« 週刊少年サンデー40号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:9/5-9/6分) »

2009年9月 4日 (金)

今週のアニメ特撮感想(前半:8/31-9/4分)

■GA 芸術科アートデザインクラス 9話
台風がタイムリー;
おにわとり様VSイロドレンジャーの辺りが冗長でした。あそこはオリジナルなのか単行本未収録部分なのか?
(頭と最後の話は単行本にあったけど)

「ポコ」が良いね。

■うみねこのなく頃に 9話
狼と羊のパズルはレイトン教授でやったなあ。
今回の死者は2人で合計10人。殺人手段はやっぱり魔法でした。
またこれで「現実的な手段で実行可能か」を検証するのかも知れませんが、
…しかし、バトラがこれまでの全ての事件を「現実に実行可能」と証明出来たとしても、
「=魔法が存在しない証明」にはならない気もするんだけどなあ。落とし所はどうするのやら。

とりあえず、傷口をえぐるのは勘弁して欲しいと思いました;

前回「死者を辱める」とか言っていたので、てっきりカノンくんの遺体を下半身だけ出して湖に突っ込むのかと思いました嘘Y。

■東京マグニチュード8.0 8話
うううううううむ;;;;;
これってどう見てもどう考えても「そういう事」だよなあ;
正直甘く見ていました。まさかこんな展開になってしまうとは…;
どこまでが夢でどこまでが現実か分からなくなる悪夢のような繰り返し演出が物凄くキツいです;
つまり、今の未来は「一泊した学校で出会ったお婆ちゃんのような状態」…という事だよなあ…。
やっぱり東京タワーでのアレが原因だろうなあ…。
悠貴のバッグが重いのってそういう事?、よく知らないんですが病院自体にそこまで施設があるんですかね?
それでも、あのカバンに収まるほど小さくはないだろうし、さすがにそれは違うかなあ。
次回も「この演出」のままで話が進むのだろうか…。ううううううううむ;;;;;;

↑というのが1回目を見ての感想。
その後2回目を見ましたが、
「諸々の手続き書類」とか「病院を出た後一言も悠貴と話さない真理」とか「真理さんの悠貴に関しての言動」とか「真理さんの『ごめんね』」とか「2人分しかない寝袋」とか「いるはずの場所にいないラストシーン」とか、色々と不自然に見えながらも、
「無事」だと受け取れなくもないようにも見えるのが意地が悪いです…。
後半真理さんの態度がおかしいのも「娘が心配だから」とも取れるしなあ。(それだとやっぱり「ごめんね」とかは説明がつかないわけですが)

「絶対にうちまで連れてってあげる」の台詞だとか、未来は「認めたくない」ながらもやっぱり分かってるんだろうなあ…

ラストの滝川クリステルによると真理さんの娘もヤバイのだろうか?
と言うか、いつにも増して露骨に「予告」していたなあ。

(一晩経ってから追記↓)
元気な頃の悠貴を思い出してしまってなかなか眠れませんでした;
我ながらかなりショックだったらしい。いい子だったのに…。

ネットを見てると「書類」とかが本物そのままだそうで…;

■CANAAN 9話
とりあえずカミングスの運命が一番気になります。

■宙のまにまに 9話
他校との交流とはいいねえ。青春だねえ。
うちの高校は美術部も地学部も何も交流は無かったですよ(・e・)

黒衣鯖人がそのまま出るとは思わなかった(笑)
今となってはネタが古い気もしましたが、…最近「無限の住人」もアニメでやってたんだっけ?(未見)

■涼宮ハルヒの憂鬱 23話
溜息の4
キョンぶちキレの回。そりゃあキレもしよう。
とりあえず今回の内に和解の部分までいってくれたのはストレスがたまらなくて助かりました。
しかし、原作でも思ったけど、ハルヒはキョンに対してはともかく、みくる達に対しては何の謝意もないままだなあ。

(個人的にはあまり好きじゃない)本エピソードも、自分勝手だったハルヒがこの先変わっていく切っ掛けになる話なので必要ではあるだろうけど、
でも、やっぱりこの話って(キョンのハルヒへのある程度の信頼を描いた)「孤島症候群」よりも前にやるべき話だよなあ。
書かれた順番の問題もあるだろうけど、人間関係の成熟度合いも孤島やエンドレスより逆行してるし。

その辺りの違和感については原作からしてそうなんだけど、
アニメはアニメで原作から時系列を変えるなり、なるべく違和感が出ないようにシナリオを調整するなりしても良かったと思うんですけどね。
(まあテキーラは甘酒にはなってたけど(苦笑))
文化祭との絡みや、既に放送済みの1期との絡みもあるから時系列変更は難しいかも知れないですが。

■狼と香辛料2 9話
今回も良いイチャイチャでしたが、そろそろ不穏な空気が流れ出したところで次回に続く。

ところで本作って、BDの情報を見ると1クールなんですかね。(3話×全4巻)
だとしたら5巻までで終わりで、とてもキリが悪そうだなあ。
まあ、キリのいいところまでと言うと9巻までやらないといけないので、2クールでも少し厳しいんですが。(7巻は短編なので除外としても)

■バスカッシュ! 22話
思ったよりあっさり記憶が戻ったなあ。
まだ悲劇フラグは消えてませんが。

珍しく試合に出たと思ったらすぐにリタイアする姫が可哀想だけど、ある意味お姫様らしい。

■大正野球娘。 8話
別の魔球を覚えるより、まず捕れるように練習する方が先じゃないかね。

映画出演の回。まあ出演と言っても…割とオチは読めたけど(笑)。最初に説明しとけよというのも野暮か(^^;
とりあえず良いラブコメでした。
メガネは策士だなあ。

|

« 週刊少年サンデー40号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:9/5-9/6分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/31234240

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(前半:8/31-9/4分):

« 週刊少年サンデー40号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:9/5-9/6分) »