは確かに、自分も原作では気にならなかったのにアニメで初めて気になりました。
画面の小さい四コマ漫画に対して、アニメだとどアップが大きすぎたからかなあ?
自分も続きは見ますが、感想はあまり書くことが無さそうな気がします。
原作、好きなんですが、比較するなら個人的にはクロの方が好きだったりして。

>かなめも
「家追い出され設定の不条理展開」「新聞業界的なアレコレ」「ガチレズ」など、
1つ2つは気にならなくても、どこかにマイナスフックを感じる人がそれなりにいそうだと思いました。絵は可愛かったですけどね。
自分は上記の1つめで引っかかったので次からは止めときます。

>野球
プラス要素のつかみは弱いけど、マイナス要素も少なめという印象でした。
「うんと言ってくださらないと」の部分は、ネタにしやすそうですね(笑)

投稿: でんでん | 2009年7月12日 (日) 22時50分

>靖子にゃん繋がりで電王

どちらかというと、侍戦隊の世界に倣って侍(桃太郎)ライダーで、という対抗なのかなと。

先週の14戦での装甲響鬼は、デカブツ退治のプロ、
来週予告のキングフォームやFFRブレイドブレードは、シンケンレッドの烈火大斬刀とからめて大剣祭り
といったところでしょうか

投稿: | 2009年7月16日 (木) 00時34分

侍戦隊で和風と言うことなら、まだ(1話と装甲を除いて)普通にライドしてない響鬼にも変身して欲しかった気もします。

来週はやっぱり大剣祭りなんでしょうねえ。
キングフォームは、劇場版剣繋がりなディエンド編で出すべきだったのではという意見も見ましたけど、次週の為に取っておいたと言うことでしょうか。

というか、来週のFFRブレードは「誰を」くすぐったがらせるのやら、謎です。
本物の剣が出る流れとも思いにくいし、ディエンドに召喚させるくらいしか思い付きませんが。(ディエンドの銃を取り戻した後で)

投稿: でんでん | 2009年7月16日 (木) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/30516700

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(7/6-7/12分):

« 週刊少年サンデー32号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ33号感想 »