« 週刊少年ジャンプ8号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(1/24-28分) »

2011年1月26日 (水)

週刊少年サンデー9号感想

■BE BLUES
新連載。野球の次はサッカーですか。
とりあえず耳がでかいです。
いずれ中学~高校~日本代表までやるのを目指すんでしょうけど、さすがに男女入れ替わりは今回だけですかね。
大きくなってもそれをやったら、別の漫画になりそうだ(^^;

■鋼鉄の華っ柱
高すぎず安すぎない500円玉の価値の表現がなかなか実感。ワンコインなのにそれなりに色々買えるのがいいですね。
初めて500円玉が出来た頃の新鮮な気持ちを思い出したりしました。

ラストの真道は、こういう事態だと確かに頼りにはなりそう。

■マギ
食客だからって食ってばかりでいいわけ無いよねという話(違)

1話で痩せてくれて良かったです。延々引っ張られたらどうしようかと思いました(笑)
アラジンが魔力を使う機会が減ったから太ったと言うのは納得でした。

モルジアナは堕落して太っていく2人を見ていて、半年も何も言わなかったのだろうかと思っていたら、むしろ甘やかす側でしたか。
ペットを太らせてしまう飼い主の資質大です(^^;

魔法使いのお姉さんが案外いいキャラでした。怒らせると怖いのがいいね。

■史上最強の弟子ケンイチ
宇喜多の株がアップ。
いっそ千影が宇喜多の師匠になれば良いよ。

松ぼっくりを投げたのはやっぱり梁山泊の誰かですかね。ちょっと前にチラリと出ていたしぐれどん?

ジークは新白の中でも「頼りになる感」が高いです。リミの相手はジークか美羽かどっちなんでしょう。

■神のみぞ知るセカイ
結の攻略力に吹きました。結と絡む(絡まれる)桂馬は面白いなあ。
女装桂馬は見たいような見たくないような…。いや、表紙とかでネタでなら見てみたいです。

結はかなり女神入りの可能性が高そうに思えるけど、どこまで「覚えて」いるんですかね。彼女の場合、攻略状況がかなり特殊で非現実的だったから、案外夢でも見ていた気になっているかも知れませんが。

そう言えば真犯人のメガネっ娘のことは、刺されたかのん(アポロ)本人以外はまだ敵として認識してないんでしたっけ。(たしか二階堂先生は見ていたけど、泳がしてるし)
5人同時攻略ということで展開が滞りがちなので、ここらでフィオ方面からでも展開を動かして欲しいところです。

■最後は?ストレート!!
「虎の威を借るキツネ戦法」
これが通じるのも少しの間だけだろうなあ。
お姉ちゃんの作戦がこれだけで終わりでなく、色々策を繰り出してくれればと期待します。

スピードの無い球を作戦で攻略というと「おお振り」を思い出しますが、こちらはあれほど制球力がある訳じゃないだろうから、どうするのやら。

■ハヤテのごとく!
サキさんは本気でショタ狙いなのかー。

なんだか学生サイドより大人サイドの方が興味を持ってしまいます。
とりあえず薫先生はもーちょい頑張れ。
いっそオニデレのドンさん式愛の試練を課せば思い切れるかも知れない。

■境界のRINNE
やっぱり翼はどうも頼りないなあ。力量以前に知識が足りていないと言うか。
まあ、あまり有能なキャラになってもつまらないんですけどね。

■結界師
夫婦の痴話喧嘩&仲直りに、羽織をかけてやる正守にと、なんだかこのまま丸く収まるんんじゃないかと錯覚してしまいそうでした。
これで周りを巻き込んで多数の犠牲者を出していなければ、いいシーンだったんですけどねえ。
すぐに総帥に運命を狂わされたカケルが出てきて「犠牲者」のことを思い返されました。

カケルのまじないで破滅エンドかと思えましたが、まほら様が抑えられるんでしょうか。
とりあえず、正守に見せ場があるのかが気になるところです。

ところで、まほら様のスカートは椎茸のようだ。

■ARAGO
究極の選択。ここで一般人を見捨てたらヒーローじゃないものなあ。
ですが、次に似たような状況があれば、敵の策略を上回る手を見せて欲しいところです。
と言うか、今回ももうちょっと上手くセスと役割分担出来ればどうにかなったかも知れない?

相手の攻撃を掴んで反撃出来るのはかなりのパワーアップだったかと。

■絶対可憐チルドレン
お父様が…(笑)>さぷりめんと
平和の為には黒い幽霊にはギャグ要員でいて欲しいものです。

新登場のレベル7は少年キャラでしたか。
また小憎らしい小僧ですが、皆本の天然たらし力がショタにまで通じるかに注目です。

コメリカのレベル7は7人だそうで。
アメリカの人口が日本の2.4倍程度(らしい)と考えれば適正でしょうか。
まあ、アメリカじゃなくてコメリカなんですが。

しばらくはチルドレンの出番は休みかと思ったけど、そんなわけは無かったですか。

■月光条例
すっかり「現代人」扱いされているイデヤに笑いました。順応しすぎだろう。
ここに来て(ずっとマスコットでしかなかった)一寸法師が重要な役目を負ってくれるのはいい感じ。
無力なキャラが頑張ってくれる展開が好きなので期待したいところ。

■はじめてのあく
サブローが奪い取った写真が4枚しかないのが気になるところ。もう1枚謎の写真があったはずだけど、やっぱりアレはキョーコの写真で、最後にキョーコが狙われる展開になるのでしょうか。

「呪われてる」として3人以外は選挙出馬を取り止めたそうですが、「狙われてる」とか妨害されているという発想にならないあたりが平和な学校です。
まあ非常識な狙われ方だったし、人為的と思わないのも無理はないか?

敵の正体をジローがきっちり暴いてくれたのはひとまずスッキリでした。
ジローと黒澤さんのタッグがなかなか熱いですよ。
ジローの白マントパンチと敵の黒パンチは対比的で結構画面映えします。

■オニデレ
ドッキリかよ!!
今週の銀魂とドッキリネタが被っちゃったのは少し惜しいけど、予想外のインパクトは個人的にはこちらが上でした。
本気でシリアス展開かと思っていたので完全に騙されてしまいましたよ。

ドッキリと知っているのに瀕死なサヤが実にサヤです(笑)
皆の優しさも(迷惑で)最高でした(笑)

|

« 週刊少年ジャンプ8号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(1/24-28分) »

コメント

■鋼鉄の華っ柱
>ワンコインなのにそれなりに…

たしか、一般的に使用されている物としては、世界で最も高価値な硬貨だとか。

■史上最強の弟子ケンイチ
このマンガでは、ヘリコプターとは飛び下りるモノなのでしょうか。

投稿: | 2011年1月26日 (水) 23時19分

>500円玉
wikiってみると有数の高額硬貨とありますね。知りませんでした。
そういえばマイナーチェンジとかしたんだっけなあ。

>ヘリ
あまりに当たり前のように飛び降りるので既に不思議にも思わなくなってました(笑)

投稿: でんでん | 2011年1月26日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/38621329

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー9号感想:

« 週刊少年ジャンプ8号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(1/24-28分) »