« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 涼宮ハルヒの消失(映画) »

2010年2月10日 (水)

週刊少年サンデー11号感想

■神のみぞ知るセカイ
結入り桂馬がキモいです(^^;
肉体の呪縛に打ち負かされている桂馬の振り回されっぷりが、何というか実にヒロイン的だ。

駆け魂攻略の方は難航してますが、女神探しの方は思いがけず大きな進展があったようです。美生かー。
とりあえず、「桂馬」でいるより女子になっている方が聞きやすい話もあるわけだし、女神捜し的には結と入れ替わってる状態も結構有効な様子。

■史上最強の弟子ケンイチ
田中さんはケンイチにとっての先達者的、先輩的キャラになるかもとは思いましたが、
恋愛問題的にも先輩だったか(笑)

■マギ
戦いを止められてブータれてるモルジアナが新鮮で可愛い。感情のままにこんな表情を表に出せるようになったのは喜ばしい事かと思います。

盗賊団への見解や、スラムの人達への対応を見ていると、シンドバッドはやはり人の上に立つ器があるように思えます。
モルさんにビビったりする適度なマヌケさもいい感じかと。
まあ、考えてみれば「適度なマヌケさ」どころか、登場時から葉っぱ一枚で大間抜けだったんですが。

■結界師
無双モードに入った良守は「無敵モード」っぽいイメージを持っていましたが、まだまだ隙もある様子。やっぱり仲間がいたおかげで助けられてた事が多かったのかなと。

■ARAGO
明確にアラゴの力を狙った偽物でしたか。>ユアン
最期はリオにまで化けてきましたが、頬のバンソーコーも普通にどちらも右側だし、見た目での判別は出来ない様子。

ここまで巻き込まれたら、さすがにリオには力の事なりを話さざるを得ないだろうなあ。
むしろ話すことを期待してるんですが。

■アラタカンガダリ~革物語~
日没までにミチヒノタマを取ってきても「証拠」にはならないと思ったけど、むしろ覚悟を見せろと言うところでしょうか。

この状況だと、むしろ現代パートでのアラタの行動が気になりますが、また間が開いちゃうのかなあ。

■ハヤテのごとく!
ヒナギクがシンケン…もといボクトウゴールドに!
と思ったけど、今持ってる刀(白桜)が真剣なのか木刀なのかよく分からないのであった。

■はじめてのあく
ジローの発明シリーズ。
今回もキョーコが可愛くてニヤニヤです。ニヤニヤー
家族愛を差っ引いた状態での乙型・草壁との数値差が見たいものです。

■クロスゲーム
気持ちのいい決着でした。
やはりここまで来たら次は最終回なのかー。

■絶対可憐チルドレン
>キャラかぶり
気付かなかったが、ほんとだ(笑)

本編はミラージュの葛藤もあって緊張感があって良かったかと。

■月光条例
保安局に月光はいかなくていいのだろうかと思いましたが、
…いてもあまり話は進まないだろうなあ。

工藤さんは魅力的でした。

|

« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 涼宮ハルヒの消失(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/33326990

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー11号感想:

« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 涼宮ハルヒの消失(映画) »