« 週刊少年サンデー35号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(7/30-8/1分) »

2010年7月29日 (木)

今週のアニメ特撮感想(7/26-29分)

■聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 12話
そろそろ終りかと思ったらもう1話あったのね。やっぱり旅立ちまでがキリがいいか。

キューブは現代ではサガが変装していたので妙に印象が強かったですが、本人が活躍するのはLCが初めてなのね。

■学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 3話
「この番組はフィクションのため現実の“法令”とは関係ありません」に笑った。バイクの事なのか?

全世界で一斉に発生なのね。
何が原因なのかは描かれるのかどうか分からないですが、描かれなくてもあまり問題無さそうか。
ロンドン…(笑)

ゾンビに関しての検証を整理してくれて分かりやすい。
音だけに反応すると言うならある意味御し易そうではあります。

男子(おのこ)とか、毒島先輩はホント何時の時代の人やら。
それにしても先輩といい主人公といいこの状況下で順応力高いなあ。だからこそレギュラーキャラなんだけど。
自分だったら名無し生徒並の対応しか出来なそうな気がします。

前回は妙に浮世離れしていて自体を分かっているのかどうかと思った校医だけど、好きな人と死ねた方が云々のセリフや、ゾンビを轢く事に覚悟を決めるシーンでの反応は人間らしかったかと。

ヒロインはあのスーツ教師が問題ありだと知っているなら、簡単にでも具体的にどこが駄目なのかを説明しようよ。

教師がリーダーになるあたりは、エセ民主主義という感じでした。独裁政治の始まりという感じ。
この状況でまず「リーダーになること」を優先するとは、なんて世紀末リーダー伝。(もう新世紀ですが)

予告からすると街もモヒカンこそいないものの世紀末化しているようだし、今後は人間同士のイザコザになっていきそう。
名もない生徒達はこの先どんどん減っていくのかね。

■もやしもん 3話
モップをかけられるところがいいね>菌

ボツリナムのボツリヌス菌への変身がホラー気味で怖ぇー

■刀語 7話
今回は妙に線が太いと言うか紙芝居的と言うか、不思議な作風でした。

姉のブッ壊れっぷりと狂気が凄い。
早く私を殺しにいらっしゃーい(リリーナ)
悲劇と言うか因果と言うかなのですが、大事なところで「かみまみた」なので、どう受け取ったらいいのか悩みます。

7話時点で最強の強敵を倒してしまったけど、これからどうするんだろ。

■HEROMAN 18話
皆で遊びにきた無人島で怪物に襲われて、仲間やヒーローとはぐれて、彼女と2人きりになってと、
なんだか「そらのおとしもの」の無人島回みたいでした。
何かギャグなオチが付くんじゃないかと最後まで警戒していたら、続いちゃうのかよ!

これまでの流れから外れた単なるインターバル回かと思ったら、意外に本編にきっちり絡む話になるんですかね。
普通の「研究」であんなバイオハザードが起きるとも思いにくいし、先週教授が言っていた「スクラッグの遺産」絡みの研究とか?

あの髪型のままで海に入るのか>ヴェラ先生

海でもヒーローマンを出してる間は左手がコントローラー(?)状態なのね。あれで海で遊ぶのはキツイような(^^;

ヒーローマンは別に防水はいらないのね。

政府に招待されて来た無人島なのに、あの科学者以外政府関係者がいないのがちょっと不思議。
ヒューズさんも出てくれると思ったのになあ。

|

« 週刊少年サンデー35号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(7/30-8/1分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/35947363

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(7/26-29分):

« 週刊少年サンデー35号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(7/30-8/1分) »