« 今週のアニメ特撮感想(後半:12/19-20分) | トップページ | 週刊少年サンデー4・5号感想 »

2009年12月21日 (月)

週刊少年ジャンプ3・4号感想

■べるぜバブ
アランドローン!!
まあ、本当に死んではいないと思いますが、死体(違)を放りっぱなしでいいんですかね;
アランドロンの娘には、期待していいのやら(^^;

■ONE PIECE
白ひげがどんどん死相が濃くなってますよ;
そればかりか赤犬の爆熱ゴッドフィンガー(違)まで喰らってしまい、マルコもジョズもやられて白ひげ側は大ピンチです。

そんな中でルフィは「もう一発」テンション・ホルモンを要求。やっぱりそう来るかー;
ルフィの最後の反撃になると思いますが、三大将も無事で控えにセンゴク・ガープまでがいるこの戦場でルフィが何が出来るのか、正直読みきれません。
ルフィの役割として考えられるのは、ハンコックから受け取った鍵を使ってエースを開放するってところかなあ。
エース自身が戦えるようになれば、赤犬や青キジには対抗出来そうですし.
ただし、仮にルフィがゴムの力で一気に処刑台まで飛べたとしても、そこにはセンゴクがいるんですけどね。(ガープは、処刑台の下にいる様子)

ところで、ルフィって絶対長生きしないだろうなあ。「太く短い一生」を地で行きそうだ。

海賊達は地味にパシフィスタに対抗出来ているようで、流石に新世界の海賊の面目躍如かと。

バギーも解凍されたようで、こちらも最後にまだ何かをやらかしてくれると期待したいところです。

エースの「今になって 命が…惜しい!!!」の言葉を聞いてのガープの表情が思いなあ。

メリーーー;;;(四コマ)

■トリコ
トリコVSトミーロッド戦が開始し、マッチと滝丸を加えて3対3の構図が出来て、ペンギンの乱入にグルメショーウインドーも出現と、畳み掛けるように一気に事態が進展して面白くなってきました。
この厳しい状況下でのトリコの戦いに期待したいところ。

次郎の孫or弟子の人は今どの辺にいるんですかね。地下ルートを進んでいたとすると、戦ってるトリコ達よりも、小松と先に出会うことになるかも知れず?

「来てるよ GTロボ」のセリフが不気味です。この3人以外に敵が増えるんでしょうか?(グラサンに取り憑いてる奴が超々小型のGTロボとか言うんじゃなかろうな)

■ぬらりひょんの孫
船が着地…もとい着水しただけの状況ですが、結構盛り上がりました。
首無とイタクがいいコンビになってきてます。

猩影が久々に登場。なんか毛深くなってますが、まあ狒々だしなあ。
四国編では猩影の話は中途半端な形で終わってしまったままだったので、今度はちゃんと描いて欲しいところです。玉章を殺さなかったことでリクオにわだかまりが有りそうなものなんですけどね。

■SKET DANCE
ちょっと話が長くなった気もしますし、途中イマイチスッキリ読めないところもありましたが、結末はスッキリ出来たかと。

あの鹿マスクって口のところが覗き穴なのね。

■BLEACH
ワンコ隊長の可愛さが分からないとは困った奴だ。

普通に清虫終式の方が強かった気がします。

■バクマン。
「ひどいな中井」「やるな蒼樹」
雄二郎が最近なんだか読者の代弁者になってる気がします。

そして今回はみんなのアニキ福田さんがえらく格好良いじゃないですか。なんて面倒見のいい男だ。
まあ、見方を変えればやってることは一歩間違えばストーカー的なんですが。
中井さんを殴り、ゴンザレス(違)を押さえつけ、と実にスッキリしました。
「俺がパンチラの描き方を教えてやる」なんて、こんなどうしようもないセリフをこれほど格好良く言った人は初めて見ました。凄いぜアニキ!
もう蒼樹さんは福田さんと付き合えばいいよ!
もしも蒼樹さんと福田さんが将来結婚でもすることになったら「プロポーズの言葉は何でしたか」と聞かれて「俺がパンチラの描き方を教えてやる」でした、と蒼樹さんが頬を染めて答えればいいよ!

「俺は何がしたいんだ…」
蒼樹さんにパンチラの描き方を教えたかったんですね。分かります。(大違)

それにしても見吉、石沢は無いだろ…;
自分でポーズを決めて絵の研究をしろって事自体は間違いでは無いでしょうけど。
まあ、見吉も石沢があそこまで酷いとは思ってなかったのか、或いは年月を重ねれば嫌な奴でも多少はマシな人間になると性善説的に期待しちゃったと言うことですかね。
人間、歳を取ったからといって大人になるとは限らないんですよ。(自分も含めて(・e・;))

蒼樹さんは中井さんを好きなんじゃなくて、恋愛経験が無いから好きと言われて舞い上がっただけでしょう。

中井さんの思惑を知った加藤さんの反応が楽しみです。今回の加藤さんのコマを見る限りはドン引きしてるようにも見えるけど、どーなのやら。
普通は中井さんの志の低さを見れば(仮にそれまで好感を持ってたとしても)冷めると思いますけどね。
とりあえず、高浜さんは可哀想;

中井さんの駄目っぷりにはイラッと来るのに、平丸さんの駄目っぷりには和んでしまう不思議。

悪い漫画家のところには編集長が来るぞー。という感じでした。(四コマ)

■PSYREN-サイレン-
マツリ先生ノリノリ。女スパイ大作戦と言うか一人マトリックスと言うか、
このままならホントにアゲハの出番無しですな。

セオリーならここらへんで強力な敵が出てきそうなものですが、どうなのやら。
弥勒達が今更ここを襲いに来る理由はあまり無さそうなんですが、何も無しに終わるとも思えないんだけどなあ。

雨宮さんたが素敵だ。(四コマ)

■銀魂
面識あるんだから互いに気付けよお前ら!(笑)

■いぬまるだしっ
今回はコラボ祭。ホントに豪華じゃないですか。
ナマ宮さんはいいネーミングでした。タブーな未来像が素敵だ(笑)
バクマンネタは実に大石先生らしかったです。
ところで今回大石先生自身が描いてるのって1ページ目だけなのか?(^^;

■賢い犬リリエンタール
昔のてつこが素直で可愛い分、今が切ないですな。
食文化の違いって気をつけねばならんなあ。

今回は予想以上にアクション編でした。ごむぞうはできるやつだなあ。
家とかかなり壊れてますけど、これって勝手には直らないんだろうなあ;

やればよかったのに!>てつこさんた(四コマ)
リリエンサンタのプレゼントが「かたたたきけん」なあたりが泣かせます。

■保健室の死神
本好怖っ;
前の話が長かった反省か今回は1話完結でスッキリでした。
安田君は、カンニングで赤点扱いでもいいと思いますが、
痛い目を見て(←文字通り)反省したのでまあいいか?

|

« 今週のアニメ特撮感想(後半:12/19-20分) | トップページ | 週刊少年サンデー4・5号感想 »

コメント

■賢い犬リリエンタール

食文化の違いって…

焼くと旨いとは聞いた事があります。
生ってのはちょっと。

ごむぞうや宇宙猫等が役に立つのを見るのはなんか嬉しい。

投稿: | 2009年12月21日 (月) 21時28分

焼くと旨いのですかー;
実際、イマイチ味の想像が出きない領域です。

ごむぞうといい宇宙猫といい、使い捨てられずにちゃんと存在感を示してくれるのはいいですよねえ。

投稿: でんでん | 2009年12月21日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32682549

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ3・4号感想:

« 今週のアニメ特撮感想(後半:12/19-20分) | トップページ | 週刊少年サンデー4・5号感想 »