« 今週のアニメ特撮感想(後半:9/12-9/13分) | トップページ | 天満橋のアヒルプロジェクト »

2009年9月14日 (月)

週刊少年ジャンプ42号感想

■賢い犬リリエンタール
新連載。以前の読切がいい感じだったので楽しみにしていました。
今回の第一話も、シリアスな展開をほのぼのとした調子で描いていて期待が持てそうかと。リリエンタールの平和なキャラがいいですぞ。

以前は(たしか)無かった不思議な能力設定が付いてますが、はっきりは分かりませんが、人の思いを具現化しちゃうような能力なんでしょうか?
あまりバトル展開にはならずにおかしなほのぼの展開に使ってくれればと思います。

日野・兄って、何故兄は名前が無いのやら(^^;

読切版で出た怪盗紳士なんかもまた出て欲しいですね。

■NARUTO-ナルト-
雷影の方を応援したくなるのは何故なのやら。

■べるぜバブ
東条は動物好きのいい奴なのか。
でも行方不明の赤ん坊を見つけたら警察に行こうよ(^^;
「悪意」は無いけど常識も無いのね。

「悪意」については、男鹿はそんなに悪意が強いだろーかとやや疑問。

医者助手の新キャラはいい感じじゃないでしょうか。

■保健室の死神
顔が怖いだけでそんな怖がらなくてもなあ。

1話では、レギュラーヒロインのいない硬派な路線で行くのだろうかと思いましたが、普通に好感の持てる女子キャラが登場。いいことです。

■BLEACH
うーむ、やっぱりバラガンの方が強いんじゃないの?
まだ奥の手があるかも知れませんが。

「(孤独な)一匹狼がいっぱい」と考えるとちょっと笑えます。

■黒子のバスケ
緑間…、なんてオカルトな…

■トリコ
無事に生きたたんだなあゾンゲ様。特にお変わりないようで(←主に性格が)良かったです。

グルメタウンの描写は少年心を刺激しそうで良かったかと。
トリコはよくカードを無くすとのことですが、戦っていて壊れちゃったりもありそうだ。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
浮遊する地球儀なんてあるんですね。コレとかコレとかですか。いいなあ。
途中までは学習漫画的で面白かったです。

■SKET DANCE
いい話ですが、キャプテンがよくドロップを「1日1個」で我慢できたものだと思いました。無意識にバクバク食っちゃいそうだし(^^;

■ぬらりひょんの孫
何故封印をたった1人の陰陽師に護衛も付けずに守らせてるのかと思ってましたが、花開院内部でごたついていたわけですね。現場にしてみれば迷惑な話だなあ。

そんな花開院も、第一~第三の強力そうな三人で戦う様子。今度はそう簡単にはやられなさそうな雰囲気のキャラ達ですが、
しかし、「羽衣狐の部下」を相手に戦うというなら善戦も出来そうですが、ボスの羽衣狐様本人が相手では勝てるわけもないだろうなあ。

■銀魂
ブサイクな猫も可愛かったりするよね。
今回もバカワイくて面白かったですが、やっぱりシリアスな展開になっちゃうんでしょうか。

■バクマン。
確率は半々かと思ってましたが、駄目でしたか。
打ち切りのパターンは中井さんの方で描いて、サイコー達はギリギリ生き残るかと思いましたが、
打ち切られてのリアクションも中井さんとサイコー達とでは違っていたので、その展開を描く意義はあるのかなと。
ともあれ、中井さんの職場では働きたくないと思いました(^^;

蒼樹さんは、これでまた間界野昂次と組ませようとするなんて展開も有り得るでしょーか。と言うか、間界野昂次ってその後ちゃんとSQで描いてるんですかねえ。

次回は新年会でしょーか。
エイジと会うことになりそうですが、エイジがTRAPの終盤の展開をどう思っていたのかが興味があります。

18歳までにアニメ化なんて現実味の薄い展開になるより良かった気もしました。
いや、打ち切られた後で追加単行本効果もあって人気が出て、短期で深夜アニメ化…なんて可能性も無いでは無いか?(武装錬金的に)(むしろ小畑先生的にあやつり左近か。推理物だし打切り後にアニメ化だし)
TRAPって深夜アニメの方が向いてそうだし。

■PSYREN-サイレン-
この時代ともお別れですか。切ないなあ。
「この未来」がパラレルワールドとして別れたら、この時代のチルドレン達とも会えなくなるわけですが、ヒリューと朧と再会しないままで終わりはしないでしょうから、また「歴史が変わっていない未来」には来ることになるでしょうね。
それでも、今のアゲハ達が無事に現代に帰って情報を伝えれば、祭先生や影虎やイアンは生き延びられるかも知れないし、(現代でもエルモア達に未来のことを話せるなら(←話せるのは「根の者たち」なのでそれが現代でもOKかどうか曖昧なんですよね))エルモアウッドにも何らかの影響がありそうだし、
次に未来に来るときには、また未来の子供達には会えるかも知れないけど、彼らの状況や記憶は変わってるかも知れないですね。

アゲハにラブラブなマリーに対して雨宮は何か思うところは無いのだろうかと思ってましたが、どーなんでしょう。
何も言わないのは、マリーの想いが叶うことはないと分かっているからなんですかね。

■ピューと吹く!ジャガー
不動くんは、ジャガーと出会ってもそれほど落ちぶれたり人生が壊れたりしてない、珍しいキャラかも知れない。

|

« 今週のアニメ特撮感想(後半:9/12-9/13分) | トップページ | 天満橋のアヒルプロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/31367006

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ42号感想:

« 今週のアニメ特撮感想(後半:9/12-9/13分) | トップページ | 天満橋のアヒルプロジェクト »