« アバター(映画) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:12/26-27分) »

2009年12月25日 (金)

今週のアニメ特撮感想(前半:12/21-25分)

■うみねこのなく頃に 25話
「苦しみと悲しみの連鎖をマリアお姉ちゃんの魔法は絶ち切ったのだ…」
…いや、絶ち切ってないよ;、ノリノリで母親に仕返ししてたよ;;
縁寿の認識はあくまでEP3なんだろうけど。

あと1回なんですかね。
原作ゲームが完結してないはずなので、まともに終りはしないだろうとは思ってたけど、
想像以上に半端なところで終わりそうで不安。

■君に届け 1話
ようやくこちらでも始まったので見ました。
原作未読。
アニメも評判が良さそうなのは知っていましたが、情報は入れないようにしていたので予備知識ゼロです。

こういう話だったのかー。
一見冴えない、自分に自信が無い女子が人気者の男子と仲良くなっていく、典型的な少女漫画的ストーリーかと思いますが、
ヒロインの黒沼さんも風早くんも素直に応援したくなる、気持ちいい話でした。照れくささがいいね!
クラスの連中も基本的には本当に嫌な奴はいなさそうな所も良いかと。(まあ先のことは知らないのですが)

黒沼さんは髪型だけでも変えれば貞子呼ばわりも減りそうなものだけど、あれはあれで可愛いからいいかと。
つーか、「貞子」ってもう一般名詞化しちゃってるのね。

次回は夏休みの話かと思ったら、すぐ2学期なんですかね。

■そらのおとしもの 12話
ラス前。
先に放送してる地域の人の感想から、今回のOPは効果音付きと知ってはいましたが、
あんなにどうでもいいようなところまで無駄にSEを入れまくっるとは思いませんでしたわ。やりすぎ(笑)
そはらチョップや智樹の股間隠しの音が楽しい。1回くらいはこういうのもいいんじゃないでしょうか。
指差しのところとか銃声を入れて欲しかったバキューン。

今回はイカロスの笑い話(微妙に違)とデートの話。
ラストの展開に繋げるのにいい話だったと思います。せつねえ。
動物園のあたりは、ギャグマンガで良かったと思いました。エスカレートが凄え(笑)
つーか、福岡なのね。

智樹逮捕時のインタビューは先輩が「Mさん」で会長が「Sさん」、…会長は確かにドSだと思われます。
しかし「さつきたね」会長でSさんは分かるが、何故に「すがたえいしろう」先輩でMさんなのだ(笑)
むしろ智樹の方がMさんだよなあ。

今回のEDは「赤い花 白い花」
聞き覚えはあったけどタイトルは覚えてませんでしたが、70年代の歌だったのね。

ラストはガンマが出てきていよいよシリアス展開ですが、
予告カットからするとアストレアも出しちゃうのか?
あるいは単なるサービスか。

■聖剣の刀鍛冶 12話
最終回。感想は書いてなかったけど一応見てました。
本当に何も解決してないなあ;
刀を鍛錬してる間おとなしく待ってくれる悪役がいい人だ。

■DARKER THAN BLACK -流星の双子- 12話
(※1期は1話と特別編以外未視聴です)
最終回。

紫苑がいた水族館はどこの秘密施設かと思ったら普通のビルの中だったのね。
マダムはそんなビルの隠し通路まで把握してるのかと一瞬驚いたけど、マダムは結局は紫苑&博士と通じていたのね。

対価(キス)は戦ってる相手でもいいんだ>葉月
耀子を殺したのは本当に鎮目だったとは!、殺し方があまりに鎮目の能力らしすぎたので、てっきりミスリードかと思ってました。

どんな願いも叶う場所ゲート、当人も気付かぬうちに未咲の頭に乗っていたマオは、無意識に未咲の頭に乗ることを願ったのか?(違)

エアカーは本当にあったんですねえ。ラストで飛んで行く姿がシュールでした。

光り輝く黒を見るマオの目に星が煌めいていてちょっと笑う。

いきなりのエヴァ最終回展開に吹きまくりました。
描写からすると、このコピー地球からは「本当の星」が見えてるんですね。
紫苑が「何をしたかったか」よりも「“何故”こうしたかったか」が知りたいところです。想像するにも材料が少ないなあ。
マダムとしては「人類の生きた証」「ゲートの無い平和な世界」を残したかったのだろうと思われるけど。

マジシャンが生きてたとは。偽物やコピーって訳でもなさそうだし、マジシャン的に対電撃のトリックでも用意してたのか?

流星核でコピーの記憶を定着させるって言ってたけど、蘇芳は1話後半で(紫苑の服に着替えた時に)流星核を手にしたんだよなあ。その辺りがちょっと不思議。
やっぱりあのペンダントが流星核だったわけで、2話でそれに気付かなかった黒があらためて考えると間抜けだ(笑)

半裸で銃を構えるゴルゴがやたらと格好よくて吹く。

1期を見ていないこともあって正直分からないことだらけですが、
楽しめたことは楽しめた…とは思うけど、もやもやするラストでした。
蘇芳を主人公として見れば一応はハッピーエンドと言えなくもない… … …ようにも思えるけど、
結局は紫苑の計画(悪意のものでは無いにせよ)の掌の内で、蘇芳自身は何も為し得ていないせいかなあ。
とりあえず、紫苑が最期まで人を殺さずに済んだのは良かったことか。

■にゃんこい! 12話
最終回。

双子はよく猫耳潤平を郵便局から連れ出せたものだ。
楓に秘密がバレそうになりつつバレずに済んで、恋愛関係はさほど進展無しと、無難な結末とは思いますが最終回は普通に面白かったです。
楓が最後にはちゃんとヒロインらしくなってくれて良かったかと。
個人的には、こういう隠し事はヒロインにはバレてしまう方が好きだったりしますが。まあ趣味の問題か。

シリーズとしては、序盤は面白かったものの、修学旅行以降からややガタガタになった印象でしたが(どうやらオリジナル展開だったらしい)、
最終的には基本に戻って締めてくれたかなと思います。

ヒロインの前で全裸になっても笑って許してもらえるあたりが平和だ。

鈴は、潤平引っ張ってすらいねえ;

|

« アバター(映画) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:12/26-27分) »

コメント

お、「君に届け」ご覧になりましたか!
深夜帯のアニメとかってほとんど観ないんですが、録画して毎回チェックしてます!
ネタバレにならないよう先の展開の話は伏せておきますが、爽子って普通に美少女
だと思うんですけどねー。天然で健気だし、素直に応援したくなります。
風早も裏がなく爽やかで好感度高いです。

投稿: Masa_nus | 2009年12月27日 (日) 08時30分

約1クール遅れでようやく始まりましたよー。
定番の設定ではありますが、やっぱり普通に美少女ですよねえ。
この先も楽しみです。

投稿: でんでん | 2009年12月27日 (日) 09時49分

いまさらダーカー感想
自分じゃなんともならんもんに振り回されるというのは1期から描いてきたとはいえ…どーしてこうなったwww
まあ唯一の勝ち組はジュライで間違いなし。

わからないまま終わりました。
www.youtube.com/watch?v=JXRT7VlVb_Y

投稿: くらげうんたん | 2010年1月 7日 (木) 21時51分

ジュライは確かに勝ち組でした。
後、具体的にどうだかは分からないですが、なんだかゴルゴも勝ち組なように思えてなりません。

投稿: でんでん | 2010年1月 7日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32736428

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(前半:12/21-25分):

« アバター(映画) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(後半:12/26-27分) »