« 今週のアニメ特撮感想・月~金分(2/13-17分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ12号と今月のジョジョリオン感想 »

2012年2月19日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土日分(2/18-19分)

■偽物語 7話
サイヤ人かマトリックスかこいつら(笑)
冒頭のバトルが凄い破壊力でした(言葉通り)
高速道路まで潰れてるのは「この映像はイメージです」として。

冒頭の大迫力バトルに対して貝木との結着は大人しめ、と言うか会話だけなので、これをどう画面として処理するのかに興味がありましたが、
ヒーローショーだのデッサン人形だのカラスだの蜂の巣模様だのの演出が実にシャフトらしかったかと。

やはり偽物語は化物語より話が薄いですが、そもそも本編の後始末のサービス的おまけ話だからなあ。
つまらなくはないのですが、もっと詰めてもう1話少なくても良かった気はします。

■モーレツ宇宙海賊 7話
宇宙海賊の仕事の実態(の一部)がショービジネス的なものだったとしても、それだけで(作品的に)収まるわけもなく、
不測の事態が発生した様子。
密航者が姫だとかで結構大規模な事件に発展しそうですかね。

今回の「お仕事」の最中でも段取りが予定と違ったりと不自然な点がありましたが、その辺りも姫の密航が絡んでると考えるんべきですかね。
相手の船ごとグルだったのか、或いは姫が自力で凄い電子戦能力を駆使して状況を整えたのかは分かりませんが。

冒頭のチューブに飛び込んでの出撃シークエンスはなんという懐かしい演出かと笑ったけど、さすがに単なる妄想ですか。
プラントとやらもイトカワみたいだったしなあ。

海賊仕事のおかげで成績が落ちているとのことですが、高校は辞めないとしてもバイトは辞めてもいいんじゃないかと思ったけど、
バイトも大事だと言われれば仕方ないか。

■海賊戦隊ゴーカイジャー 51話
きっちり大団円でいい最終回でした。1年間面白かったです。歴代戦隊への愛に満ちたいいシリーズでした。
ゴレンジャーで締めるのもさすが。

1話で食い損ねたカレー屋や幼稚園(保育園)の先生の登場がいいですね。
マーベラスは「35番目のスーパー戦隊だ」と自分で名乗るようになったのに、人から感謝されると「ただの海賊だ」とうそぶくあたり、
1年で随分変わったものの、最後までツンデレでしたよ(笑)

皇帝との決戦は、船上戦、最終戦とも見応えがありました。
特にレジェンド戦隊にチェンジしまくりながらの最終戦が素晴らしい。ちゃんと35戦隊分出てるのか数えきれなかったですが、多分出ていたのでしょう(おぃ)

鎧は皇帝の船に地球代表的に乗り込んだり、最後のラストシューティングまで決めたりと美味しかったですよ。

とりあえず、皇帝なんて立場の人間が前線に出てきたら駄目だよなとよく分かりました。
大艦隊を一斉清掃されたのも皇帝の船に反撃出来なかったからだろうし、皇帝が表に出てきた時点で負けは決まってたんですねえ。
やっぱりボスキャラはモビルスーツとかに乗っちゃ駄目ですな(違)

皇帝の船は一応人のいないところに落ちたんでしょうけど、大艦隊については下の街の被害が心配でした(^^;

鳥の活躍は美味しかったです。
前回壊れたゴーカイガレオンが決戦で最後まで出番が無かったのはちょっと意外でしたが、バスコの船を使ったのはいい展開だったかと。

剣にされたハカセに笑いました。
「ちょっとくすぐったいぞ」ですね。
ハカセは最後の変身でも「手を拭くポーズ」をやってたり美味しかったかと。アレは最後まで無意識だったんですかね?(笑)

■仮面ライダーフォーゼ 23話
新たなヒーロー、キッグナスが変なポーズを取りながら登場の巻。
「ポーズ」と言うよりほぼ「踊り」でしたが、白鳥座の聖闘士は踊らずにいられないものなのか(笑)
ところで登場時に羽根を撒き散らしまくりで、撮影後が大変そうだと思いました。

ゾディアーツでも本人が正義として戦うならそれも有りなのか(ラストワン問題とかあるけど)…とも思いつつ、
やはり言葉通りの正義の味方では無かったようで、
「醜いアヒルの子の会」ことキッグナスファンクラブの何という胡散臭い新興宗教臭さか。

ここで友子の過去に絡めてくるのは上手かったです。
そして友子と流星のやり取りも印象的でしたが、やはり流星の正体に最初に気付くのは友子になりそうか?

ところでアヒル会の場所はとてもどこかのビリヤード場っぽかったような。

幹部入りした落語キャンサーはすっかり調子に乗っていて、やっぱり長期活躍出来そうなキャラには見えませんが、
やっぱりリブラ校長の方が退場は早そうですかね?
どんどん校長の立場が無くなっている雰囲気でおいたわしい。

それにしても互いに正体がバレてるのに、まだキャンサーが普通に学校に出てきてるのが凄いな。授業とか出てるんですかね?

キャンサーは防御力の高さが売りのようですが、そこはサンダーかファイヤーじゃないですかね。でなければ鍋スイッチでも用意すればいいですよ。
ところで、対キャンサー戦でついにマグネットステイツでの格闘をやりましたが、やっぱり動き難そうですねえ。

キッグナスコスプレの彼が撒き散らされた答案を拾わなかったとことが印象的でしたが、
拾っていた弦太郎とユウキがキャンサーの登場ですぐ答案をまた撒き散らしてるところで笑いました。駄目だこいつら(笑)
キッグナスの回でも何も考えずに踊ってるし、本当に駄目過ぎるこいつら(笑)
ところで答案の中にあった「4点」の弦太郎の答案に吹きました。

キングは親離れしたかと思ったのに、母親に対してはまだ「ママ」なのか。
しかも、卒業も近いかも知れないのに今回これだけかよ。ヒドい!(苦笑)

ジャイアントフットのスイッチは便利だけど大味で案外攻略されやすそう。(されたし)
フラッシュとか目眩まし系のスイッチと併用したらいいかも知れません。
それにしても、まだ折り返し地点手前なのに、もう35番とはハイペース。

ソフトクリームはかわいかったかと。

■機動戦士ガンダムAGE 19話
冒頭でいきなり連邦の輝かしい歴史とか言い出して吹きそうになったけど、
25年前は腐ってることで定評があったけど今はマシになってると言うことなのか、それともやっぱり自分で言ってるだけなのか。

ぜハートはいきなり司令官ですか。そしてまた司令官自ら赤いMSで前線に出るわけか…。

ディケは両親ともに友達だろうにアセムは知らないのね。家に遊びに来たりすることは無かったのか。

ウルフさんはいい感じのおっさんになってますが、前回「宇宙人ども」とか言ってたのは気になるなあ。

いきなり新兵が訓練も無しで実戦突入。まあガンダムじゃ珍しくもないけど(^^;
いきなり主人公の命令違反もガンダムらしくはありました。

戦闘自体は新兵の戦いと言うこともあってフリット編には無かった緊張感はまだあったかと。

|

« 今週のアニメ特撮感想・月~金分(2/13-17分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ12号と今月のジョジョリオン感想 »

コメント

>偽
震災以降、こういった描写はどこも意図的に避けているような嫌いはあったが、ずいぶんと思い切った。
クレームによっては再放送禁止にもなりえる可能性がありそう。
関東では千葉テレビで1年かかった「勇者ライディーン」の再放送で、最終回だけが震災対応で放送されないという悲劇的な結末もあったし。

>モーレツ
ひょっとして、豪快にチェンジ・・・・・・、とか。

>ゴーカイ
最終回でOP無しって、初めて?
(「ゴセイ」ちゃんと見てないのでわかりませんが)

あの大艦隊、仮にガレオンが直っても、どうやって戦うのかと思いきや。
いやはや、まったく予想外の方法。
あれは他のどの戦隊でもできませんね、さすが海賊というか。

巨大戦がなくて、普通なら地味に終っちゃうところでしたが、ロボのレジェンドは先週でやりつくし、今回は等身大で決着はなかなか良かったです。

最後のカレーショップは看板になにげに「ニュー」ってついてましたね。

>フォーゼ
やっぱり、羽が舞うのかい、白鳥座。

それにしてもマグネットステイツでビッグフット使うと、クマがペルソナ出してるみたいだ。

>あげ
入隊からディーヴァ乗艦まで、どのくらい経ってるんだろう。
時間経過がわからないです。
いくらなんでも入隊、即、伍長はないだろうし。
(もし、実戦経験無しなら、カイやハヤトが不憫すぎる)

そういえは、ゼハートの声は夏目や阿良々木と同じですね。
ナニやっても声のトーンが変わらないというか・・・・
中CMで「デュラララ」DVDのCMやったら、やっぱりBパートは折原臨也に引っ張られるかも・・・・
それにしてもゼハート&フリット(NA)で、「夏目友人帳」が構成できるというのは、ある意味すごいな。


投稿: 通りすがりの・・・ | 2012年2月19日 (日) 23時21分

>偽
地震は連想しませんでしたが、クレーム出ますかねえ…?

>ゴーカイ
あの数をどうするのかと思ったら実にスマートな方法でした。
やられた大艦隊も皇帝の船に反撃は出来なくても回避すればいいのにとは思うけど、逃げるわけにもいかないんでしょうねえ。

巨大戦は先週でやりきったので今回の結着は十分に満足でした。

>フォーゼ
あの羽根っぷりは電王のジークも思い出します。

>あげ
普通はある程度の訓練期間が無いはずもないんですけどねえ。
ロマリーがいつの間に軍隊入りを決めて(先週時点では気配が無かった気が)いつの間に入隊したかとか、
ベテラン2人に新人3人(?)な構成とかも色々不思議すぎます。

ぜハートの声は、全く気付きませんでした。我ながら声に関心が無さ過ぎる…orz

投稿: でんでん | 2012年2月20日 (月) 00時35分

>偽
東京ローカルの先行では問題は無かったのかもしれません。
神奈川、千葉では無事放送されたようです。
しかし、再放送はNGともなれば、それはそれで「かれんビー」は悲劇的結末。
もし「偽」のあとで、「物語シリーズ」のアニメ化が続くようなら、再放送は見込まれるわけで、「其ノ漆」欠番は痛いですね。

もっとも、地震描写より津波描写の方が神経質になってるんですけどね。
「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」の10話未放送も、「勇者ライディーン」の最終回も津波描写が引っかかったので。
「帰マン」の#13、#14もいつ封印が解かれるのやら。せっかく、デジタルリマスター版になったのに。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2012年2月20日 (月) 01時48分

見たことがないのですが「バルディオス」は絶望的ですね。

投稿: でんでん | 2012年2月20日 (月) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・月~金分(2/13-17分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ12号と今月のジョジョリオン感想 »