« 今週のアニメ特撮感想(2/28-3/4分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(3/5-6分) »

2011年3月 5日 (土)

機動戦士ガンダムUC episode3「ラプラスの亡霊」

(古橋一浩監督)

今回は予定通りにパラオ戦から原作5巻ラストの大気圏突入まで。
今巻もかなり端折り気味ではあるけどいいペースでした。
もう折り返し時点なんですね。ここまで来るのに案外早かったなあ。次は秋ですか。

・今巻はおっさん達が輝いている回でした。ダグザもジンネマンもギルボアもいいキャラですよ。
・最初は情けなかったオットー艦長も大分いい味を出してきましたし。
・ガエルちゃんの出番はカットですか(見落として無ければ)。いいハゲ親父だったのでちょっと残念です。

・マリーダさんの過去描写は、分かる人は分かる程度のボカされかただったけど、やっぱりキツイなあ。

・今巻はこれまで以上にMS戦満載な回でもありました。ちょっと息継ぎが欲しいくらい。
・ドライセンやガザDやらの旧MSがいいですね。大概すぐにやられちゃうんですが。
・昔から思ってたけど、ドライセンのトライブレードは扱いづらそうな武器ですよ。あれってどれくらい有効なのかなあ。

・アクシズ(ネオジオン)のMSだとか、マリーダさんの秘密だとか、ハイメガ砲とか、今回はかなりZZの展開に依存してるのが印象的でした。
・新約Z的にはZZってどういう位置づけになるんだろうなあ。

・ラプラスでの放送は内容自体は聞き取り辛くてちょっと印象が薄くなったかと。(そもそも演説の内容は1話でもかなり端折られてるし)
・こういう演説って小説でちゃんと読むと面白かったけど、映像作品だとやっぱり端折る対象になっちゃいますよね。無理もないけど。

・大気圏突入はやっぱりどの作品でも燃えるね(機体も燃えてます)
・この巻ではデルタプラスの分と合わせて2度も大気圏突入をやってるのね。なんだかお得感。
・HGUC(プラモ)を組んで思ったけど、デルタプラスのウェイブライダー下面って剥き出しですよね。あれでもちゃんと大気圏突入出来るのだなあ。

公式サイト

|

« 今週のアニメ特撮感想(2/28-3/4分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(3/5-6分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/39115835

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムUC episode3「ラプラスの亡霊」:

« 今週のアニメ特撮感想(2/28-3/4分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想(3/5-6分) »