« 今週のアニメ特撮感想(7/30-8/1分) | トップページ | トイ・ストーリー3(映画) »

2010年8月 2日 (月)

週刊少年ジャンプ35号感想

■SKET DANCE
いい話だった…と言うには悪趣味な気も。

表紙を見て、結構長いことロマンちゃんが活躍してないなあと思いました。

■トリコ
やはりトリコはこういう過酷な環境相手の冒険が面白いです。
波紋…じゃない、特別な呼吸法とかハッタリの効いた解決法が実に楽しい。

■ぬらりひょんの孫
おじいちゃんがあのままやられてしまったらガッカリする所でしたが、傷を負ったとは言え、自力で脱出してくれて良かったです。
「魔王の小槌」の事にも気付いてくれたので鏖地蔵や二代目殺害の謎にも迫って欲しいところ。

おじいちゃんが離脱して間髪入れずにリクオ率いる百鬼夜行が現れるところはなかなかテンションが上がりました。ゆらも畏のはおりを着ればいいのに(笑)

青田坊がまだ合流していないようですが、後からおいしい場面で現れるんでしょうか。それとも最後まで清継くん達の護衛に専念か?

■ONE PIECE
今回は頂上戦争後の世界政府や海軍や海賊達の状況が描かれました。
五老星が言う「七武海に空いた三つの席」ってのは、ジンベエと黒ひげとモリアの分ですね。
まあ残り4人も、ハンコックは半ば裏切ってるし、くまも脳改造済みとは言え完全に政府の手先かどうかは疑問だし、ドフラミンゴもミホークも好き勝手に動きそうなんで、ほとんどボロボロな状況なんですけどね。
ここにもしもバギーが加わったりしたら、ますます七武海はシッチャカメッチャカになりそうです(笑)

億超えルーキーが1人脱落したかのように五老星が言っていますが、誰のことでしょう。
今回出たキッド、キラー、カポネ、ホーキンス、ウルージは違うだろうし、ローもそう簡単にやられるとは思えないし、残る候補はボニーかアプーかドレークですが、頂上戦争の時に白ひげ(orエース)に思い入れがあるようだったボニーなら黒ひげに喧嘩を売ることもありそうかなあ。

ガープもセンゴクさんも実質引退だそうで、次の海軍元帥候補は青キジですか。
過激すぎる赤犬や黄猿をトップに据えたら海軍自体大変なことになりそうだし、妥当な選択か。青キジ本人は気乗りしなさそうな気がしますけど。

ところで、ここでセンゴク・ガープが海軍トップを退くとすれば、映画版は「頂上戦争“後”」の話ではないことになるのでしょうか?
…と思ったら今回カポネの船が浮いてたりして。やっぱり劇場版に繋がるのか?

声が聞こえるとか言っていたコビーは本当に覇気に目覚めていたようで、「覇気」の説明もそろそろちゃんとやって欲しいところ。レイリーに期待。

ルフィがやらかしたこととは、海軍本部に現れて広場の鐘“オックス・ベル”を鳴らすことでした。
「時代の終わりと始まりの16点鐘」ということで、なるほど…とも思ったのですが、ルフィ(レイリー)の真意は別なところにあって、真の意味はどうも“麦わら一味へのメッセージ”だったようですが、
正直どういう内容なのかは正直よく分かりません。ゾロ以外は皆分かってるのに(^^;

ONE PIECEで「鐘」が出たエピソードと言えば、空島篇のラストが印象的でしたが、関係が…ある…のかなあ?
この行動を考えたのはルフィではなくレイリーだし、空島の鐘には別に繋がらないか。

とりあえず、こういうニュースならチョッパーが驚くのも、ロビンが微笑むのも分かる気はしました。ビビの「おしゃれ?」はちょっとよく分からないですが(笑)
(追記:コメントで「右腕の刺青のことでは」との意見を頂きました。確かにソレっぽいですね。)

それにしても、物知りだな>キラー

フランキーがなんだか凄いことになってますが、早いところ治療なり再改造なりしてください(^^;
その前に捕まりそうなんだけど。

■いぬまるだしっ
ゴリラが日常に紛れ込む展開というとクロ高を思い出しましたが、ジャンプ的にはむしろゴリラと言えば空知先生か(笑)
ゴリラのラブロマンス…と言うよりトレンディドラマなオチに吹きました。

訂正されたサブタイトル「第94回 光子の大脱走」で気付いたけど、もうすぐ100回ということでめでたいのですが、
Twitterを見てると大石先生はどうも腰を悪くして少し入院されていたようで心配です。連載はどこかで休みが入ったりしないんですかね。

■めだかボックス
母も凄いけど、
すっかりアブノーマルからも一目置かれている鍋島先輩が凄い(笑)

■BLEACH
常に怪しさ満点だったギンが愛染を裏切る可能性はあるかと思いましたが、最初から裏切ってたわけですか。

「13kmや」も嘘だったとは、それはさすがに予想しませんでした。13km発言の時には結構あちこちでネタにされていましたが、まさかあれがブラフだったとは。
今回は面白かったです。

ただ、胸に穴があいてもやっぱりここで愛染が死ぬとは思えないのですが;
「鏡花水月の能力から逃れる唯一の方法」が嘘だった可能性もありそうだし。

■保健室の死神
「ふるえ」って、ヒドイ名前付けるな(笑)

安田くんの有効活用に爆笑しました。エロと安田は使いようなのだな(笑)
まあ、安田くんと一緒にいれば大概のことはバカバカしくなる気もします。

クラスメートと怪談というシチュエーションで花巻さんの出番が無かったのが残念です。まあ、怪談大会なんてハナから参加しなさそうな気もするか。

■べるぜバブ
ベル坊を上手く活かしてくれたのは良かったかと。

■黒子のバスケ
初めて桃井が可愛く見えた気がします。

■PSYREN-サイレン-
03号は倒したもののフレデリカは吹っ飛ばされ、敵の増援も出現しとかなりのピンチですが、ここで朧が反抗開始ですか。
オド=朧なのはやはり間違いなかったですが、洗脳されているとかではなくちゃんと自由意志があるようで、味方のようで良かったです。

と言うか、オド(朧)ってイルミナを埋め込んでるんでしたっけ。
それなら現代に帰るにもまた問題が増えていますが、タツオの件もあるしどうにもならないままって事もないか。多分。
(それよりも掲載位置の方が心配です)

|

« 今週のアニメ特撮感想(7/30-8/1分) | トップページ | トイ・ストーリー3(映画) »

コメント

はじめまして。
ビビの「おしゃれ?」発言は、ルフィの刺青、タトゥーの事ではないでしょうか?

ビビは、ルフィがおしゃれでタトゥーを入れるような性格じゃないのに、何故だろう?と思って先週の号で難しい顔をしていたんだと思います。

そして、タトゥーにも、仲間へのメッセージが込められているのかな?と、思いました。

投稿: らんらん | 2010年8月 2日 (月) 13時18分

右腕の刺青、多分エースのと同じ系統だと思われます。
サボが居た子供時代の署名と同じデザインで、ASL(エースサボルフィ)を書き変えたと言われてる奴です。

投稿: 通りすがる | 2010年8月 2日 (月) 13時34分

■ONE PIECE
フランキーは酷い事になってますが、今度も背中側は改造できないのでしょうか。
背中が改造されれば、弱点は減りそうですが。
背中は普通という特徴が無くなるのは惜しい気もしますけど。

■べるぜバブ
先週のオーバーヘッドキックから今週の流れが「究極超人あ~る」みたいです。
生徒会との対決という辺りも同じだし。
うるさいことを言う人にはパクリと言われそうです。

投稿: WD | 2010年8月 2日 (月) 18時01分

なるほど、確かに「おしゃれ」は刺青のことみたいですね。見落としてました(^^;
そしてエースの刺青と同系統に見えますが、こちらはなんて書いてあるんでしょうね。
「BODY」の文字のBとOにバツが入っているような気がしますが、意味はよく分からないなあ。

フランキーは、前半分は皮膚がはげちゃってるみたいですが、背中側は大丈夫みたいな感じがしますので、
今度も前面だけの改造かも知れないですね。
やはりその方がキャラは立つと思います。

べるぜは、確かに言われてみればあ~るっぽい(笑)
パクリという人は、自分の巡回範囲では見ていませんが、いるんですかねえ。

投稿: でんでん | 2010年8月 2日 (月) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/35990462

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ35号感想:

« 今週のアニメ特撮感想(7/30-8/1分) | トップページ | トイ・ストーリー3(映画) »