« 2012(映画) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(前半:11/23-27分) »

2009年11月25日 (水)

週刊少年サンデー52号感想

■ハヤテのごとく
5周年ですか。作中時間では始まってから…、まだ半年経ってないんですね。
悩んでるだけで1話が終わってしまった今回のペースの遅さからすると無理も無いか;

ハヤテにとってのターニングポイントであろう今の展開の中で、ヒロインのはずのナギが全然目立ってない気がしますが、最後の1日では何か出番はあるんでしょうか。
さすがにこういう場面では(アテネに対抗し得る位の)ヒロインらしさを見せて欲しいところです。

■結界師
母親が全然味方キャラとは思えないですよ。なんて禍々しさだ。

■史上最強の弟子ケンイチ
師匠達の安心感が素晴らしい。不安要素はケンイチだけだなあ。

■マギ
「王の選定」ってのが、各国クラスの王を想定しているのか、全世界レベルで考えているかで今後の展開が決まりそうかなと。
全世界レベルだとすると、最終的には「天下一王武闘会」みたいになっちゃいそうであります。

次回出てくる「アイツ達」ってのは誰でしょう。普通に考えればアリババやモルジアナだろうけど、他のアラビアンナイト的有名キャラって可能性もあるのでしょうか。(今一思い当たらないですが)

■MAJOR
おお、「ゴシュ」が「ゴスン」に進化している。(進化?)

とりあえず無事でしたか。
もっとクライマックスで来るかと思っていた『死の瀬戸際でおとさんに「こっちに来るな」と言われるイベント』もなんだか至極あっさり終わってしまったようで、
この事故は案外あまり引っ張らないんですかね?(普通なら凄く引っ張りそうなんだけど)

先日TVでラピュタを見ていて、
つい「目に! ゴミがー!」とか思ってしまって困りました。

■境界のRINNE
父親の発言からすれば、母親も父と同類なんですかね?
魂子おばあさんにも出てきて欲しいところですが。

■神のみぞ知るセカイ
将棋少女七香のエピソードのはずですが、なんだか天理(ディアナ)の方がメインって感じになってますね。
まあ、天理(ディアナ)に対しての桂馬の攻略方法バレは必須イベントだったので、必然的な展開とも言えます。

次回は「神VS神」の戦いと言うことで興味深いです。
何が興味深いって、もしもこれでディアナが桂馬に勝ったり、負けても善戦したりすると、
相対的に「悪魔の潜水艦ゲーム」で桂馬にボロ負けしたハクアのへっぽこさが強調されてしまうあたりがとても興味深い。

ところで、桂馬の計画したところでの「たった3局で作るハッピーエンディング」だと、七香が天理に勝った時点で心のスキマは埋まっちゃって、桂馬のキスとか必要無いんじゃないですかね。

道ばたで将棋を打ってる図がシュールです。

■絶対可憐チルドレン
ティムとバレットも転校してくる予定ですか。
皆本の口ぶりからするとチルドレンと同じクラスに、と言うことになりそうですが、
この2人の年齢ってどうなってたっけ?;

■アラタカンガダリ~革物語~
なんだか味方も敵もイチャイチャです。これで現世でオリベに看病されるアラタでも出てくれればトリプルイチャイチャが見られただろうに。

門脇が女の子に絆されて人間が丸くなっちゃう可能性もあるのでしょうか。
その場合、十二神鞘の手でミヤビが消されちゃいそうなんですが。

■はじめてのあく
む、正義妹も学校に来ますか。
ラブコメ度が上がりそうでいいことです。

考えてみればラブコメ面でのキョーコのライバルっていなかったんですね。
一時ジローの故郷の吸血鬼少女がそうなるかと思ったけど違ったし、
乙型も現時点ではラブ面でのライバルと言うにはちょっと違うし、みのりんは全然違うし(笑)

■月光条例
いつも以上に色々考えている月光にビックリです。
ツクヨミに参加していた有名所のおとぎばなしキャラが一斉処分されたり、かつて戦ったキャラが集結してきたりと、なんだか凄く「終わりが近そうな匂い」が漂ってますが、どうなんでしょう。

助っ人としてはシンデレラと赤ずきんでおしまいですかね。
月光が桃太郎の相手をする間に“犬猿キジ”の相手をしてもらうにはもう1人味方が欲しいところですが、そこはイデヤにまだ出番が残っていると考えるべきでしょうか。

■金剛番長
先週ラストの外道人文字はギャグとしか思えなかったけど、今回は予想外にハードな展開でした。
さすがにあの状況で「子供達は都合良く誰かに助けられていた」と言うのは無理があるでしょうし、本当に死んだのでしょうか?
(無理に「無事だった」事にしようとすれば、外道番長が“演出として殺したように見せかけてた”ことにするくらいしか思いつきませんが、どうだろうなあ)

暗黒四天王のうち、憲兵は居合、外道は卑怯と対戦相手が決まったように思えます。
順当に考えれば四天王の残り2人の相手は剛力、念仏なんでしょうけど、
果たして念仏にそこまでの活躍が出来るのかどうか、注目したいところです。
まあ、他の仲間の番長達もいるし、文学やドリルも出てくるだろうし、単独で対戦するとは限らないですけどね。

◆アーティストアクロ(クラブサンデー)
やっぱりアクロの身体の時間を遡らせて生き返らせるとかなんですかね。
その場合、アクロの記憶とかは影響ないんだろうか。

|

« 2012(映画) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(前半:11/23-27分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32359418

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー52号感想:

« 2012(映画) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(前半:11/23-27分) »