« 週刊少年ジャンプ2号感想 | トップページ | 夜のアヒルちゃん »

2009年12月18日 (金)

今週のアニメ特撮感想(前半:12/14-18分)

■うみねこのなく頃に 24話
すっかりドロンジョ様みたいになっちゃったなあ>ワルギリア様
子供達の反撃ターンに入ったかと思いきや、どんどん死んでいって残ったのはバトラとマリアだけ。
…どころかゲーム自体が途中終了?
どーなるんだこれ;

長々やってきた妹の話も本編には全然絡んでこないし、このまま終わりって事さすがに無いだろう…と思うんだけど。
しかし、普通なら意味を持ちそうなジェシカや霧江の忠告も本編に絡まないまま終わっちゃうし、案外妹も放置で終わるかも知れない;

■そらのおとしもの 11話
OPで出ていた謎の女の子(…?)登場。
期待していた人もいただろうに、ひでえ(笑)
もう見慣れてるのかよ!?>ぱんつ(笑)
あんな説得で智樹に協力しちゃう先輩は困ったものだ(笑)
智樹の変態っぷりは全然『ちょっぴり』じゃないよ、そはら(笑)
とれーにんぐかよ!>ED(笑)
演技指導してる先輩が(笑)
あー、ひどい話だった(笑)
にゃ。

智樹の「女湯入りてーっ!!」は、原作同様にもっと、無駄に格好いい顔で言って欲しかった気もします。

ニンフの首輪のカウントが減っていく…;
いよいよシリアスになってきましたが、あと2回なんですかね。

■DARKER THAN BLACK -流星の双子- 11話
(※1期は1話と特別編以外未視聴です)

ペリメニ!(合言葉)

冒頭に出てるのは銀…ですよね。変なツインテールが生えていて別人かと思った。(或いはエマーン人の触覚)
「イザナミが契約者を殺す」ってのは、契約者自身の能力を暴走させてしまうってことでしょうか。ノリオ母のように。
もしイザナミが蘇芳の能力を暴走させたなら、銃が暴発するんですかねえ。
仮に紫苑(コピー)やマオ(憑依)の能力を暴走させても、それで殺すのは難しそうな気がしたりして。
ひたすらマオ本人の意志と無関係に次々可愛いものに憑依していったりするよ!

先週までも変なファッション(王子)だった蘇芳ですが、今回の服もどうかと思いました。鼻かと思ったらペンダントかい。
あれは黒が用意したのかね?
蘇芳はなんだかすっかり普通の娘のように感情が戻ってるようにしか見えません。料理を手伝いたがる様は、新妻か君は、と。
黒が最初に、蘇芳の料理の手伝いを断ったのは、北海道での雑草スープの経験からですかね。
今回は具を包むだけだったので、多少料理下手でも大丈夫だった様子。

蘇芳はサンシャインでパパと再会。この寂れたサンシャインにはバイカルもミナミコアリクイもいないのかと思うと切ないなあ。
予想通り、黒に殺されたのはコピーパパでしたが、「ただのコピーだよっ」て、それを蘇芳(コピー)の前で言うかね。
今回の話ぶりを見ていても、蘇芳への愛情はあるにしても、パパは歪んでいるなあと思えました。
そして蘇芳出生の秘密を語ったところで、お役御免とばかりにパパ死亡。結局この人は何をしたかったのかなあ。
「何か」をしたがっていた“主犯”は、パパではなく紫苑の方なのか?

ところで、紫苑が2年前に「自分のコピー」を作ったのが蘇芳だというけど、蘇芳は女なわけで、
ここで『実は紫苑も女だったんだよ!』を期待しましたが、違っていたようで残念です(・e・)

鎮目は、ずっと蘇芳(少女)を紫苑(少年)だと思い込んだままだったのか!(笑)
先週耀子を殺したのは実は鎮目なのでは?とか、鎮目は黒幕とつるんでるのでは?とか、鎮目が疑わしく見えたこともありましたが、
やっぱり見た通りの変態お馬鹿なんだろうか、この人って。
今回も「潮時だと思ってね」とか妙に怪しい言動はしてますが。

謎の未来人ルックで登場したマダムには吹きました。
ところで、マダムとマオって恋人だったのか。
昔の恋人が目の前に…、猫やモモンガになって現れたらどう反応すべきなのかと思うと、悩むような笑えるような。
まあ世の中には、夫が犬になってしまった主婦とかもいるしな(おとうさん的に)

ラストで、ようやく蘇芳は紫苑と再会…
のはずが、紫苑は倒れちゃってますが、いきなり死んでるんじゃないだろうな;;;

あと1回ですかね。全ての伏線がきっちり解かれるかとは思えませんが、どこまでやってくれますか。

■にゃんこい! 11話
猫地蔵が壊れていたことが発覚。
そもそも潤平の時に空き缶が軽く当たっただけで壊れたのも不思議でしたが、もっと以前から壊れてたんじゃないんですかね?
…という気にもなるけど、実際に呪いが潤平のところに来てるからには、潤平が壊したんだろうなあ。

ここ3週ほど、ずっと加奈子ばかりが目立ってますが(一応双子も)、
ヒロインって楓じゃなかったっけ?;
影の薄さに泣けますが、さすがに最終回には話に絡みそうか。

バイトする、バイト中に猫を助ける、両方やらなきゃいけないのが呪いの辛いところだな。

|

« 週刊少年ジャンプ2号感想 | トップページ | 夜のアヒルちゃん »

コメント

>ダーカー
こっちは年越してから一挙2話放映ー
つか超電磁砲も2週休みだけどどーなるんだ?

友人のO西氏は夜中に天理まで行ってワンセグで見たらしい。
何してんだかwww

投稿: くらげうんたん | 2009年12月20日 (日) 21時46分

年末はこういう事が多いのが難儀ですなあ。年明けも思わぬ日に放送したりして。

ワンセグとは、そこまでしますか。さすが(笑)

投稿: でんでん | 2009年12月20日 (日) 22時50分

マダムはあの服装で黒幕っぽさが壊滅しましたなあ・・・
マオについては本体が死んだ時点で憑依能力が無くなったのかと思いきや、猫→モモンガは出来てますし、戻ろうとすれば人間にも戻れるような・・・
やっぱりローアングルと少女への密着がやめられないのだろうか。
ちなみに、本体が消滅した時点でマオは代価を払わなくてよくなったそうです。

第一期も色々「敵」と呼べる相手は居ましたが最終回のテーマは黒がどんな未来を望むかでした。
それに習えば第二期もCIAのジョン・スミスあたりが敵として立ちはだかるにしてもそれがメインではなく、蘇芳がどんな未来を望むか、になるんでしょうかね。

投稿: 通りすがる | 2009年12月21日 (月) 09時53分

マダムは黒幕ではあるんでしょうけど、敵対はせずに最終回は普通に解説キャラになりそうですね。(分かりませんが)

マオは人間にも憑依出来るでしょうねえ。ただ戸籍も何もない動物の場合と違って面倒はありそうですが。
マオについては、今の可愛い(笑)自分が案外気に入ってるんじゃないかと思えてなりません。

黒も蘇芳も葉月や変態おじさん(違)と戦ったりはしてますが、最終的に戦いで全ての決着という形にはならなそうですね。
蘇芳は最後まで人を殺さずに済むのか気になるところです。

投稿: でんでん | 2009年12月21日 (月) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32655788

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(前半:12/14-18分):

« 週刊少年ジャンプ2号感想 | トップページ | 夜のアヒルちゃん »