« 週刊少年サンデー7号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(1/16-17分) »

2010年1月15日 (金)

今週のアニメ特撮感想(1/11-15分)

■君に届け 4話
「噂」に関するストレス展開。
吉田さんと矢野さんがつまらない噂なんぞに流される人じゃなくて良かったぜ。
…と、思ったけど黒沼さんのなかなかハッキリ言えない性格のせいでややこしいことに;
やっぱり思ってることはちゃんと言葉にしないと伝わらないし、人の話は最期まで聞かないといけないよなー。
まあ、黒沼さんがハッキリ言える性格ならこの作品最初から成り立たないんだけど(^^;

■はなまる幼稚園 1話
原作は本屋で表紙は印象に残っていたけど未読。
ヒカル(ヒカルの碁)のような髪だというのが第一印象だったので、てっきりツートン髪の子は男子だと思い込んでたけど、女の子だったのね。

他愛のないほのぼの物… かと思っていたら、
母親の設定とかは非常にヤバくて「それでいーのか;」と言う気分に。
登場人物全員(父親含む)が爽やかっぽく普通に語っているあたりに正直狂気を感じました。
主人公も痛々しくて何だか見ていられない感じ。
見ていると、主人公にも母親にも父親にも園長にも、突っ込みを入れたくてたまらなくなる1話でした。
しかし、それ以外の部分は普通にほのぼの(?)で、この先見続けるかどうかは未定ですが、あまり語る事は無さそうな気も。

学期途中で父親がアメリカの大学に誘われたというのは、やはり高校教師をクビになったということでしょうか。

それにしてもジャングルジムのバー一本の上で直立とはバランス感覚すげー。あれで木からは落ちるのが不思議。

エンディングでいきなり頭身が伸びたのでビックリしました。

■ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 1話
タイトル長っ!

いきなり別タイトルでバラエティ番組が始まって延々と続くので何事かと思った。
完全に予備知識ゼロで見ましたが結構面白かったです。(特別な期待感が無かったおかげかも知れませんが)
展開自体は予想通りと言うかお約束でしたが、つかみはOKだったかと。

終盤展開でのカメラの的確な切替っぷりは、カメラマンがプロ過ぎると思いました。

吸血鬼がけいおんする話じゃなかったのね(ぉぃ)

■とめはねっ! 2話
「コントロールをちょっとしくじっただけ」
電柱に突っ込んだ車の中で同じセリフを吐いてみろと思います。ろくでなしだなあ>親父

書道の解説シーンを見ていると、本作はNHKが合っていると思えました。

今回は1話より原作からの変更点が多くて、少し湿っぽくなった気も。
パフォーマンスへの1年2人の参加を全否定する爺さんは少し違和感を感じました。

■デュラララ!! 2話
OPに本編のワンシーンが入るように。レイズナーみたいだなあ(シーンは前回分だけど)、…と言うかバッカーノでもやってたっけ。

(一人だけ幸せそうな)紀田君と同じクラスの「神近(マゼンダ)」さんの話でしたが、
この娘がOPに出てないのが不思議。話の導入に出ただけで今後はあまり関わってこないって事か?
首に傷の子とは(髪の色は似てるけど)別人だよなあ。

このマゼンダさんを起点に、1話で描かれた話(の一部)の裏話が描かれました。
危ない奴と言われてた人(折原)はメガネの研究者っぽい人(岸谷)と首無しライダーと繋がってるのか。
首無しライダーも別に正体不明の怪人ってわけでは無さそうなのね。運び屋をやってたり体温もあったりするのか。

で、マゼンダさん絡みの事件は全部折原(名倉)の仕込みかよ;、写真を送ったのもこいつだったり…しかねないな。
単純に善人とも悪人とも言い難い人かも知れないけど、危険で勝手な変人だと言うのはよく分かりました。

ナレーションによる解説が少し親切すぎだった気も。
あまり丁寧に説明されると、「ああ、そう言うことだったのか」と自分で気付く楽しみが削がれる気がします。
バッカーノはその辺りが楽しかったので、少し抑えめにして欲しい気も>ナレーション
と言うか、あのナレーションって誰かの視点なんですかね?、首無しライダー?(と考えるのもピンと来ないか)

昔のアメリカと言う現代から離れた舞台・登場人物で描かれたバッカーノに対して、
現代日本で学生の登場人物も多い本作は、ラノベとしての主読者層の少年・少女により近い視点での話になるのだろうか、と思いました。

■ひだまりスケッチ×★★★ 1話
原作は1巻既読。アニメは1期は未見で2期は大体見ました。
そんなわけでキャラの認識とかが微妙に虫食い状態ですが、あまり問題にはならなそうかと。新学期で仕切り直してるし、あまりストーリーがどうこう言う話でもないし。

本編は安定してるなあ。エンディングは間に合ってなさそうでしたが(笑)
埋まるひだまり荘に笑いました。
やっぱり新しい出会いってのはいいもので、後輩が増えるってのは学生物の醍醐味だなあ。

|

« 週刊少年サンデー7号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(1/16-17分) »

コメント

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 

妙にヘッタクソな声優がいるなぁ、って思ったら、原作者だったんですね。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2010年1月16日 (土) 21時48分

そうだったんですか。
録画は消してしまったので確認出来ないですが、漫画家役でしょうか。

投稿: でんでん | 2010年1月16日 (土) 22時19分

はなまる幼稚園は裏話からやってもねー
原作は園児たちのほのぼの+先生たちの恋愛(中学生レベル)メイン
これから1話がメインのストーリーに関係してくるかというとまったくそんな事ないし
話題作りと言われてもしかたないね

投稿: くらげうんたん | 2010年1月17日 (日) 07時45分

ですかー。
確かにWEB上や自分の周辺でも話題にはなっていましたが、その部分についてはどちらかと言うとマイナス方面の評価ばかり見ますよ。
逆効果なんじゃないですかねえ。

投稿: でんでん | 2010年1月17日 (日) 10時27分

>録画は消してしまったので確認出来ないですが、漫画家役でしょうか。

アタリです。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2010年1月17日 (日) 19時24分

>デュラララ!!
キャラクター紹介みたいなのはありませんが、一応マゼンタさんもOPででてきてますよー
まあ、扱いも一瞬ですし、この先本筋に絡むようなことも少ないでしょうが

投稿: サバ味噌 | 2010年1月19日 (火) 02時55分

よく見返してみると、あ、寿司屋のサイモンの前を一瞬横切ってるんですね。ほんと一瞬だ。
気付かなかったー;

投稿: でんでん | 2010年1月19日 (火) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/32999399

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(1/11-15分):

« 週刊少年サンデー7号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(1/16-17分) »