« 週刊少年サンデー10号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土日分(2/11-12分) »

2012年2月10日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(2/6-10分)

■アクエリオンEVOL 6話
シュレードさんポエムをつぶやきながら完全燃焼。
あれは、死んだ…のか?
どちらとも取れる終わり方だったけど、予告からは「次回はゼシカ推し」と言う事しか分からないぜ。

シュレードは達観したキャラだとは思ってたけど、あんな能力と生い立ちなら、そりゃあ達観もするか。

カグラはいかにも前作のアポロの生まれ変わりっぽいんですが、だとするとアマタは何なのかって話ですね。分裂でもしたのか?
ミコノもシルヴィアの生まれ変わりって感じでは無いんですが。

■あの夏で待ってる 5話
イチカが宇宙人ヒロインとして映画撮影開始。どこまで分かってるんだよ檸檬先輩。

今日も柑菜は負け可愛いながらも、本人は当分告白する気は無さそうで進展無しかと思ったら、哲朗が一気に反則的に話を動かしてきました。
いやー、どうなるのかねえ。おらァワクワクしてきたぞ。
…と思ったら次回は水着回かよ(笑)

立ったまま寝てゆらゆらしているりのんがかわいかったです。

野沢菜サンドは、まあ有りなんじゃないかと。

■輪廻のラグランジェ 5話
バカ展開に慣れたところで一気にシリアス展開でござる。

ニコニコしながら物騒こいてるムギナミが何を考えてるか分からなくてさすが異文化人と思ったら、敵の中でも浮いたキャラだったのね。「お兄ちゃん」との温度差が凄い。
ムギナミは必要があれば笑顔で殺人でもこなせそうですよ。未来が分かる携帯でも持たせたらとてもヤバそうだ。巨大ロボでも十分ヤバイけど。

ランとも交流があったらしい「お兄ちゃん」の方は、話が通じる人なのかどうか、まだ判断し難いですが、ムギナミよりはまだ会話が成立しそうではあります。
とは言えラン陣営との敵対にも事情がありそうなので、話が通じたからと言って和解が出来るかどうかは分かりませんけどね。
それでも最後まで「敵」のままではいなさそうな気はしますけど。

それはそれとして、ランは今回もへっぽこでした。冒頭の過去回想後の逆バット提供絵で吹く。

まどかは普段脳天気だけど怒る時には怒るキャラなのね。
それでも、話し合いしようとする敵に対して、鴨川を守るために、鴨川で暴れまくった時はどうかと思ったけどな!

■ちはやふる 5話
電話で新に素気なくされた千早はどうするかと思ったら、いきなり福井まで突撃ですか。凄い行動力だ。
その割に新の家の前に来ると躊躇するあたり、何と言うか「子供」です。
自転車で走ってる新を後ろから掴んだり、無茶するわー。行動が読めなくて怖い(^^;

新がかるたを出来なくなったのは、試合に出ていた間にお爺ちゃんを死なせてしまった自分が許せなくなってたわけですが、
「新が留守番してるはずだった」と言うのがどういう成り行きだったのかが気になります。試合の日程は事前に分かってるはずだしなあ。
後、両親が新に対してどういう態度だったのかも不明なので気になるところ。

ともあれ、最後は「いつか新がかるたの世界に帰ってくる」と希望を持てる別れになってくれたのは良かったかと。
それにしても電車の中で新の声(?)に気付けた千早が凄いな。

子供からのチョコも受け取らない原田先生がストイック過ぎる(笑)

■Another 5話
やっと事情説明が入ってスッキリしました。
説明を聞きながら「3組」を無くして2組の次は4組にすればいいんじゃないの、と思ったけど、そんな方法も当然とっくに試してたのね。
1人を「居ないもの」扱いすれば大丈夫なんて、よくそんな方法に気付いた&実行出来たものです。それを試した最初の年は大変だったろうなあ。
それで無事に乗り切れても「居ない」とされた子は一生トラウマになりそうだ。

今回で3人目死亡。
1・2人目はピタゴラスイッチorファイナル・デスティネーション的な凝った死に方だったのに、3人目は急にシンプルな死に方になりました。
周囲に危険物が無いと心臓麻痺になっちゃうのか?

■夏目友人帳 肆 6話
押入れの酒が塔子さんに見つかったらと思うと夏目が可哀想(^^;
そして今回はニャンコ先生に変装された夏目が素晴らしく可哀想でした。いやーひどいひどい(笑)

EDの夏目型ニャンコ先生に吹く。

■ブラック★ロックシューター 1話
新番組。
イラストが元らしいと言うことくらいしか予備知識無し。てっきり初音ミクネタの絵なのかと思ってましたが調べてみると違うのね。

とりあえずアニメとしては、わけがわからないよ。でした。
ブラックロックシューターが戦ってる(と言うよりは一方的に屠られてる)のは夢喰いメリー的な夢の中とか精神世界とか異世界とかなのかね?
小鳥遊さんの妹(?)がなかなかウザ怖かったですが、それよりもむしろカウンセラーの胡散臭さが印象的でした。
一見いいことを言ってる雰囲気だったけど、痛みは他人に押し付けろってのはどうなんだ。

と言うか、こちらも小鳥遊ですか。
調べてみると現実の小鳥遊世帯よりフィクションの小鳥遊世帯の方が多いとかで笑いました。自分が覚えがあったのはWORKING!!とパパ聞きくらいでしたが。

見続けるかどうか微妙と言いたいところですが、テルマエを録っていたら途中でやめていたギルクラも一緒のノイタミナ枠で録れるようになって、
ギルクラもちょっと面白くなってきたので、ギルクラを録るようになると自動的にこちらも録れちゃうのね。うーむ。

■ギルティクラウン 15話
たしか4話くらいまで見て止めていたのですが、上記の理由でここ4話ほど見ているわけです。
そんな訳で正直設定をきっちり把握していないのですが、なかなかえげつない展開になってきて主人公も状況も壊れていきそうで、ダークな意味で面白くなってきたかと。
状況を把握してないので今後も感想は基本的に書かないと思いますけどね。

きれいなヒロイン分が無くなったのは残念です。本来のヒロイン(?)のいのりは影で人を殺してたりしてそうだしなあ。

■妖狐×僕SS 5話
新たな変態登場。これまで最上級レベルの変態かも知れない。

たぬきの思い出がひどい(笑)

SM判定がひでえ(笑)
エンディングも超ひでえ(笑)

一反木綿の冷凍うどんが可哀想でした(笑)

◆チャンピオンのブラック・ジャック~青き未来~最終回を読む。
全然ブラック・ジャックの話にならないなあと思いつつ読んでいたけど、最後の最後にきっちりブラック・ジャックな話で割と満足しました。
とは言え話が長くなりすぎた(と言うか期間がかかりすぎた)のは結構マイナスだったかと。もっと短くまとめた方が良かったかと思います。
単行本でまとめて読むにはコレでもいいかと思いますが。

折しも昨日は手塚先生の命日でしたがやはり狙ってのタイミングなんですかね。もう23年とは早いですよ…。

|

« 週刊少年サンデー10号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土日分(2/11-12分) »

コメント

>試合の日程
申し込みはしてたけど、やっぱり世話があるから・・・・・・・という状況だったらしいです
しかしまあこの作者、盗作問題でホサれてたのからみごと復活しましたね

個人的には新の気持ちが痛いほどわかってしまう
あれほど愛し、あれほど愛してくれた人がある日始めて出会うかのような目でこちらを見る、あの感覚は
経験した者でないとわかりません
だから新も「そんな目」で見てくる祖父が一時でもかつてを取り戻して「いってこい」といってくれた時
それが嬉しかったのもあったでしょうが祖父の世話から少しだけ開放されたかったというのがあったに違いありません。
そんな自分の心境を理解してるからこそ新はあの時「逃げ出した」自分が許せないのでしょう

投稿: | 2012年2月11日 (土) 18時24分

なるほど。後から補足されるのか原作ではもっと描写されてるかなんですかね。
「いってこい」というセリフもありましたか。
個人的にはまだそういう経験は無いので軽々しくは言えないのですが。

投稿: でんでん | 2012年2月11日 (土) 23時57分

>アクエリオン
初登場のスパーダ、一回目こそ壮絶な合体ではありましたが、そのうち普通になっちゃったりするんだろうか?
合体パターンもやっぱり、前回同様3つで終りかな?
まぁ、「3体合体6変化」とかいいながら、4パターンしか出なかった某アニメもありますが・・・

>ラグランジェ
兄の意図がねぇ、読めない。
キレ方がわざとらしいというか。
普通の生活が楽しいと言っていた妹への気遣いのようにも思えるし、戦略的な意味があるようにも思えるし。

>ギルクラ
いのりはヤンデレ化していきそうな。
(我妻並に・・・・)

>妖狐
ひさびさに見たような見たような気がします。
少女マンガ的エキセントリックな変態キャラ。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2012年2月12日 (日) 13時35分

>アクエリオン
アルベガスは未見でしたが、全パターン出なかったんですか、アレ(^^;
アクエリオンは具体的な合体方法を把握してませんが玩具的に6変化は出来そうなんですかね?
頭が変わらなければ手足が入れ替わっても新鮮味も無いのでやらなそうですが。

>ラグランジェ
兄の真意はどっちも有り得そうですが、もうちょっと見ないと何とも言えないですねえ。

>ギルクラ
現時点で計8話分くらいしか見てないですが(たぶん)、まともないのりを見た覚えがありません。

>妖狐
凄くイキイキした変態でした。

投稿: でんでん | 2012年2月12日 (日) 14時24分

>アクエリオン
時間帯も時間帯なので、玩具的には拘る必要があるかなと・・・
でも、たぶん3体合体3変化が限界じゃないかと。
河森監督、レゴで組み上げて、合体確認するようですから。

そういえばスパーダ=スペードなので、以前からNETでは言われている「EVOL」は最後には逆綴りになるんじゃないかという信憑性は増したのかも・・・・

なんか「Gガンダム」の最終回が思い浮かびました。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2012年2月13日 (月) 00時17分

前作の強攻型がベースらしいので、本体ギミック自体の大きな変更は無さそうなのかなと。
EVOLがLOVEってのは拘ってそうですねえ。
アクエリオンならラブラブ天驚拳を放っても何らおかしくありません。1話時点で既に石破天驚拳的な技を出してますし。

投稿: でんでん | 2012年2月13日 (月) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー10号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土日分(2/11-12分) »