« 週刊少年サンデー24号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土日分(5/14-15分) »

2011年5月13日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(5/9-13分)

◆「魔法少女おりこ☆マギカ1」を読む。
てっきり表紙の小さい子が主人公で「おりこ」なのかと思ってたら、主人公ですら無かったとは、ビックリでした。

本編で言えば「4周目」の話なのね。確かに一番スキ間が大きいところですな。
4周目だと、まどかとほむら以外は誰がどの段階で死んでいても不思議じゃないのでなかなか緊張感はあります。
ストーリーについてはまだ謎だらけなので主にキャラ雑感。

ほむらは、4周目最初に不審人物丸出しでまどかに忠告したのに、ちゃんとまどかと仲良くなれていてほのぼのしました。
作品の内容はほのぼのなんて言葉からほど遠いけどな!
ところで本作に出るまどかはやけにアホっぽいなあ。

マミさんは、マミさんを ぼっちネタでいぢめる風潮はどうかという気もしていましたが、本作でもやっぱりぼっちで泣かされました(つA`)
おまけに幼女に泣かされてるし(笑)、かわいい。
杏子とマミさんがどんな関係だったのかは興味がありましたが、普通に力量は認め合いつつ互いのシマには手を付けないって感じですかね。

杏子は準主役と言うくらい目立っていておいしいですな。
本編6話くらいの時点でも、杏子は「口では悪そうな事を言っても目の前で人が襲われてたりしたら放っておけないんじゃ無いか?」と思ってましたが、やっぱり間違ってはいなかったようで。
心を許せる相手が出来ているのは良かった…と言っていいのかかなり微妙な感じですが。(この先は悲劇に向いそうな気がするし)

おりこって、本編1~3・5周目では何やってたのだろうと気になるところです。

この先どうなるかは分かりませんが、4周目と言うことはどんな展開になっても地球滅亡エンドだなと思うと切なくはあります。
まあ、本編最終回のまどか神によって全ての時間軸で魔女が存在しなくなったと思われるので大丈夫か。多分。

絵は正直まどか☆マギカ外伝として違和感がありましたが、話はちゃんと外伝しているかなと。

◆「魔法少女かずみ☆マギカ1」を読む。
まどマギキャラも登場する「おりこ」に対して、こちらは完全に新キャラのみ。
話も「魔法少女がソウルジェムで変身して魔女を倒す」くらいしか共通項は無い感じです。
魔女の定義も違っているようだし。(魔法少女が魔女になってる訳では無い様子。まだよく分からないですが)

魔法少女の新キャラが一気に7人も出るので、正直サブキャラが判別仕切れないなあ;

今のところは非常に明るい(むしろ脳天気)ですが、この先ダークになったりもするんですかね?

■花咲くいろは 6話
2万円で大喜びな緒花が泣かせます(つA`)

コンサルタント登場な回でしたが、実に駄目そうなコンサルタントだ(^^;
女将も認めてないようだし、若旦那の叔父さんが勝手に頼んでるのね。
家族向け旅館でチャイナコスプレは無かろう。
しかしそんなコスプレも試してみようとする緒花はズレてると言うかアグレッシブと言うか(^^;

とりあえず綺麗な着物は有りかと思います。
若い頃の女将も見てみたいものだ。

と言うか、そもそも喜翆荘の経営ってそもそも苦しかったのか。
これまでの話で喜翆荘が良い旅館なのか駄目旅館なのかはあまり判断出来なかったですよ。

■日常 6話
ゆっこVSみおのしりとりがひどい。つーかお前ら授業聞け(笑)

宿題を忘れて廊下に立たされるところは見たことが無いなあ。現実にある光景なのだろうか。
宿題忘れた奴の学力が落ちるだけじゃん。

鹿VS校長が、というより狼狽えるゆっこの動きが面白かったです。

サメ手なのがかわいい。

キャンプがひどい(笑)、とにかくひどい(笑)
まいちゃんの「リリース」が妙にツボに入って咳き込んでしまったわ。

■Steins;Gate 6話
突然のト裸ンザム空間は何だったんだろう。
あれでまたオカリンの時間が変わったりするのかと思ったけどそれは無かったようで。

時をかけるメールに名前が付いたり、その法則性が何となく分かってきたり、ラボメンがまた増えたりと、話もちょっとずつ進んでる感じ。
ホントちょっとずつだけど。

■C 4話
先生との戦い自体はあっさり終了で、「破産」することの恐ろしさを思い知らされる回でした。

子供達が「元からいなかった」事になっても記憶は残ったままとは実にえげつない。破産恐るべし;
発狂してもおかしくないと思うけど、あれで主人公を恨まずにいられる先生は凄いですな。
主人公がいなくなると子供達の記憶を共有できる相手がいなくなる、とはなかなか言えることでは無いかと思いました。

具体的にどうするのか分かりませんが、主人公にとっての方向性が決まった回だったのかなと。

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 4話
大変どうでもいいことですが、本作の感想を書くと皆のあだ名がひらがななので一見すごく読み難くなってる気がします。

「俺が本物のめんまを見せてやる!」
な、ゆきあつさんが、傍から見ていると実に痛々しい。
男らしい肩をイカらせて白いワンピースで走っていく姿が痛々しさと面白さを兼ね備えていて、どんな顔をすればいいのか分からなかったよ。
まあ笑ったけど!

一視聴者視点でこの痛さなのだから、身近にいるつるこはもっと見ていられない気分だったのだろうなあ。
だからこそじんたんにゆきあつを挑発するように頼んだのかなと。

勝手なことを言うゆきあつに反論するめんまの言葉が皆に聞こえないのがもどかしかったですが、
その上でじんたんによるめんまの言葉の方がめんまらしいと支持してくれるぽっぽがいい奴です。

ゆきあつの問題はあまり引っ張らずに解決に向かう…んじゃないかと思うのですが、
この先はあなるがイジメにあいそうで嫌な気配です。

めんま2号を率先して探すめんま1号が実に楽しそうで笑えました。
布団までかけて寝てるし、どこが幽霊なんだ(苦笑)
ぽっぽが出したコーヒーをその場で飲んでやれば皆納得しただろうに、もうこれは言ってはいけない事なのか?(^^;

■電波女と青春男 2話
エリオの話は、説得力の無い長門という感じだ。
しかし、本人以上に母親が問題という気もする。

エリオも電波だがクラスメイトも微妙に変なノリだ。自転車通学でヘルメットは別におかしくはないと思うけど。
こっちは今のところ電波というほどではないか。

もう1人の背の高い虚弱なクラスメイトはOPでタコを着てる人か。今回も着包みだったしこっちは電波だなあ。

|

« 週刊少年サンデー24号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土日分(5/14-15分) »

コメント

私が通ってた高校は宿題や教材を忘れたら教室の後ろで正座でしたね。
先生に指されて答えられないとその場で立ってないといけないシステムも併用されてまして、
指される順番が「正座組」→「立ちんぼ組」→「その外からランダム」で、正解すれば
椅子に座ってよいという。
指されてすぐ答えられれば正座時間は数分ですむんですが、間違えると何時までも優先度一番が自分だから延々と指され続けるシステムでした

投稿: 通りすがる | 2011年5月13日 (金) 10時45分

効果の程は分かりませんが工夫してますねー。
教室内での正座なら十分有りかなと思います。
立ちんぼ制度は、後ろの席の人にとって迷惑そうですが(^^;

自分の場合、中高で宿題忘れ対応がどうだったか覚えていませんが、
小学校の頃は普通に体罰有りな時代だったので、しっぺとかケツバットとかもありました。
今だと問題になりそうです。

投稿: でんでん | 2011年5月13日 (金) 12時47分

>おりこ
絵のクセは強いけど内容的には一番面白いねー
グロや鬱展開を描ける人選らしいので続きもヤバいよ!たぶん
魔女と化したまどかは毎回ほったらかしなのでその辺りのフォローとかするかもねー

しかしマミさんまた死にそうだwww

>かずみ
放課後のプレアデス!

投稿: くらげマギカ | 2011年5月14日 (土) 12時03分

>おりこ
1巻でもヤバい匂いは立ち込めまくりですな。
マミさんもまた死にそうだけど、今巻ラストのピンチぐらいは跳ね除けて欲しいものです。
あの場に都合よく杏子が救援に来たりとかは、さすがに無いと思いますが。

>かずみ
たーかーのーつーめー!

投稿: でんでん | 2011年5月14日 (土) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/39969719

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のアニメ特撮感想・月~金分(5/9-13分):

« 週刊少年サンデー24号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土日分(5/14-15分) »