« 週刊少年サンデー13号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(2/27-28分) »

2010年2月26日 (金)

今週のアニメ特撮感想(2/22-26分)

「君に届け」は何故か休み。(来週も)
YTVでオリンピック中継や特別番組をやってるわけでもないのに何故?

■化物語 14話
懐かしいなあきんぎょ注意報。
OPが実写とは意表を突かれたけど、あまり嬉しくない気が。

ラジオ投稿ネタは13話から間があいてしまって分かりにくくなっちゃったなと。ソフトで一気に見ればいいだろうけど。
八九寺・千石・神原・戦場ヶ原と言う、これまでの仲間が全員で協力ってあたりがクライマックスらしくていいシチュエーションなんですが、
それぞれとの漫才はもうちょっと尺が欲しかったです。

羽川については、せつないにゃーと言いたいですが本筋は15話でしょうね。
15話が見られるのはいつになるやら(^^;
羽川の話なのに本人自身の出番が少ない…と言うより無いのがちょっと寂しい。(ブラック除く)

■おおかみかくし 6話
はっさくが不作なら他所から買えばいいじゃないと思ってたけど、それはダメだったのか。

1話冒頭に繋がったけど、1クール物だとしたら(未確認)まだ半分なのね。
ヒロインはあの冒頭後すぐ死んじゃうのかと思ってたけど、まだ生き残るのか?

■ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 7話
面白かったけど、端々に間に合ってない感を感じる回でした。がんばれシャフト…(^^;

姫とアキラが戦う必要があったのかちょっと分からなかったですが、痴話喧嘩って事でいいんでしょうか?

姫の立場やら敵対勢力やらバンドの存在意義のことは大体分かりましたが、女矢七…もといドロップ投げの人は結局敵側なのか?
今回は姫の邪魔をしてたように見えたけど、今一行動が一貫してるのかしてないのか微妙な気が。

■デュラララ!! 8話
今回は探し物がテーマ。
現在が原作のどのあたりかは分かりませんが(アニメが終わったら読むつもりだけど)、まだ1巻途中くらいなんでしょうか?
随分ノンビリやってるなあという印象。

禁書目録を往来でカバー無しで読むドタチンがある意味格好良い。私には出来ない事をやってのける姿にシビれたり憧れたり。
私なんてカバー付きでも電車の中で「百舌谷さん逆上する」を読むのに躊躇したよ!(←たぶん自然な反応です)

首無しヒロインがやたらと可愛くて困ります。

ロシア寿司ってああいう物なのか?、すげー

園原さんは何というか、手強いなあ。

名前まで“セルティ”なのか>首無し子さん
本当にあの首って、セルティ自身の首だったんだなあ。
そろそろ話が大きく動くのでしょうか?
もしセルティが首を取り戻したら、それから話はどうなっちゃうのやら。

■ひだまりスケッチ×★★★ 7話
ここしばらくは仕事で忙殺されまくっているので、この作品のユルさには癒されます。

姉妹喧嘩しそうな2人を脱力させる宮子が和むわあ。
妹も音楽とは言え芸術家肌なので、なずなが尻込まないかとちょっと心配しましたが、1年3人とも仲良くなったようで微笑ましいです。

ピクニック場面を描くのかと思ったら、ある意味凄いスッ飛ばしでした。ビバ省力化。

|

« 週刊少年サンデー13号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(2/27-28分) »

コメント

>ロシア寿司ってああいう物なのか?、すげー

狩沢さんがサイモンの客引きを受けていた時にサイモンが
板長が風引いて、ネタが仕入れられてないヨーみたいなことを言ってましたねー
だからサイモンが作ったんだと
まあ、ちょっとあそこは聞き取りにくかったなーと思います
にしても話が動き出してきましたね

投稿: サバ味噌 | 2010年2月26日 (金) 23時46分

音が被ってると思いつつ、何と言ってるかの聞取りまでは挑戦してませんでしたが、そのように言ってましたか。なるほどー

話は大きな動きがありそうですが、あれだけの数のキャラがどう絡むのかはさっぱり読めないので楽しみです。

投稿: でんでん | 2010年2月27日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/33547669

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(2/22-26分):

« 週刊少年サンデー13号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(2/27-28分) »