« 今週のアニメ特撮感想・月~金分(8/1-5分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ35・36号感想 »

2011年8月 7日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土日分(8/6-7分)

オーズは甲子園ヤミーのため休みー
放送は21日なのかね?
よれよれ…

■TIGER & BUNNY 19話
バーナビーの両親殺しの真相が明らかに。
マーベリックさんが怪しいとはずっと思っていたけど、正体を表してからの邪悪さは予想以上でした。人の心を踏みにじるやり方が実にゲスい。
そして事件そのものも、ヒーロー業界の根本を巻き込むほどのスキャンダルだったとは、これはヒドい;
事件が解決してもヒーロー達の立場も微妙になっちゃいそうですよ。
真相が明らかになった後で世間に隠したらそれはそれでヒーローとしてどうなんだという話になっちゃうし。

記憶操作はマーベリックの能力だったようで、体調管理のカプセルは関係なかったのね。
それにしても、人に自在に記憶を植え付けられるとは何という月島さん。
記憶を操れるなら、バーナビー両親の事も操れば良かったんじゃないの?、と思わなくもないですが、なんでそうしなかったんだろう。
(夫婦)2人を同時に操ることは出来なくて殺した方が手っ取り早かったとか?

ウロボロスはヒーローのために事件を起こさせる自作自演組織だったのね。
まあ、マーベリックと組む前から犯罪組織として存在していたようだし、現在の事件もヒーローの為に起こしてるとは限らないですが。

引退話を適当に隠してしまう虎徹はイラっと来ますねえ。なんでそこでごまかす。
「能力が無くなりかけてる」と一言言えばバーナビーだって納得せざるを得ないだろうに。
バーナビーも虎徹が何かを隠してることを察してくれていたと言うのになあ。
この先ドラマを巻き返す為の「タメ」だとは分かるけど、やっぱりイラつくのは仕方ない(^^;

wikiには全25話予定と書かれてますが、それなら残り6話ですか。
話はいよいよクライマックスに近づいてきた感じですが、バーナビーの仇の話と、虎徹の引退の話はともかく、しばらく姿を見ないルナティックの話がちゃんと描かれる尺があるのかが気になります。
ルナティックの存在は虎徹の対になりそうだし、このままフェイドアウトするわけは無いですけどね。

能力に目覚めた楓の今後の事も、虎徹の動向と合わせてちゃんと描いてくれるだろうとは思うのですが、
…他のヒーローのメイン活躍回はさすがにもう期待出来そうに無いか。牛さん…(^^;

ところで、バーナビーが虎徹のチャーハンを食っていないままなのが地味に気になります。最終回までに食って欲しいぜ。

◆ヤングジャンプの桂正和氏のタイバニ漫画は楽しかったです。短いページ数で各ヒーローのキャラと設定を分かりやすく面白く見せている手腕がさすがのベテランっぷりでした。
新規層に内容を分かりやすく紹介しつつファンへのサービスもかかさない、非常によく出来たまとめだったかと。

あと、カリーナよりもホァンが優遇されてたような気がしたけど、桂先生的にはホァンの方が押しなのか?(笑)

ところで、能力を使うときに皆の身体が光っていて、折紙先輩も光っていたのですが、折紙先輩の能力って変身だけですよね。光る意味があるのだろうか(^^;
まあ、アニメでも重量物を持ち上げる時に光ったりしてましたけど。

■海賊戦隊ゴーカイジャー 24話
カーレンジャー回で「粗大ごみ」として捨てられたジェラシットが、→「生ごみ」→「タコ焼き屋のペット」とクラスチェンジして再登場。
さらにそこから、→「タコ焼き屋の弟子」→「ダーリン」と、華麗な転身を繰り返した挙句の駆け落ちオチがヒドすぎる(笑)
なんて大人向けなオチだ…(笑)

いや、
かつてジェラシーと嫉妬に身を焦がした男と、偏見に満ちた女が、種族間の壁を乗り越えて真実の愛を手に入れた話だと考えれば、子供たちへの教育効果も高い、素晴らしい大恋愛感動巨編だったような気がしてこないでも無いような気が…

…やっぱり無いか(笑)
いやー、ヒドい話だった(笑)

まさかまたジェラシットの姿を見ることになろうとは思わなかったですよ。たこ焼きを食う姿が愛らしい。

今回の敵、センデンのプレゼンテーション作戦を書いたホワイトボードの説明が楽しい。
最後の宣伝波(?)も「ザンギャック帝国万歳」「明るく楽しく世界征服」の文字に笑いました。

マーベラスはまだカレー食ってないままなのか。

|

« 今週のアニメ特撮感想・月~金分(8/1-5分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ35・36号感想 »

コメント

マーベリックはバニーを理想のヒーローに育てたいというのもあったので両親は邪魔なだけだったのでは
あと確かに虎徹は言えよと思いますが直前に泣きながらぶっ倒れたバニーにはちょっと言いにくい気もしましたw

投稿: ed | 2011年8月 7日 (日) 16時03分

殺して殺人者になってしまうデメリットの方が大きい気もしますが(記憶操作もちょっとした矛盾で破れるものですし)、衝動的な面もあったのかと思いました。実際は分かりませんが。

虎徹は、確かにあの状況で真相を言うのは一見追い打ちをかけるようにも思えますが、
相手が真剣に聞こうとしている状況で言わないのは優しさではなく優柔不断さだと思います。実際それで怒らせちゃってますし。
まあ、バーナビーの方も思い込みが激しすぎてすぐ結論を出しすぎなんですけどね。

投稿: でんでん | 2011年8月 7日 (日) 19時17分

>ゴーカイ
いかにも浦沢作品らしいオチ、というか。
「カーレン」というより、「不思議コメディーシリーズ」っぽかったです。
ロケ地が航空公園だとよけいに、そんな風にカンジますね。

きっと、ジェラシットは後、一回は出てきそうな気がします。
(当然のことながら、あのオバサンには捨てられて)

投稿: 通りすがりの・・・ | 2011年8月 7日 (日) 22時02分

>ゴーカイ
書き忘れ。

次回は「ハリケン編」
シャアが来ますね。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2011年8月 7日 (日) 22時04分

あまりの想定外のオチに唖然としました(笑)

ジェラシットはまた出てきても不思議は無いですね。
最終決戦あたりで子供を抱えて出てきたら笑うような恐いような。

ハリケンジャーは未見ですが、池田氏が声で出ていたんですね。

投稿: でんでん | 2011年8月 7日 (日) 23時42分

広島ではフツーに放送あったオーズ
ところでyoutubeで「オーズ op」検索したら版権云々で全部消されてるけど「anything goes」で検索したら
大黒摩季のPVがあった。
グリードが 大黒摩季のコンサートを襲撃し、オーズがそれを防ぐという内容でしたが
大黒摩季こコインコントロールが絶妙で笑った


>邪悪
Ⅹ-MENのエグゼビアもコレにやや近いことしてるんですよねー
当時カナダのスーパーヒーローチーム「アルファフライト」に所属してたウルヴァリンに引き抜きをかけた教授。
しかしウルヴィは受けるつもりなかったのでテレパシーで洗脳して引き抜いた、という

投稿: | 2011年8月 8日 (月) 10時44分

>オーズ
関西の朝日放送が高校野球のスポンサーなので、毎年この時期関西だけがライダーやプリキュアやらで全国に取り残されるとか何とか。
しかも試合中継ではなく、試合前の解説番組の特番らしいです。見てないので何とも言えませんが。

以前のライダーでは夏には本編から外れたギャグ篇をやったりしていたけど、ディケイド以降半年ズレたので、今後もお毎年関西だけクライマックスで置いてけぼりになることが確定してるそうで。

>エグゼビア
アメコミ原作での話ですか。そちらは知りませんでしたが、結構えげつないことしてますねえ。

投稿: でんでん | 2011年8月 8日 (月) 12時23分

>タイバニ
記憶操作は複数の人間に与えると、辻褄が合わなくなった拍子に本来の記憶に戻ってしまう可能性があるとか。
特に、いっしょにいる場合の多い夫婦に操作は難しいんじゃないですか。
このケースではバーナビーとおばさんの二人を操作したわけですが、マーベリックはバーナビーを手元に置いて、おばさんと隔離したわけです。
でも、結局、電話だけで戻っちゃいましたね。

それにしても、マーベリックの動機を聞いて、「ひらきなおってマイヒーロー」(ザ・モーションコミック」)のオチとリンクしてしまいましたがなぁ・・・・

「バーナビー洗脳」だけで終わり、とは思えないんですよね。
「ヒーローTV」はバーナビー登場以降、好調を維持しているわけですから、「バーナビー戦死→新ヒーロー登場→視聴率が更に好調」ってシナリオを書いても、おかしくは無いですね。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2011年8月10日 (水) 12時37分

おばさんについてはホントにあっさり記憶が戻りましたし、確かにいつも近くにいる夫婦2人を操作するのは危険度が高いかも知れませんね。

ひらきなおってマイヒーローは、読んだ覚えはありますが殆ど思い出せなかったり;

マーベリックにとって、現状の状況で満足していたのか、それこそバーナビー排除までもがシナリオにあるのか謎ですが、
今回で「何をやってもおかしくない」「情に流されない」人物だというのはよく分かりましたので、有り得なくはないですね。

投稿: でんでん | 2011年8月10日 (水) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・月~金分(8/1-5分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ35・36号感想 »