« 週刊少年ジャンプ53号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

2009年12月 1日 (火)

東のエデン劇場版I(映画)

(神山健治監督)

TVシリーズ最終回から半年後の話ということで、完全に続編です。
なので、TV版を見ていない人にはお勧めしません。説明も最小限ですし。
ちなみに、TV版を見ていた人なら特別な予習はそれほどいらない気もしますが、
それぞれのセレソンのナンバーだけは覚えておいた方が楽しめるかと思います。

さて、一言で感想をまとめると、
今回は全裸が少なかったです。(おぃ)

TVシリーズを見ていた身としては楽しめましたが、
実に「最終回直前の前振り」的な雰囲気で、来年春公開予定の「II」にいかにも「続く」形で終わるので、一本の映画としての満足度はやや微妙で物足りなかったです。
正直、EDの後で次回予告くらいはあると思ったんだけどなあ。
そんなわけで、作品の感想としては何とも言いにくいです。

咲は相変わらず要領が悪かったです。まあ日本人旅行者的にはある意味リアルなのか?
TVシリーズに比べてジュイスが随分と感情豊かになっていたのが印象的でした。AIが成長してるんですかね。
黒羽のラストの命令に対するジュイスの態度がなんとも興味深いものでした。

パンツが服を着ていたのが結構な衝撃です。
もうあんたなんて「パンツ」って呼んであげない!
「服」よ「服」!
って感じですよ。

本作の場合、ノブレス携帯の表示を止めてじっくり見たい場面が多いのですが、
録画して見れるTV版と違って一時停止や巻き戻しが出来ないのがもどかしいです。
パンフでは取りまとめられていましたけどね。

公式サイト

|

« 週刊少年ジャンプ53号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32439548

この記事へのトラックバック一覧です: 東のエデン劇場版I(映画):

« 週刊少年ジャンプ53号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »