« 週刊少年サンデー25号感想 | トップページ | 今月のジョジョリオン »

2011年5月20日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(5/16-20分)

■花咲くいろは 7話
こんな非常識なサバゲーマーは(たぶん)いねえ(苦笑)

巴さん輝きまくりの回でしたが、いいのかこれで?(笑)
3話以降すっかりコメディ路線を突っ走ってるなあ。
それにしても、(緒花に対してもそうだけど)女将は本当に放任主義だ。

「神様はストーカー」の言葉で、ほむらを見守っているまどか神を思い浮かべたりしたりしました。(まあ真のストーカーはほむらの方だが。)

次回は、遂に女将が倒れちゃうシリアス展開なのか?
2クールらしいので、まだ早い気もするけど。

■日常 7話
冒頭がひどい夢オチだ(笑)

先生のアレは、「黒いの」って名前なのか?(^^;

なのはいじられかわいそうかわいいなあ。
ところで、そろそろ入学も近いのか?

■Steins;Gate 7話
扉が壊れても使えるのか>電話レンジ(仮)

クリスは隠れオタクだなあ。…あまり隠れてない気もするけど。

Dメールで過去を変える実験が成功したようで、これで初めて能動的に過去を変える事に成功したことになるんですかね?
(1話での改変(世界線移動)は原因がよく分かってないですが、あれはクリスの死を回避するための改変だったとか?)

しかし何故に「オカリンだけ」に改変前の記憶があるのやら。
皆には過去改変実験の記憶が残ってないわけですが、ロトの件のメールを皆に見せれば実験が成功したと説明出来るんじゃないのかね。
今回の様子からしてショックでそんな気分にならなかったって事ですかね。普段の大言壮語に反してオカリンも結構デリケートだなあ。

バイト戦士はやっぱりターミネーター的な荒廃した未来から来たとかでしょうか。
でも、クリスの事は警戒していたのに、オカリンのタイムマシン実験は特に咎めようともしないのね。それどころか応援するとは、謎だ。
もしかしてバイト戦士もオカリンの「救世主」化を望んでいるのか!?

■C 5話
僅差の負けでも身内が盲腸になったり単位を落としたりするとは、ディール恐るべし。
まあ盲腸と単位の両方が金融街の影響なのかどうかは判断不能ですが。

そして、大資産家の敗北は大企業の倒産まで呼んで万単位の人々に多大な影響を与えてしまうと。
三國が現実社会への影響を危惧するのも分かります。

そんな金融街の影響を極力抑えようとする、三國の清濁を飲み込んだやり方は実にヒーロー的に見えますが、
オープニングからすると主人公は三國と対立する事になっちゃうんですかね。

あと、金融街を作った超常的な黒幕というものが登場するかどうかは分かりませんが、
もしそういう存在がいるなら三國のやり方は金融街側から見れば気に入らないんじゃないかという気もするのですが、どうなのやら。

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5話
じんたんやあなるだけでなく、ゆきあつもめんまの死に対して自分を責めてたのね。めんまの死の影響はつくづく大きいなあ。
本当に皆が過去に引き摺られてしまっていて切ないですよ。普段天真爛漫なぽっぽでさえ今回ラストでは痛々しさを感じました。

この状態を少しでもいい方に動かそうとするなら、じんたんには逃げずに自分自身やめんまに向き合って欲しいところなんですが、
まだまだ逃げてるなあ…;
本人も自覚してるけど。

一方、前回ラストでドン底にまで堕ちたゆきあつさんは、「もう何も恐くない」と憑き物も落ちたようで、かなり綺麗なゆきあつさんになってました。
あなる救出はグッジョブです。
ゆきあつさんには今後じんたんを引っ張り上げる役目も期待したいところ。「パッチン」の件でめんまがいる事も認めそうだし。

それにしても、
 あなる → じんたん → めんま ← ゆきあつ ← つるこ
と、なんというめんまへの一極集中。あなるの「モテすぎだぞ」発言にも同感です。
ぽっぽ1人が(恋愛的には)蚊帳の外なのね。まあ、ぽっぽにもまだ隠された過去があるかも知れないけど。

あなるは、流されやすいというのはこれまでもつるこに指摘されていましたが、今回はその危なっかしさ、弱さを思いっきり露呈することに。
純情なのは可愛いし美点ではあるけど、あまりにウブすぎるぜあなる;
ああいう場合は問答無用で全力で逃げるなり叫ぶなりしないと。

毎回似たような事を言ってるけど、めんまは紙と鉛筆を使えば一発で皆と意思疎通が出来るはずなのだが、やっぱりそれを言ったら台無しなのだろうか。
今回の最後でもぽっぽの前で食ってみればいいのに、と思えてしまうのは困ったところ。そう言うところであまり疑問を感じさせて欲しくないなあ。

■電波女と青春男 3話
男のクラスメートとの交流のない主人公だ。まあ珍しくもないけど。
とりあえずタララギさんとでも呼んでおこう。

リュウシさんは可愛いですが、その「浮いた」元気っぷりはみのりん系だなあ。

3話で一気に主人公らしくなった主人公の行動でエリオの電波も(ある程度)解消。
雰囲気的にはここで原作1巻分なんですかね。

自転車急降下は時かけ的だと思ったら自分で言ってくれました。止まれ止まれ止まれ止まれー。
ところでガードレールは?とは思わざるを得ません。

|

« 週刊少年サンデー25号感想 | トップページ | 今月のジョジョリオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/40056538

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想・月~金分(5/16-20分):

« 週刊少年サンデー25号感想 | トップページ | 今月のジョジョリオン »