« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(前半:12/7-11分) »

2009年12月 9日 (水)

週刊少年サンデー2・3号感想

■結界師
ずっと1人で閉じ込められるなんてヒドイ拷問だと思ってましたが、城には殿様以外にも色々な存在が一緒に埋められてた様子。殿の世話役?…とも素直に考えにくい面子でなかなかにカオスです。
あの面子と何百年も一緒というのもそれはそれで拷問に違いない気がしたりして。
まあ、殿自身も変人かも知れませんが。

忘れてましたが、そう言えば時音と良守母には因縁があったのだった;

■MAJOR
静香って誰だっけ、と思ってしまってすみません。オカマ兄の方は覚えてたんですが;
姐さん女房とは、やるなあ眉村。

薫と吾郎が今生の別れになりそうに見えて仕方ない。

■史上最強の弟子ケンイチ
クールな顔の裏側で(←文字通り)動揺しまくってる千影がかわいい。
もうケンイチと戦うことなんて出来ないんじゃないかね、この娘。

■マギ
鉄面皮に見えて内心では色々揺れ動いているモルジアナはいいキャラだなあ。

■境界のRINNE
「それはともかく」
全然さり気なくないごまかし方がナイスだ。

■ツール!
自分が見かけた限りのネット上のサンデー感想において、1話時点で皆が予想していた通り、
お約束通りに父親死亡。(いや、まだ完全に死んだと確定はしてないですが)
この手の設定で始まった漫画で父親が死ぬってのは、もうほとんど“呪い”ですね。

今回の死にっぷりは、ピンチを回避したと思ったらどんどんピンチが連鎖するあたりが悪趣味なギャグのようでした。なんてファイナル・デスティネーション。

ところでこの死に方だと主人公とゼウスの因縁が微妙に薄いような。(あくまでMAJOR的死に方と比べてですが)

■ハヤテのごとく!
結局ハヤテは自分では何の決断も出来ずにお嬢様に大きすぎる借りが出来てしまったと。
仕方ないけど、主人公としてこれでいいのだろうか;
ナギのヒロインっぷりは上がりましたが。

■神のみぞ知るセカイ
だから何故将棋を外で打つ?(笑)
七香は確かに勝負中に泣きすぎで今後がちょっと不安です。
今回は結果オーライだったけど、これから先は桂馬はいませんし。

しかし、結局は七香よりも天理(ディアナ)のウェイトが大きい話だったなあ。
天理にも秘密の話だと言うディアナですが、次回は重要な話になるのでしょうか?
…と見せかけて単に桂馬の攻略方法(女関係)への言及になるかも知れませんが。

とりあえず髪を下ろした天理(ディアナ)は新鮮です。
更に彼女には「三つ編みをほどく」という第二の変身も残っていると言う。
もう一段階あればフリーザ様ですね。(いや、天理→ディアナへの変身を考えれば6パターンの変身バリエーションと言えるか)

■クロスゲーム
「く…目に回想が…」 ゴシュ…
と、ならなくて良かったです。

■はじめてのあく
父も入れれば14人+1匹も参加ですか>パーティー
本当にキャラ増えたなあ。
キョーコが実に良いおんぶでした。ムハー。

ラストシーンで現場に来ていない乙型と正義妹がキョーコに水を開けられております。

■絶対可憐チルドレン
薫達はまだしも、フェザーあたりはもう全然中学生と思えません。

次回で200話ということで4年ですね。このまま「未来」の年齢になるまで段階的に成長を描く…のですかねえ?(どーだろ)

■DEFENSE DEVIL ディフェンス・デビル
なんてテニスの(魔界の)王子様
爆弾についてはフェイクだと思いますが、とんでもテニスっぷりが面白くなってきました。

■月光条例
シンデレラと赤ずきんのデレが凄い。
「この声…覚えてるぜ…」って、月光はもう目がまともに見えてないんですかね?

■金剛番長
陽菜子ようやく登場。いったい何ヶ月ぶりだろう。

王様番長は、王様が前提か番長が前提かが妙に気になるナイスなネーミングです。
「役職+番長」で考えると、社長番長とか、メガネお下げの委員長番長とかも考えられるかなと。

◆アーティストアクロ(クラブサンデー)
クライマックスが近付いてきた感じですねえ。
次回は色々なことが分かりそうなので期待。

|

« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(前半:12/7-11分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32549195

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー2・3号感想:

« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(前半:12/7-11分) »