« 今週のアニメ特撮感想(3/1-5分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »

2010年3月 7日 (日)

今週のアニメ特撮感想(3/6-7分)

■ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 9話
序盤での様子を見ていると、年少組3人もすっかり仲良くなったなあと。

今回はクラウスとクレハの話。
クラウスが英雄では無いと気づいても自分にとっては英雄だとする結論がいい話でした。

先週の「電話」以降悩んでいるリオですが、今回の話にはリオにも影響を与えてそうですし、来週には旅立っちゃうんですかね。
タイトルがあてになるとは限らないけど、そろそろクライマックス展開が始まってもおかしくはなさそう。
それにしても、ピーマンを食べたからと言って心配されるリオって、既に「憧れの先輩」の仮面が剥がれてると言えないか?(笑)

皇女は子供を助けようとして亡くなったって事なんでしょうか。

■とある科学の超電磁砲 22話
結局2クール目は原作で触れていないチャイルドエラーの救済の為の話なのね。(救済されずに終わる可能性も無いとは言えないけど)

今回は一気に話が進みました。
全ての現況はマッドサイエンティスト・木原幻生だと。
禁書で出てきた科学者・木原数多の血縁なんですかね…って、禁書アニメ版では数多もまだ出て無いか。
ともあれ、この先の展開を知っていると、なるほどと思える描写の多い回でした。

木山先生とカエル先生に会って事の次第を知った美琴でしたが、結局はテレスティーナにチャイルドエラーを委ねることに。
美琴の今の立場としてはああするのも仕方ないかも知れませんが、
果たしてテレスティーナが信用出来るのか、視聴者的にはやっぱりどうしても疑っちゃいますねー。
むしろこのままチャイルドエラーを「目覚めさせない」方針で動くこともありそう。
(或いは、もっとヤバイ扱い方に利用するか)(←ありそう)

テレスティーナが本当にチャイルドエラーを救おうとするなら木山先生やカエル先生の協力も必要だろうし、
協力を要請すればいいのに。…と言うのは簡単か。

初春の能力は“保温”だとは、なんて日常的な能力。普段の生活で地味に役立つと言えなくも無いか? しょぼいけど(^^;
ぶっちゃけ、“パシリ”に便利そうな能力だと思いました(おぃ)
レベルが上がったら自在に温度操作が出来るようになったりするんですかね。
レベルアッパー編で、レベルが上がれば黒子に仕返しを…などと嘯いていましたが、どんな仕返しが成立したのか気になるところです。
手を冷やして黒子の首筋を触って驚かすとか(なんてささやかな仕返し)

■仮面ライダーW 25話
人形VSライダーを描くのはなかなか難しそうだなあ。

医者は今回も変態でした。だけど、あまり中ボス的威厳は無いかなあ。不気味感はたっぷりですが。
とりあえず、若菜逃げてー

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 47話
親父のことでエドがゴリさんとハインケルに諭される場面が好き。

グラマン中将黒いなあ。
一応マイルズ少佐のアテレコと言うことになってるけど、実際確かにあんな風に考えてそうだし。

ラストのランファンが格好良いわあ。
動きが早すぎるとは思うけど(笑)

|

« 今週のアニメ特撮感想(3/1-5分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/33674233

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(3/6-7分):

« 今週のアニメ特撮感想(3/1-5分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »