« 今週のアニメ特撮感想(1/29-30分) | トップページ | 週刊少年サンデー10号感想 »

2011年1月31日 (月)

週刊少年ジャンプ9号感想

■ONE PIECE
カリブーは開放されるやいなや人魚狩りとは、ちょっとギャグキャラになりかけていたので気が緩んでたけど、やっぱり外道だな。
しかし、船も無いのにどうやって人魚を連れて島から出て行くつもりやら。

ところで、カリブーの能力はドロドロかヌマヌマというところかと思ったら沼の方でしたか。
人魚達は体内に押し込められてしまったそうで、四次元ポケットみたいな能力ですね。ルフィが戦うことになったら力量的には問題なくても人魚を人質にされると厄介そう。

予言に加えてカリブーの人魚攫いの罪までルフィ達の罪にされそうで、また面倒な事になりそうです。
まあ、ウォーターセブンみたいに最後には和解出来ると思うんですけどね。

クラーケンに詰まっていたサメはここで出てきましたか。以前出た時は分からなかったけど、あんなにでかかったのね。
そして、人魚姫まであんなでかいとは!
あの父親に対してこの娘とは、いったい人魚の生体はどうなってるのやら(^^;

行方不明だったゾロに、フランキー・ロビンも無事だったようで。
ゾロはともかくフランキー・ロビンはもう少し先の出番になりそうですけど。

■トリコ
ゼブラは死刑執行中脱獄進行中でしたか。まあ脱獄というか公認で出て行くみたいだけど。

「囚人は任意で下の階へ刑のフルコースを進んでいくことができる」って、自分で望んで行くのかよ!?
ゼブラも望んで処刑を受けているとかで謎ですが、まあ後で説明が入るんでしょう。

ところでゼブラの口が裂けてるのって、まさか叫びすぎのせいとか?

他のレベルアップした四天王とゼブラでは力の差が付いているんじゃないかと思ったりしましたが、少なくとも肉体的には鍛えられ続けてたことになるんですかね。
美味いものを食えてるか(グルメ細胞を進化させられているか)どうかは分かりませんが。

■銀魂
3ページ目にしていきなり牢獄入りなスピード展開だったので、一瞬、一週飛んだのかと思ってしまいました(^^;
速攻で懐柔される鯱がチョロすぎてラブリー。

■バクマン。
幸せになった平丸さんはやっぱり駄目なのかー!
前に蒼樹さんと付き合う事になった時、「平丸さんの漫画これから増々面白くなる」みたいに言ってたのを疑問に思ったけど、やっぱりこうなるよねー。
平丸さん本人は幸せになってもいいからネガティブさだけは失わないで欲しいです。平丸さんはペローナ様にネガティブホロウを食らえばいいよ!

七峰くんのやたらと明るいキャラはどうも嘘くさいと思ったら、態度も含めて全部演技でしたか。これも計算のうちかジョジョ!!
やり方はかなり大胆に邪道ですが、サイシューも七峰の言うとおり色々やらかしてきたのは確かだしなあ。
…とはいえ、仕事相手を見下して騙し討ちするような事はしてきてないから(港浦さんは下に見てた気もするけどそこまで裏切る真似はしてなかったんじゃないかと)(たしか)、その辺が七峰との差でしょうか。
とりあえず、七峰がサイシューにどんな影響を与えるかが注目かと。

■BLEACH
箱庭スキー場を思い出しました。

ところで石田を襲った犯人のことは聞かなくていいのかね。
描かれてないところで既に聞いている可能性も無いわけでは無いですが…。

■べるぜバブ
ヒルダも踊るのか!

葵姐さんがすっかり世話女房で良い感じでした。

すっかりギャグ担当になってた神崎や姫川も普通の不良相手には十分威厳が通じるんですね。
ところで坊ちゃんがネトゲにハマってるとなると、探しようが無さそうだけど、どうするのやら。

爺さんもちゃんと悪魔の事を分かってるようで、修行も核心に入りそうで期待します。

■ENMA GAVEL エンマ・ガベル
読切。
閻魔の息子とかじゃなくて閻魔大王本人だったとは。地獄の方は放っておいていいんですか?(^^;

連載しやすそうな設定ですが、「三つの証」の設定が扱いが面倒臭そう。ストーリーとバトルがパターンに陥りやすそうな気がしました。

■【エニグマ】
スミオの活躍を見て頬を染めるアルはやっぱり女の子なのだろうかと思ったけど、ラストページを見る限り何とも言えないなあ。

あの歯車の向こうのボタンを押せとは、なんという無理ゲー。
ひいなの腕か、会長のサイズ変更か、クリスの二次元ならまだどうにか出来そうなんですが、予知ではどうしようもなさそうです。
スミオじゃなくてクリスの方が身を挺する展開になりそうか?
気ぐるみの腕をちぎっちゃうとか。(痛いはずだけど)

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
ザウスには昔行ったなあ。

ドームの中と外でスケールが合ってない気がしますよ。
あんな施設が出来たら面白そうだけど、どれだけの土地がいることやら。

■めだかボックス
蝶ヶ崎はATフィールド使いですか。
「トランプとか武器に(笑)」って、
ねじを武器にしてる人に言われたくないよな(笑)

大物キャラとして登場しながら噛ませ役しかやらせてもらえなかった日之影先輩でしたが、ここで己の無力さを実感させて成長キャラにするのは良い展開かと。
まあ不知火の助力を借りるのは情けないような気がしなくもないですが、「なりふり構わず感」は出るのかな。

不知火の能力は具体的には分かりませんが、やっぱり食事系なんですかね。
なんだかハガレンのグラトニーみたいな印象が。

生徒会なのにすっかり陰が薄くなってる阿久根や喜界島にはちゃんとそれなりの活躍を見せておいて欲しいものです。

■いぬまるだしっ
ふとしくんはデブキャラポジションに誇りを持ってたのか(笑)

■ぬらりひょんの孫
とおりゃんせは百物語組だったのか。
「お前らの中にも」というのは裏切り者を示唆している…というか、
幹部に山ン本の一部がいるんでしたっけ。晴明との再戦まではそのあたりに切り込んでいくんでしょうか。

女の子たちは解放はされてもやはり死んでいるのね。切ないなあ。

■黒子のバスケ
黒子のドライブがまばたきを利用している…というなら理由付けになるかと思ったけど違うんですか。
それが違うのならどういう理屈なんだろう。目の盲点を利用してる…とか言わないだろうな(^^;
複人数相手に通じてるようなので、それも違うでしょうけど。

■保健室の死神
派出須先生は何の記憶を抜かれたんですかね。自分の脳力の事を忘れちゃったとか?

|

« 今週のアニメ特撮感想(1/29-30分) | トップページ | 週刊少年サンデー10号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/38675913

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ9号感想:

« 今週のアニメ特撮感想(1/29-30分) | トップページ | 週刊少年サンデー10号感想 »