« 今週のアニメ特撮感想(後半:9/26-9/27分) | トップページ | 週刊少年サンデー44号感想 »

2009年9月28日 (月)

週刊少年ジャンプ44号感想

■BLEACH
狛村隊長ぬいぐるみが可愛いじゃないか。

「他人の戦いに途中で手ェ出」したのはラブの方が先だったような気がしないでもないですが、その時には京楽は埋もれてたんでしたっけ?(ウロ覚え)
ともあれ、「流儀に酔って(世界の危機が賭かってるような戦いで)勝ちを捨てるのは三下のすることさ」の台詞は一角あたりに聞かせてやりたいと思いました。
ところで浮竹はどこいった?

設定では隊長よりも仮面の軍勢の方が強いはずですが、スターク戦とかを見ているとそうとも言い切れないようで。
まあ個人個人次第なんでしょうね。

藍染様はやっと自分で戦う気になったんでしょうか?
それとも「行くぞ」の言葉通りにどこかに立ち去ってしまう可能性もあるか?

■ONE PIECE
ブルック編最終回。先週の誘拐と作曲がどう繋がるのかさっぱり分からねー(笑)
とりあえずパンツの「ご恩返し」は作曲することだったのか?

バギーが「何を言ってもファンにいいように解釈してもらえるクラウザーさん状態」で笑う。頑張って成り上がって頂きたい。

エースの親がドラゴンじゃないと知ったイワさんの行動方針がどうなるかと思っていたら、とりあえずルフィのガードだけを最優先することに決めたのね。
そして、イワさんの“くま”への反応からすると、やはりくまは革命軍の同士ってことなんでしょうね。

モリアがゾンビを出しましたが、今の時間って何時頃でしたっけ?、ゾンビが動けるってことは陽は落ちてるのか?(追記:日光が駄目なのは影を盗られた人間の方とコメントで指摘頂きました。うっかり勘違いしていてお恥ずかしい)
ところでこれだけ海兵のゾンビを出せるなら、やっぱりかなりの人員がこの戦いで死んでるのね。
どのみち、再生怪人の法則的にゾンビもあまり役に立たないのではと思ったら、案の定海水で一気に無効化されてしまいました。頼りになるなあジンベエ。

エースとしてはルフィに「来るな」と言うのは当然の親心…もとい兄心でしょうねえ。もっともこの状況でルフィがそれを聞くわけもないですが。

そんな中でルフィの親の事も全世界的にバラされてしまいました。もっとも、読者としてみれば未だにドラゴンがどういう形で有名なのかがハッキリ分かっていないのがネックではあります。
この戦いが終わったら、そろそろドラゴン本人の描写も描いて欲しいところです。ロビンが革命軍と接触したりしてることからも、遠からず描かれるのではと期待していますが。
それはさておき、ルフィがここにいることが世界中に中継されたのなら、バラけてしまったルフィの仲間達にもルフィの現状が伝わるでしょうか。
…もっとも、ニュースなんて伝わらなさそうな場所にいる仲間が多そうな気もしますが(^^;

白ひげがルフィを気に入った様子なのはニヤリと出来ます。

■銀魂
尻尾サーベルすげー。ちょっとエグイけど。
人間に戻れたらどーなるのかね、これ。

ライオン(?)に襲われた猫たちは今こそ抜刀牙を会得すべきだと思いました。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
川平のおじさんて;
回想シーンが無ければ思い出すことも出来なかったよ;

■いぬまるだしっ
撃てねええええ!!
叩けねええええ!!

■SKET DANCE
「2年連載してる主人公とは思われへんでー」
まあ、あやとりが得意なのび太みたいなものと思えば十分少年漫画の主人公としてOKなんじゃないでしょうか?(笑)(「少年ジャンプで」という括りは無視してますが)

指を刺せるくらいの折り鶴ならスケバン刑事の姉の武器としても通用しそうだと思いました。

創作折紙って凄い人はとことん凄いですよね。

■トリコ
セツ婆1人でもフルコースの食材の調達はお手の物って、美食屋だけでなく料理人もやはり戦闘力は必要なのか?(^^;
まあ、戦闘力についてはセツ婆が特別なのかも知れませんが、頑張れ小松。

今回は料理描写が凝っていましたが、食べる描写はこれまでと比べてあっさりめですね。特に問題のスープの方。
最後の引きからすると、センチュリースープにはまだ先があると言うことか?

■賢い犬リリエンタール
そばにいる人間の心が能力の引き金になると、
別の部屋にいるくらいなら「そばにいる人間」扱いになっちゃうのね。
今回のライトニング光彦はいいキャラでしたが、これはうっかりリリエンタールのそばで地球滅亡物の作品とか見られないですな(^^;

バスや階段に加えて、風船兵士も残ってレギュラーになっちゃうのか?(笑)

■保健室の死神
本好くん恐えー。

しかしアシタバって主人公として魅力無いなあ。狂言回し役だから仕方ないのだろうけど。

作者がメガテン信者というのはなんだか凄く納得しました。自分はSFCくらいの時代までしかやってないですが;

■べるぜバブ
男が風呂の窓を開けたら外に男がいるとは、なんて嫌なTo LOVEるだ。

神と姫は仲間になっちゃうのか?
一度戦った相手が仲間になるとはジャンプ漫画らしい(笑)

■バクマン。
シュージン… 「担当にギャグっぽいの描けって言われて頭に来てる」ってあーた。
サイコーとエイジの意見を聞くまでは乗り気になってたじゃん!?
シュージンは本っ当に主体性が無さ過ぎ。他人の意見に流されすぎです。

亜城木VS港浦さんは、揉めてますねー。
担当との口論は悪くないと思いますが、月例賞に勝手に出すってのはさすがに港浦さんの顔を潰しすぎじゃないですかね。

中井さんは、まあ仕方ないかと。

■ぬらりひょんの孫
リクオが幼い頃に羽衣狐に会っていたとは、なかなかいい因縁を出してきました。
リクオの父は、狐の呪いで死んだのではなく直接殺されていたのね。

遠野の若い連中が仲間に加わってくれたのは心強いですが、奴良組のメンバーとの力量差ってどれくらいなんでしょうね。奴良組の面々があまり埋もれてしまっても悲しいものがありますが。

つれていってほしかったとカミングアウトする赤河童様がかわいい。

拾った木の棒って、これからも活躍するんですか?(^^;
それはそれで格好いいかと。

■PSYREN-サイレン-
子供達との再会はほのぼのしました。

アゲハ父は、なんだかものすごく「全てを知っている」オーラがバリバリ出てますが、どういうことなんでしょうね。
とりあえず、次にサイレン世界に飛ぶ時までに「東京の研究所」には行ってみて欲しい物です。

祭先生とも無事に再会出来て良かったかと。

今回の雨宮さんは表情がコロコロ崩れまくりで素敵でした。

■めだかボックス
校舎を引きずる女子校生とは凄い。
しかしこれくらいハッタリを効かせてくれた方が面白い気はします。

■鍵人-カギジン-
覗き魔の変態にダメージを受けて喜ぶ変態ですか。変態大集合だぜ!?

この漫画はやっぱり異能力者の強敵をもっと早い段階でバンバン出しておくべきだったと思いました。
もう打ち切りコースに乗っているのかまだ生き残りの余地があるのか分かりませんが、4週連続巻末(ジャガー除く)だしなあ;

|

« 今週のアニメ特撮感想(後半:9/26-9/27分) | トップページ | 週刊少年サンデー44号感想 »

コメント

はじめまして。
ふと気になったので初コメさせていただきます…
リリエンタールですが、「そばにいる人」っていうのはもしかすると「一番そばにいる人」、ということではないでしょうか?

投稿: | 2009年9月28日 (月) 22時37分

うーむ、どうなんでしょうねえ。
1話を見ると、実際対象になった「女の子」とてつこの間にリリエンタールは座っていましたが、距離は、同じくらいとしか判別出来ない位、
2話だと、兄とてつことどちらが近いかよく分からないですね(^^;
まだサンプルが少ないのでなんとも言えないですが、一番近くにいる人が100m位先にいる人でも通じるのかどうか興味深いです。

3話を見ていると特に「強い思い」である必要も無さそうですし、かなりアバウトな能力なのかも知れません。

投稿: でんでん | 2009年9月28日 (月) 23時17分

どーも始めまして。
ちょっと気になったんですが「影をとられた人間が日光に当たると消える」だけでゾンビは光にあたっても大丈夫じゃありませんでしたっけ?

投稿: | 2009年9月29日 (火) 09時10分

あ。

そう言えば日光がヤバイのは影を盗られた人間の方でしたね。勘違いしてました(^^;
御指摘ありがとうございます~。

しかし、考えてみると今回出たゾンビの「身体」はこの戦いで死んだ海兵なり(あまりいなかった気もするけど)海賊なりの死体だとしても、
「影」はどこから調達したものなんでしょう。
影も現地調達してるのか、手持ちのストックがあったんですかね。
(現在外なのでジャンプを確認出来ませんが)

投稿: でんでん | 2009年9月29日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/31548918

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ44号感想:

« 今週のアニメ特撮感想(後半:9/26-9/27分) | トップページ | 週刊少年サンデー44号感想 »