« 今週のアニメ特撮感想(2/13-14分) | トップページ | 週刊少年サンデー12号感想 »

2010年2月15日 (月)

週刊少年ジャンプ11号感想

■BLEACH
予定通りと言うか、全く意外性のない展開でした。
死神や仮面の軍勢の皆が何故誰一人「既に幻覚にかけられている可能性」を想定すらしなかったのか本当に不思議です。
鏡花水月には、そういうことを想像も出来ないように脳に影響を与える効果でもあるのかも知れません。

一護ももっと前の時点で叫ぼうよ。それとも催眠で一護の声も聞こえないようにしてたんでしょうか。

愛染は(ポルナレフを階段で動かしたDIO様のように)雛森を日番谷の前によっこらしょ、とわざわざセッティングしたのだろうかと一瞬思いましたが、
考えてみれば雛森も催眠で自主的に動かせばいいのか。

■NARUTO
来週ラストでナルトが「俺もサスケについていくってばよ!」とか言ってくれたら笑います。

■ONE PIECE
本格的に、エース死亡。
…なんてこった。
基本的に回想以外で人が死なない本作において、「死」が描かれるとすれば、それはよほど特別な物だろうとは思っていました。
その特別な死はてっきり「白ひげ」で描かれるのだとばかり思っていましたが、まさかこんなことになろうとは…

一体これからどうなってしまうのか。
白ひげについてはこの戦いで死ぬとばかり思っていましたが、エースがこうなった以上、逆に白ひげは助かったりも有り得る…のでしょうか?

■バクマン。
正直この人間関係は、あまりに出来すぎでちょっと萎えます。
一応サイシューのテンションは上がってますが、シュージンはやっぱりギャグは向いていなさそうだし、根本的にいまいち期待感が持てないままだなあ。

■ぬらりひょんの孫
やっと主要キャラが合流したと思ったところでこの大ピンチ。
秀元がああ言う以上、土蜘蛛は本当に「特別」なのでしょうが、
立ち上がったリクオ達がまるで活躍せずに撤退するとリクオ達の格が落ちるし、逆にリクオ達が土蜘蛛を倒してしまえば秀元の格が落ちる気もします。
落とし所をどうするかが気になるところです。
秀元が代償で消えてしまうとか、ありそうな気が;

ラストページにいないつららが埋もれてないか気になります。

■べるぜバブ
不良キャラが問答無用で同じクラスにされてしまうあたりは面白かったですが、
しかし不良の手下クラスはキャラをいまいち覚えてなかったします;

■PSYREN-サイレン-
敵も味方もイカレまくったバトルがなかなか見応えがありました。

「限界なんてもんは超える為にあるんだ」とは、なんて主人公なセリフだ>遊坂
まあ、先週も自分のことを「主役」って言ってましたっけ。

アゲハは人を殺しちゃったことになるんですかね。

■ヘタップマンガ研究所R
短編小説を自分ならどう引き伸ばすかとか、興味深く読めました。
冨樫流ネーム虎の巻、見てみたいものですねえ。
ウソにどれだけ説得力を持たせるか、という辺りは“らしく”て頷けました。

■いぬまるだしっ
たまこ先生達の仕事に対する真面目な思いがグッと来ました。

■HUNTER×HUNTER
イカルゴVSウェルフィン。
長引きはしないかと思ったらすぐに済んでくれて良かったです。やっぱり全体的に終局に向かってる感じですね。(ラストの会長も含めて)
ウェルフィンとの戦いは、最終的には思った以上に平和的にカタが付きました。
ウェルフィンは、騙し合いとか駆け引きとか向いてなかったんだなあ。

■保健室の死神
また花巻さんが不幸でしたが(笑)、結果的には友達が出来たようで良かったんじゃないでしょうか。
後前田さんも「花巻さんの状況」に気づけば即効で反省してくれて好感度が高かったかと思います。

それにしても、これだけ病魔があちこちで存在してるのに、一般的に全然認識されてないのが不思議ですよ。そのあたりの説明とかもいずれして欲しいものですが。

■賢い犬リリエンタール
むむう、また位置が落ちているー;

壊れたフライヤー号を押しながら歩くリリエンタールにこちらも泣きそうになりました。
そんなライバルのピンチにさっそうと現れる紳士格好良いよ!
でもノリやセロテープやガムテープじゃ自転車は直らないよ(^^;

ラストの展開は先週の引きからして当然の流れなのですが、掲載位置やねこわっぱの終了的に、不穏です。

■ねこわっぱ!
終了。
最初は期待したのですが、正直途中から方向性を見失っていたように思えました。
下手にジャンプ的要素を取り入れずにほのぼの路線で進めて欲しかった気もしますが、やっぱりそれでジャンプで生き残るのも厳しいのだろうなあ。

|

« 今週のアニメ特撮感想(2/13-14分) | トップページ | 週刊少年サンデー12号感想 »

コメント

ワンピースのエース死亡は結論付けるの早いような気がする。まだイワさんの治療ホルモンという最終手段が残ってるはずだけどここまで来るとそれすら出来ない状態なのかもしれないが(汗

投稿: 通りすがり | 2010年2月16日 (火) 09時52分

まだせめて来週を見ないと断言は出来ないかも知れませんし、これまでも死んだと思いつつも生きてた人はいましたけど(ペルとか)、
ここまで徹底的に死を演出しておいて「死んでませんでした」は、今度はさすがに無いんじゃないかと思うんですけどね(^^;

投稿: でんでん | 2010年2月16日 (火) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/33384646

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ11号感想:

« 今週のアニメ特撮感想(2/13-14分) | トップページ | 週刊少年サンデー12号感想 »