« 今週のアニメ特撮感想(1/11-14分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ7号感想 »

2011年1月16日 (日)

今週のアニメ特撮感想(1/15-16分)

■レベルE 1話
原作既読。
単行本1巻の奥付を見ると第1刷が1996年3月ですか。何もかも懐かしい…
ただ、今後の展開はよく知っているので今後アニメ感想を続けるかどうかは分かりません。

1話の印象としては、丁寧につくられていて、概ねいい感じだったかと思います。
とりあえず、おう(ネタバレ回避)…もとい宇宙人のウザさはよく表現されていたかと(笑)
人形劇の描写がサイコーでした。

後から出る人達がチョコチョコ顔を見せていたり、舞台描写が少し違っていたりと、細々と原作から変えていましたが、
そのあたりは世界観の奥行きを広げる感じでいい方向に作用していたんじゃないかと思います。
野球部の面々とかをこの段階で見られるとは思いませんでした。
夜の桜の描写は綺麗でした。

描写は丁寧でしたが、その分話のテンポはちょっと遅かった印象です。
アニメ1話で原作1話ラストまで行かなかったのはちょっと残念。次回からはもうちょっとペースアップして欲しい気もします。

ただ、単行本を確認すると、1話が60ページ、2話が45ページ、3話が35ページなので、配分的には案外適切なのかも知れません。
「3話の見開き」の処理次第で単純にページ数では判断出来ませんけど。
ホント、あの見開きはどう映像化するんだろうなあ。

膝の上にコーヒーカップを置いての登場がアニメでは印象的に見えましたが、
単行本を読み返してみると原作も同じだったんですね。この辺は忘れてました。

鳥の描写が意味深でしたが、あれは何かに繋がるんですかね。

インチキUFO写真的なエンディングは面白かったです。

ところで、HUNTERはいつ戻ってくるんですかねえ…;

■とある魔術の禁書目録II 14話
イタリア編開始。

上条さんいくつ同じTシャツ持ってるんだよ。オバQかお前は。
アニメでなら(飛行機に乗るために)普通の服に着替えさせられたインデックスが見られるかと思ったらスルーですか(苦笑)
イタリアに着いて早々知り合いに会ってしまうあたり世界狭いなあ。
本人も自己ツッコミしているがあえて言おう。ノックしろよ!(笑)
今回前半は気楽にツッコめて楽しかったです。

運河から出てきた船は無駄な壮大さがアニメとして栄えて良かったかと。

■夢喰いメリー 2話
禁書と連続で風呂ネタですか。
木製戸だった禁書に対し、こっちの浴室はガラス戸で電気もついているのだから「ノックしろよ!」ですらないぜ。

本編及びCDのCMでドーナツをパクつくメリーは、忍野忍に続くミスド回し者キャラになるのかと思いました。

新キャラは増えつつも、話はまだ下準備段階的で本格的に動いていていないような感じですが、とりあえずメリーが泣き虫キャラなのはよく分かりました。
ラグ並に毎回泣くことになるのか注目です。

■仮面ライダーオーズ/OOO 18話
欲望まみれだと自称する伊達さんは、無欲すぎると言うか、自分を大事にしなさすぎる映司のアンチテーゼキャラなのね。
爽やかに自己中心的なあたりはちょっとウザいですが、映司が自分を泣かせるタイプだと言うのは納得です。
オーズとバースが協力出来るようになるには、映司がもう一皮剥けた時なのかなと。
まあ、その前に伊達さんが退場してる可能性もありますが。

とりあえず、後藤さんの明日はどっちだという感じです。
あの世だとか、すっかり迷走してるよ(^^;
あと、バースにはなれなくてもライドベンダー隊としては働こうよ(^^;

バースは会長が選んだんだそうで。
セルメダルの取り分に関するアンクとの取り決めの事はスルーなんですかね。
この人なら当事者同士に任せてしまいそうだ。

オーズは遂にというか、やっと青メダルを使用。
美味しいところはバースに取られたけど、バースも登場したばかりだから優遇されるのは仕方ないか。
で、ウナギはヒートロッド装備ですか。
単に電撃パンチくらいかと思っていたら、鞭まで装備してるとは思いませんでした。まあ、ウナギのデザインとしては納得か。
正直、ウナギっぽい鞭のデザインはあまり格好良く無い気もしますが(^^;

恋愛音痴な映司には笑いました。映司が今後一皮剥けてもこのあたりはあまり変わらなそうな気もします。

セルメダルを奪い合う伊達さんとアンクは、醜い争いだなあ(^^;
本当にしばらくこんな構図が続きそうです。

次回は新しい赤メダルを会長から貰えそうでしょうか。
よく分かりませんが、あれはコンドルですかね。
お兄ちゃん方面でも進展がある…のか?

■STAR DRIVER 輝きのタクト 15話
前回に続いてシリアス展開。
次回にはミズノ拉致までいってしまいそうでキナ臭くなってきました。
元気キャラだったミズノがショックで打ち拉がれているのは痛々しくてなかなかショッキングでした。

タクトがワコを好き(っぽい?)場面を見ただけでミズノが引いてしまうのはちょっと意外でしたが、親に裏切られた経験から案外臆病だったんですかね。

エンドレスエイト描写はサスペンス的で緊張感が高かったです。あれは怖い。
サカナちゃんが島を出られたのは巫女の資格を失ったからだったのね。最初の頃はそれこそ設定を分かっていなかったので今頃理解しましたよ。

綺羅星7連発が素敵。
そのうち十字団全員連続綺羅星をやって欲しいものです。

|

« 今週のアニメ特撮感想(1/11-14分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ7号感想 »

コメント

>000

伊達さんが自分中心でも美学を持ったキャラクターで安心しました。確かにちょっとウザ気味なとこもありますが。
しばらくはバース推しでしょうけど、エージくんにとっては(もしかしたら後藤さんにとっても)良い兄貴分となってくれるのではないでしょうか。
しかし会長、「自分が選んだ」言ってましたが伊達さんかは確認してなかったような…?気もします。

しかし……ここまで殊勝な態度の後藤さんは初めて見たかもしれません(笑


>スタドラ

ミズノよりも姉の健気さが報われないところがショックでした。なんかフォローあるといいなぁ。

「島から出られない」理由って、そもそも物理的に無理なのかよ!と不謹慎にも……
案外ボスさんは巫女を縛るシステムの打破を個人的に狙ってたりしませんかねー。
したら、むしろ登場キャラ全員で綺羅星☆できそうですが!

本編のシリアスさは予告前のワコのせいで台無しでした(笑
本当に突然だよッ!

投稿: 通りすがり | 2011年1月16日 (日) 21時05分

>OOO
伊達さんは初見より印象がよくなった感じですが、最後までいるかどうかはやっぱり分からないかなと。
会長が選んだのが間違いなく伊達さんかどうかは確かにハッキリとはしなかったですね。
ただ、欲望を隠さない伊達さんを会長は好みそうだとは思います。

後藤さんも映司も作中で成長していくポジションなんだろうなと、多分。

>スタドラ
姉はOPの様子からしても不穏な気がします。
「島から出られない」がどういうことか今回までよく分かってませんでしたが、
あれはいきなり知ったら確かに相当なショックでしょうねえ。ホラーですよ;
ラストは綺羅星サイドもあまり悲劇的にならなければと思います。

投稿: でんでん | 2011年1月16日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/38494824

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想(1/15-16分):

« 今週のアニメ特撮感想(1/11-14分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ7号感想 »