« コクリコ坂から(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ37号感想 »

2011年8月19日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(8/15-19分)

■花咲くいろは 20話
喜翆荘で緒花達以外の仲居がいるのを初めて見た気がするけど、助っ人だったのね。

説得や検討をするならまず実践してみるべしという話でした。実際に見なければ人はなかなか納得しないし、試してみることで新しい発見もあったりするやね。
あと、持つべきものは友達だなと。
丸く収まって、オムライス子さんも案外いい子で良かったです。

そういえば緒花も料理上手かったのね。料理をしたのは2話以来だった気がするので忘れてました。
ところで「食う手伝い」は交代にしてやれよ(笑)

なこちのクラスのメガネさんがいいキャラでした。
ラストの絵も暖かくて良かったです。
他のクラスメイトも担任も出なかったあたりが割とヒドい気もするけど。

LOVEオムライスをもらった徹さんは、他の人も皆「LOVE」を書かれてるのかと納得してしまったようですが、
次回はいよいよ喜翆荘の隠れた三角関係が表立ってくる様子。修羅場が来るか?
果たしてそこに孝ちゃんが関われる余地はあるだろうか…。

縁さんとコンサルタントの結婚は、喜翆荘の未来がますます不安になります;

■日常 20話
みおのまんが道篇。
みおは絶対一人で描くほうが早いよ(笑)
まいちゃんの方ばかりに気を取られないでゆっこの方にも注意しとけよ(笑)
というかこの2人を手伝いに呼んだ時点で大間違いだよ(笑)

京アニの原稿用紙から出てくる新しいCMが本編の続きかと思ったよ。

みお姉は、妹に対してだけじゃなくて誰に対してもあのキャラなのね。そういえば前になののネジを取ったりしてたっけ。ブレない人だ。
今回も別に、アンニュイになってるみさとを慰めた…なんてわけでも無いんだろうなあ。
ところで、みお姉とみさと・みほし姉妹は繋がりがあったのね。剣道繋がりでみおや笹原とも繋がるわけだ。

ゆっこうぜーーーーーーーーーー!(笑)
それにしてもみおのツッコミ力は高いなあ。

■Steins;Gate 20話
オカリンのロッカー破りを止める助手が頼もしい。
ロッカー破りを強行しようとしてたら、普通に警備の人に止められるなりして失敗してたんだろうなあ。
大体、場所名はともかくどのロッカーに入ってるかまでは分かってなかったろうし。

で、FBの正体はミスターブラウンとは。
既登場人物の中では他に候補者がいないとは言え、本当にそうだったとは、ちょっとショックです。
萌郁死亡&ブラウン自殺の辺りはホント救いが無い;

で、まゆりの死を回避出来たとしたら、今度は1話のようにクリスが死ぬ事になっちゃうのか?
えらい二者択一だ;

えーと、前提条件がよく分からなくなってますが、ゲットしたIBN5100で今からセルンの情報を消すとかでは駄目なんだっけ。
どのみち、仮にこの時点でセルンをどうにか出来ても、ダイバージェンスメーターの値を大きく改変出来ない限りはまゆりの死は避けられないのね。きっと。

最初のDメール改変は(1話の状況を除くと)ロト6の件だったけど、
あれを取り消してもまゆりの死は(多少日がズレても)避けられないのだろうなあ。やっぱり。

■夏目友人帳 参 7話
的場の話の続き。
人間サイドの負の側面が大きく出た話で、本作としては珍しく後味の悪い話でした。
的場にいいようにされただけで終わってしまったしなあ。
とりあえず、この話が三期最終回じゃなくて良かった。

ぬいぐるみで通せてしまうニャンコ先生はリアル猫だとするとどんな感じなのであろうか。

夏目は本当によく高いところから落ちますな。前回は2回落ちて、今回も1回自分で飛び降りて、1回落ちて、と。
よく大怪我しないものだ。今回はクッション(笑)も無かったのに。

今回の妖怪も怖かったです。実に妖怪大決戦。

レイコさんが妖怪達に有名なのはこれまで何度も描かれてますが、人間の霊能者サイドから見てどんな扱いだったのか、気になるところです。

■輪るピングドラム 6話
階段から落とされた髪長子さんは、赤髪さんに記憶操作されちゃってた様子。(記憶操作と言うより記憶消去か)
かと思ったら、兄と付き合いのあった他の女2人も兄の見ている前で次々スナイプされて記憶消去。
女達の記憶が消されていく辺りは、サスペンスと言うよりほとんどホラーでした。
赤髪さん恐るべし。取りあえず「女マーベリックさん」の称号を贈ろう。
とりあえず、こういう異常事態に対してペンギンがまるで役に立たないことはよく分かりました(苦笑)

トゲ付き栗を食うペンギン2号がかわいそう…(笑)

兄弟とひまりの事情を知ったりんごは、とりあえず条件付きで協力してくれる事になったようですが、
弟に対する態度にますます遠慮が無くなって、恐るべき暴走っぷりでした。
普段以上にぶっ壊れていたのは熱のせいもあったようですが。

そしてりんごの事情が明かされたわけですが、
日記はそもそも死んだ姉のものだったのね。そして、りんごは姉の日記の行動をなぞっていたと。
しかし、日記にはりんごが演じようもない「猫」の事や「階段から落とされた女の子」の事も書かれていたわけで、やっぱり預言書的な側面もあるんですかね。
とりあえず、りんごの姉が小学生にしてはマセガキだったことはよく分かりました。

りんご母が弟の名字に反応したのは、兄弟の親と知り合いだったとか?

熱をおして先生宅に突撃したりんごですが、
「初夜」て…、あんなものでいいんかい;>りんご
実際に先生とどうにかなろうと言うより、あくまでバラバラになった家族を取り戻す為の儀式ってことなんですかね。
それにしても、広い床下だなあ。

りんごが口走っていた「プロジェクトM」を赤髪さんも語っていたりして、謎がますます深まってきました。
現時点では2クールの1/4だし、謎が明かされるのはもうちょっと先ですかね。
そして、オープニングにも出ている黒ペンギンが赤髪さんの勢力として登場。黒ペンギンはてっきり帽子様の本当の姿とかかと思ってたけど、違ったのね。
あと、ミュージカル回に出たスカンクはどうしたんだろう。こっちも赤髪一派かと思ってたけど。

|

« コクリコ坂から(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ37号感想 »

コメント

>ところで「食う手伝い」は交代にしてやれよ(笑)

 ほら、体重を気にするお年頃だから、ですかね。

 ピングドラム。女二人が撃たれてるのに、悠長に立ったままの兄貴の姿を見て、「ばか、早く隠れろ!」と思いました。兄貴を撃たないということは、赤毛女にとって、兄貴にはするべき役割があるということですかね。

投稿: ふよん | 2011年8月21日 (日) 18時41分

軽視されてる緒花の体重が哀れです(笑)
まあ、血族を見ているとあまり太る性質では無さそうだけど。

ピンドラは、とりあえず兄貴は軍人には向いてないと思いました(おい)
兄貴を孤立させることで赤髪にとってどんないいことがあるのかを想像してみると…
赤髪も兄貴を狙ってるとか!?(たぶん違う)

投稿: でんでん | 2011年8月21日 (日) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクリコ坂から(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ37号感想 »