« 週刊少年サンデー9号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ10号感想 »

2012年2月 3日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(1/30-2/3分)

■アクエリオンEVOL 5話
男女別だった学校が共学に。
これまで隔離されて欲求不満だった思春期真っ盛り連中をいきなりこんな同じ教室に放り込んだ上で恋愛禁止とは、何という生殺し。
恋はいいけど恋愛は駄目とか、電撃や吹き矢で妨害とかヒドすぎる(笑)
吹き矢係のメカの人はご苦労様でしたという気分にもなりましたが(^^;

先週時点では、気持ちを抑圧させてパワーを高める的な物かと思ったけど、普通に暴走対策なのね。どこまで持つか疑問ですが。

褐色の娘は腐ってやがる人か(笑)

■あの夏で待ってる 4話
告白紛いな事を言われたイチカがいきなり電車で立ち去るとは思いませんでした。いい動揺っぷりです。

A男くんとB子ちゃんは、妄想癖が似たもの同士で実にお似合いだなあ。凄いシンクロっぷりですよ。
そして、A男くんとB子ちゃんの関係を気遣うC子ちゃんは本当にいい子でした。地雷踏みっぱなしだわ鈍いわでやっぱり可哀想な事になりそうだけど!

イチカはやっぱりそのうち(夏が終わったら?)帰るのね。一夏を強調しまくってるし。

イチカは、案外思い込みが激しい人のようで、下手したらヤンデレの素質がありそうですよ。包丁こえー(笑)

りのんは今回もよくふにふに動いて、死にかけたり、ぱんつを履いたり、冷汗かいたりでかわいかったです。

■輪廻のラグランジェ 4話
何のかんの揉めつつも結局学校の先生も公認でまどかがロボに乗って宇宙人と戦うことに。
戦いで犠牲者が出たらまどかが針のムシロになりそうだけど、そういう心配はしないのね。こいつら全員ノリだけで生きてるなあ。

勇者シリーズみたいに一見して低年齢層路線の作品ならともかく、比較的リアル寄りな絵柄でこの展開なので違和感がなかなか拭えなかったのですが、
もう完全に「バカ作品」として見ればいいのだなと、今更ながらハッキリ認識しました。遅いよ;
アクエリオンがあの絵柄でバカなのは最初から分かってたんですけどね。

ところで、先生達の会話からすると、ジャージ部ってもしかして結構歴史が長いのかね?

ランのドジっ子っぷりが凄かったです。1~2話辺りから駄目オーラは出ていたけど、ここまでダメ過ぎるとは(^^;

ムギナミは宇宙人で宿無しのようで、場合によってはメガネ年下男子の家に居候する事になるところでした。

どうでもいいけど「ムギナミ ラン」と続けると「綾波レイ」っぽいと言えなくもないかも知れない。

3バカが学生だったのはビックリ。学生VS学生の構図なんですかね?
そして捕まっていた3バカの1人目はあっさり脱走。
手引きがあったとは言え、相変わらず味方組織の警備はザル過ぎだなあ。捕まえた捕虜が必ず脱走するアーガマ並のザルさです。

■ちはやふる 4話
高校生編開始。
千早は小学生の頃からあまり変わってないようで、残念美人と呼ばれるのも仕方ない感じか。
良い悪い、可愛い可愛くないは別として、あれは周囲を振り回す女だぜ(笑)

太一は1~2話では印象が悪かったですが、段々好感度が上がってきた…と言うよりは、同情心を感じてきた気がします。頑張れ。

A級をかけた試合はさすがに迫力でした。千早も小学生編とは比べものにならないくらいレベルアップしてますね。

成長した新の方は、ある意味定番ですが、やさぐれちゃってますねえ。
ここから千早がどうモチベーションを取り戻すかが注目です。

■リコーダーとランドセル ド 4話
弟が不憫過ぎて笑って見てられなくなって来ましたよ(^^;
ご近所さんやPTAや地元警察は弟の事を認識していてもおかしくないと思うけどなあ;

■夏目友人帳 肆 5話
夏目と少女のほろ苦い思い出話。切なさと心地よさが混じっていい感じでした。
それにしても昔の夏目は、傍目にはクールイケメンっぽいなあ。

狛犬の人はハタ迷惑ではあったけど、彼女を助けてくれていたりとかいい人じゃないですか。

■テルマエ・ロマエ 3話
風呂はいいね。湯は心を潤してくれる。
最後まで風呂が恋しくなるアニメでした。

原作はこの後もまだまだ続いてるけど、アニメの区切りどころとしては良い終わり方だったんじゃないでしょうか。

■妖狐×僕SS 4話
あらかわいい>たぬき
引っ掻き回し系不良キャラかと思ったらむしろ弄られ癒しキャラだったでござる。

むしろウサ耳の方が引っ掻き回し系…かと思ったけど案外いい奴…なのか?
基本面白ければなんでも良さそうだけど。
百目とウサギって何か関係あるのかと思わず検索してしまいましたよ。

次回も変態が増えるのか。

|

« 週刊少年サンデー9号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ10号感想 »

コメント

>ラグランジェ
このまま、バカアニメで終るのかな?
最近、序盤は割とこんなカンジで、どんどん悲惨という坂を転がっていくのが多いような・・・・
(「シンフォギア」はそっちの方に転がりそうな)
まぁ、来月からノベライズが刊行されるようですが、作家が作家なので、バカで終わりそうな気もしますが。

>テルマエ
結局、「うさドロ」とおなじく、実写映画のPR的なモノだったのか?
でも、いかにも低予算な紙芝居アニメでしたが、割と面白かったです。
映画の方も良けりゃいいんですけどね。
「うさドロ」はコケはしなかったようですが、酷評モノだったようです。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2012年2月 5日 (日) 18時32分

>ラグランジェ
途中から欝になるよりはバカのまま突き進んでほしい気がします。

>テルマエ
PR的な感じでしたね。
映画の内容がどうなるか知りませんが、原作準拠で2時間程度なら、やっぱり今回のアニメと同じあたりまでになりそうで、それだとむしろアニメ・映画を2本やる意味があるのだろうかと言う気分にもなりそうです。
まあ、それで映画がオリジナル展開でつまらなかったりするとやっぱり嫌なんですけどね。

うさドロ映画は見ていないですが、チラリとネットで見る限りではあまり評判は良くなさそうですね。

投稿: でんでん | 2012年2月 5日 (日) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー9号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ10号感想 »