« 今週のアニメ特撮感想(5/3-7分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号感想 »

2010年5月 9日 (日)

今週のアニメ特撮感想(5/8-9分)

■閃光のナイトレイド 5話
うーむ、渋いと言うか地道と言うか地味と言うか。
しかし正直あまり感想がありません。
旧友の死に方がやけにリアルに感じました。

■Angel Beats! 6話
模範的な行動をしてれば消えるってのが本当に謎なシステムです。魂の厚生施設というイメージかも知れないけど。

催眠術とはまた、なんて簡単な解決法だと思ったけど、
武器の製造方法やら天使の能力やらを見てると、あのギアスみたいな能力も有りと言えば有りだろうか。

それにしても、本当に不幸自慢アニメだなあ;
中ボスかと思った会長代理はあっさり会心してしまったようで次回にも消えてしまいそうだし、どうオチを付けるのやら。

会長代理も天使のことは「天使」呼ばわりなのね。
仲良しが消えても天使は残るみたいだし、やっぱり普通の元人間とは違うのか?
ところで会長代理はゆり達と交流があったわけでも無さそうなのに何故認識を共通してるんだろう。謎です。

エンディングのメガネは服を着ちゃったのか。1話ごとに馬鹿が増えていくのかと期待したのに。

■けいおん!! 5話
前回の修学旅行の裏での2年生メイン回。
なごむわあ。

軽音部に対しての憂と梓の「そこまでひどくないもん!」発言。
ある程度のひどさは憂も認めてるのか(笑)
ところで、今回髪を下ろしていた憂は、前回ほどには「唯にそっくり」でも無かったかなと。

純ちゃんはフリーダムだなあ。
今回で純ちゃんのキャラがハッキリしたのは良かったかと。

教室での純ちゃんの発言からすると、やはり澪は外部からは「カッコいい」キャラとして見られているのね(笑)

セッションは憂もギターで良かったんじゃないですかね。

■仮面ライダーW 34話
妹の目的はやっぱり兄の仇討ちだったのね。
死亡臭立ちまくりだった妹が助かったのは良かったですが、記憶が消えてしまったのは切ないなあ。
ともあれ、翔太郎の「霧彦に顔向け出来ねえ」のセリフは良かったです。

それにしても、やっぱり霧彦さんは本当にいいキャラだったなあ。

エクストリームの攻撃を蜃気楼で避けるとは、天気は本当に何でもありで便利ですな。
井坂先生はあれだけ多種のメモリを使えるはずなのに実際にはウェザーしか使わないのは、
持ってるメモリの中でやっぱりウェザーが一番便利で強いんですかね。

次回は、今回ウェザーにコテンパンにやられた流れを汲んでか、照井メインの話の様子。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 56話
いい感じが戦局が進んでいたところで、大総統の帰還を起点にあっちもこっちも一気に大ピンチに。
ここまででも十分熱い展開だったのですが、更に緊迫感が出て盛り上がってきました。

サーベルと爆弾一つで戦車を手玉に取る大総統が凄すぎます。
高低差を生かした戦闘も、アニメならではの見応えがありました。

グリリンと大総統の戦いに、爺さんの参戦にと実に熱いですよ。
そこにバッカニアみたいな脇になりそうなキャラが渋い活躍をしてくれるのがいいなあ。

|

« 今週のアニメ特撮感想(5/3-7分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号感想 »

コメント

>けいおん!!
原作最新話でも純ちゃんとセッション。
つかまだクリスマスかよ!

投稿: くらげうんたん | 2010年5月10日 (月) 22時58分

まだクリスマスなのか!

アニメは5話時点で何月くらいなんですかね。今回の携帯画面で分からないかと思ったけどよく分からなかったですよ;
5~6月くらいかなあ。(次が梅雨だし)
6話かけて2ヶ月くらいだとすると、2クールで8ヶ月…11月くらいまでと言うことも有り得るでしょうか。

投稿: でんでん | 2010年5月10日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/34611230

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(5/8-9分):

« 今週のアニメ特撮感想(5/3-7分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号感想 »