« 週刊少年サンデー15号感想 | トップページ | ストライクウィッチーズ劇場版(映画) »

2012年3月16日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(3/12-16分)

■アクエリオンEVOL 11話
バカ成分が少なくてやや物足りなかった中、ユノハとジンにはちょっと和みました。
ユノハ相手に真っ赤になってるジンがいいキャラになってきましたが、死ななきゃいいですけどね。

ミカゲのやりたい放題で敵側が大混乱。カグラはいいように操られてますな。
振り回されてるイズモさんには中間管理職的な悲哀を感じます。

カグラは結局アポロの生まれ変わりなんですかね?
その場合アマタは何なのかですが、普通に分裂したとかなのか?

MIXは結構面倒見がいいのね。麦茶持てとか言ってるあたりがお節介なおばちゃんっぽくて可愛かったかと。
言われてたゼシカの方はどんどん黒フラグを積み上げてますが;

■あの夏で待ってる 10話
バカップルがすっかりバカップルだ!

できちゃったバカップルは置いといて、すっかり柑菜-哲朗-美桜方面ばかりに意識が行ってました。
哲朗が悩める青少年ですな。海人や柑菜の事を思いやりつつも自分の欲望とも葛藤する姿が人間臭くて共感を誘います。

ようやく柑菜に思いを伝えられた哲朗にすかさず攻撃を決める裸族さんはさすがでした。
つーか、今回も裸族ストーキング力と裸族ワープ力がすげえ。

柑菜はこれできっちり玉砕出来たようで、告白しないまま中途半端に失恋を引き摺るより良かったんじゃないですかね。
しかし、これで映画撮影が空中分解しないのが凄いです。普通だったらまず映画は自然消滅だろうなあ。

イチカの姉はおねティ関係の人なのかと思ってましたが、そういうわけでも無いのですかね?
おねティを見ていないのでよく分からないですが。

ところで、どうも海人とイチカにあまり関心を持てないと思っていたのですが、その理由が分かった気がします。
柑菜や哲郎は海人達への感情や接し方がよく見えるのに対して、海人・イチカからはお互い以外の人間へのアクションが少ないので、2人とも周囲に対して「閉じて」見えるからかなと。
イチカが柑菜と正面から向かい合ったのは9話にしてようやくでしたし、海人にしてもまともに対話をしてるのは哲郎くらいに見えますし。
主人公達が話の(人間関係の)中心になれていない気がするのが物足りないんですね。

■輪廻のラグランジェ 10話
文化祭でジャージ姿で歩いていても特に注目は集めないんじゃないかなあ。

アステリアは「まどかに出撃を知らせるな」と命令しておきながら、自分は思いっきりまどかを焚きつけてるのね。
みどりの暴走ってまどかの覚悟があればどうにかなるものなんですかね?
まあ、そもそもみどりが花咲かロボになったのもまどかが(ムギナミと喧嘩して)感情を爆発させたからだったからなので、感情を制御出来れば大丈夫なのかも知れません。

■ちはやふる 10話
大会東京予選開始で、なかなか勝てない机くんが追い詰められるわけですが、
勝てない事も戦力として頼りにされていない事も含めて自分達は「数合わせだ」とムクれる気持ちは分かるけど、言葉に出してしまうのは若いなあ。と言うか青春ですな。
肉まんくんたちの「強い敵に机くん達を当てる」発言もデリカシーは無さすぎでしたけど。

机くん離脱を受けてすぐガタガタになる千早は、本当にメンタル弱いなあ(^^;、かるたの実力以外はホント成長してないと思えます。
それに対して、千早を立ち直させてチームのムードも回復させる太一は本当に頼もしくなりました。

足の甲にタコが出来るまで頑張ろうと言うかなちゃんがいい子です。

■Another 10話
冒頭の赤沢さんの夢は何だったんですかね?
過去回想というわけでも無さそうだったけど、横恋慕の表現?

テープは(意外にも)無事に修復出来たんですね。肝心の「死者の名前」は聞こえなかったものの、それはテープ破損が原因かは不明だし。
テープに残されてた解決方法は「死者を殺せばいい」ですか。「死者」とは言え同級生を殺さないといけないわ、そもそも特定が難しいわで精神的にも難易度的にもきっついなあ。

…と思っていたら、死者の特定は鳴の邪気眼、もとい死神の目、もといギアス、もとい義眼であっさり解決かよ!
残りも少なそうだから仕方ないけど、もうちょっと死者特定までは便利設定に頼らないドラマが欲しかった気もします。まあ、次回を見ないとまだ何とも言えないか。

赤沢さんVS鳴は、主人公に必要なことを教えなかった赤沢さんに、主人公に反応してしまった鳴にと、不手際度で言えばどっちもどっちなので「お前が言うな」とは思いましたが、
双子の件で鳴には主人公に話しかけられた時点で「もう始まってるかも知れない」と思う理由があったわけですか。
「早く言えよ!」と思わないでも無いけど、言っても仕方ないと思うのも、テープを聞く前では仕方ないか…?

次回は赤沢さんがピンチな感じ?
「死者」が誰かなのはまだ分かりませんが、誰だとしても後味の悪いラストになりそうです。

レギュラーの中では赤沢さんが一番「死者」率が高そうな気もするけど、どうなのやら。
視聴者的に顔も覚えてないモブが「死者」であっても盛り上がりに欠けそうだし、やっぱりレギュラーが怪しいか?

■夏目友人帳 肆 11話
夏目が両親を思い出す話。
4期のここに至って夏目も思い出を語れるようになったのだと思うと感慨深いです。

夏目の頭に乗って歯磨きしてるニャンコ先生がラブリー。
今回の先生はちゃんと用心棒をしてたり写真の件を田沼にチクったりといい仕事ぶりでした。

■妖狐×僕SS 10話
御狐神が青鬼院と同類…。それはドSという事か(違)
ギャグキャラがギャグキャラのままでシリアス展開するとなかなかウザいなあ。

|

« 週刊少年サンデー15号感想 | トップページ | ストライクウィッチーズ劇場版(映画) »

コメント

>アクエリオン
アマタとカグラ、ルーツ的な種違いといった解釈しましたけど、違うかな・・・

>なつまち
お姉さんはたぶん、「過去シリーズ」にも出てない新キャラだと思いますが、風見みずほの妹の成長した姿って可能性もあるかも。

>Another
冒頭、チャンネルもしくは時間帯間違えた、と思っちゃいました。

死者がモブキャラだったら、「確かにお前かよ」って思っちゃいますね。

投稿: 通りすがりの・・・ | 2012年3月17日 (土) 19時32分

>あの夏
イチカの姉妹は確か「姉と妹」と言ってたような気がしますが姉が1人と限定していたかが思い出せません;

>Another
レギュラーだと鳴と主人公以外だと赤沢さん、勅使川原、望月、もう一人のメガネ女子くらいしかいないんですよね。(生徒だと)
やっぱり赤沢さんが一番怪しく思えるんですがどうなのやら。

投稿: でんでん | 2012年3月17日 (土) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー15号感想 | トップページ | ストライクウィッチーズ劇場版(映画) »