« ONE PIECE FILM STRONG WORLD(ワンピース劇場版)(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ2号感想 »

2009年12月13日 (日)

今週のアニメ特撮感想(後半:12/12-13分)

■ささめきこと 10話
車が車が!!
ああいう爆発が一見ギャグでは済みそうもない世界に見えるのにギャグで済んでしまうあたりが素晴らしい。

純夏は合宿の方の日程をずらしてもらうことは出来なかったのかと思ってたけど、ちゃんと作中でフォローしてましたね。
娘の同人を手伝ってきた母すげー。
乗り気じゃなかったはずなのに50ページも原稿書いちゃったり誤字を見過ごせない純夏もすげー。ノリノリじゃないか(笑)
ハプニングの連鎖がまた凄すぎます。母まで巻き込むとはなんてファイナル・デスティネーション。
と言うより、母ドジっ子か!?

■とある科学の超電磁砲 11話
美琴VS木山先生と木山せんせいの過去。
バトルは迫力がありましたが、子供達との触れ合いシーンが原作より増量で辛さが倍増です;
鬼畜だなあ学園都市。

「想定してなかったんですか!?」のツッコミは無し。
あれは外して欲しくなかったなあ。(けして悪人ではない木山先生のキャラ立て的にも)

次回、ちょうど1クールでレベルアッパー編も終わりでしょうね。

■侍戦隊シンケンジャー 42話
結構活動範囲広かったのね。
日本に大きな隙間を作って地獄を現出させる、と。「隙間」の設定を上手く使ってきましたね。
十臓の存在も人と外道の隙間に見立てるとは、上手いなあ。

自分で十臓の家族を刀に使っておいて「家族の為」とか言って十臓を使おうとするアクマロが外道すぎる…って褒め言葉ですか?(^^;
まさに「お前が言うな」状態。

■仮面ライダーW 14話
犯人は怪しい2人両方でしたか。マネージャーの方はあれは首になっちゃうんですかね。

舌打ち姫だった若菜姫が魅力的に思えてくるのが面白いところでした。
若菜の正体を怪しみながらも結論を先に伸ばそうとするフィリップが、普段の彼らしからぬ「人間的な弱さ」を見せているのが興味深い。
なかなか切ない展開になってきましたが、悲劇展開になっちゃうのでしょうか。
悲恋展開と言うか、若菜とフィリップって姉弟なんですかね、やっぱり。

ところで翔太郎もフィリップの「真犯人が別にいるはず」の部分をスルーでいいのか?(^^;
結果的には今回の真犯人は婿殿が処分(ヒィ)しちゃったみたいですが。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 36話
レイブン中将がいつ斬られるかとワクワ…もといドキドキしながら見ました。
意識があるままコンクリ生き埋めとは、ベスト5に入りそうな嫌な死に方だなあ。

|

« ONE PIECE FILM STRONG WORLD(ワンピース劇場版)(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ2号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32595603

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(後半:12/12-13分):

« ONE PIECE FILM STRONG WORLD(ワンピース劇場版)(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ2号感想 »