« 週刊少年ジャンプ39号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:8/22-8/24分) »

2009年8月25日 (火)

お台場ガンダムとサマーウォーズ(2回目)感想

■8/23(日)に東京で
コミティアに行って(一般)、お台場ガンダムを見て(昼と夜)、サマーウォーズ2回目を見てきました。

■ガンダム
8月末までということで半ば見ることを諦めてましたが、急遽行くことにしました。

やはり行って良かったですよ。
自分はどちらかと言うとジオン派でRX-78にはそれほど大きい思い入れは無かったにもかかわらず、
やはりアレは実際に見ると感動してしまいました。
ゆりかもめから見えた遠景も直近での近景も、「非現実的で凄い違和感があるくせに、妙に高い臨場感を感じる」という不可思議な説得力があって大変楽しめました。

昼・夕方・夜の全ての状態が見られたのも良かったかと。
夜のライトアップされた状態でのミストショーは大変美しかったです。

それにしても、18mのサイズを実際に見ると、やはりでかかった。
しかしまあ、やっぱり18mの人型兵器なんてものはやはり非現実であり得ないなあと思いました。
4年前に原寸ボトムズ(4m)を見た時には「まだアリかも」と思ったんですが(^^;
18mのあの大きさで腹のコクピットまで登るとか肩に乗って人間の手でメンテするとか、無いわ(^^;
ワッパでアレに接近するのを現実的な感覚で置き換えると、歩いてくるアレにバイクで突っ込んでいくような物でしょうか。
めちゃくちゃ怖そうで、完全に自殺行為ですよ(^^;;;

あのガンダムが収まるホワイトベースなんてものは更に想像外な大きさであろうと思えました。
イデオン(105m)あたりだとアレよりさらに5.8倍の大きさ… なんて無茶なサイズだ;
また、
ボトムズ(4m)だったらふくらはぎ(ダム)の下ラインあたりだろうかとか、
パトレイバー(イングラム・7.9m)やダンバイン(6.9m)だと 膝アーマーあたりだろうかとか、
ダグラム(9.6m)やレイズナー(9.5m)だと股下あたりだろうかとか、
色々妄想してしまうのはロボオタの常ですね。
エネルガーZ(18mくらい?)だとあの高いガンダムの頭辺りでむき出しでバイクに跨っているのだなあとか(恐っ!)、
ザブングル(17.8m)のキャラだとガンダムの頭くらいの高さでもハシゴも使わずに登っちゃうのだなあ等々と、色々妄想全開でありました。


昼ガンダム




お台場で君と握手!
左はP2さん(仮)


夕ガンダム


夜ガンダム

■サマーウォーズ(2回目)
と言うわけで2回目を見ました。
初回感想はこちら

ストーリー自体はシンプルながら、大人数が入り乱れて状況もどんどん変化する映画なので、
初見では見ながら脳内整理が追いつかない部分もあったと思うのですが、今回は余裕をもって十分に楽しめました。

登場人物それぞれ皆が主人公だと言える作品ですが、
初見時にはやはり健二・夏希を「主人公」として注視して観始めていました。
そのため見落としていた所も多かっただろうと思えたので、今回は最初から「家族達」にも注目して観てみたところ、
家族達のそれぞれ皆が序盤からきっちり個性的に描かれていたことがよく分かって面白かったです。アバターも含めて。
(2回目以降見る人は、家族の誰がどのアバターを使っているかをある程度把握して観直すと、より楽しめるのではないかと)
回数を重ねる毎に楽しみがある、スルメのような映画だと思えます。

健二については、初見時には「主人公としてはキャラクターが弱い」とも思えたのですが、
あらためて見ると立派に主人公をしていたのだと思えました。
皆がどう動くべきか迷った時に「道を示せる」者は立派にヒーローだなと。
そして「おばあちゃんの精神」をケンジもきっちり受け継いでいたのだなと。(夏希も佳主馬も他の家族も同様に)

しかし、本作最大のヒロイン(むしろヒーロー)は、やっぱりおばあちゃんだなあ。
歯の抜けた笑顔が素敵だー!

本当に、娯楽映画としてよく出来た作品で楽しかったですよ。

|

« 週刊少年ジャンプ39号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:8/22-8/24分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/31095331

この記事へのトラックバック一覧です: お台場ガンダムとサマーウォーズ(2回目)感想:

« 週刊少年ジャンプ39号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:8/22-8/24分) »