« 週刊少年サンデー20号感想 | トップページ | 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(映画) »

2012年4月20日 (金)

今週のアニメ特撮感想・月~金分(4/16-20分)

■黄昏乙女×アムネジア 2話
前回から遡って夕子さんとの出会いの話。こちらが本来の1話みたいですね。
シリアス気味な展開と思わせてギャグで落とすのが基本パターンのようですが、
そう見せかけて最終的にはやっぱりシリアスな真相が出てきてもおかしくない…のだろうか。

主人公が夕子さんを見えるのは霊感云々では無いようで、いずれ見えなくなる可能性もあるのか。

今回で一気に後輩登場まで行きましたが、このペースだと次回にはもう一人のショートの人も出そうでしょうか。

■未来日記 26話
最終回。
ここまでいい感じにアニメ化してきたのに、ラスト数ページのオチだけやらないって、なんという台無し感…;

■アクエリオンEVOL 16話
シュシュを手なづけるとかアマタが妙な方向に向かいだしたかと思ったけど、アクエリオン同士の訓練戦で中断。まあ良かった。

訓練では今まであまり戦いで目立ってなかった人達の能力が明らかになりましたが
脆いモロイにサザンカのすべてを腐らせる力…(笑)
てか味方機を腐らせるなよ。メンテナンスが大変じゃないか(笑)
どっちも強力な力だけど、訓練で新能力を使ってしまうと実戦で活躍出来るかどうか怪しくなりますな。
基本初登場技が活躍するパターンだしなあ。

ゲパルトはこれまであまり強いイメージが無かったけど(ジン搭乗回除く)、今回の組み合わせは強力、もとい反則的でした。

今までの黒化フラグを押しのけて(?)頑張って告白したのにネタ扱いなゼシカかわいそうに(^^;
しかも訓練戦が終わった後も12000年前の過去映像のインパクトでアマタの意識からは飛んじゃっていて更にかわいそう。
正直アマタにあまり魅力を感じないので、他の人に惚れれば良かったのにねえと思ってしまうのが困りものです。

12000年前の前作映像は久しぶりに見ましたが、不動GENとZENは思っていたよりキャラデザインが違ってたのね。

ユノハエンディングは前回だけじゃなくてずっとなんですかね。いいエンディングだけどホントなぜユノハ単独なんだろう。
あと2話出番が早ければサザンカやモロイも前エンディングに絵が加わったかも知れないのにねえ。
…ユノハエンディングに人が増えていくのも有りか?(無さそう)

■ちはやふる 15話
千早のクイーン戦後編と太一の決勝戦。
熱い、実に熱いスポコン物です。

太一の戦いに一番入れ込んでいたのが肉まんくんだったあたりがまたグッと来ます。
「準優勝が一番悔しい」の言葉が心に来るなあ。

■さんかれあ 2話
何となくは察しはしたけど、思った以上に父親がクズで非道すぎてやりきれないですよ。
世を儚むのもまあ無理はない。自殺はいくないが。

とは言え、クスリを飲んだからと言ってそれだけですぐゾンビになるわけではないんだろうなあ。前回ラストで腸が出てたし。
なんやかんやで外傷を負って(負わされて?)死んだその後にクスリの力が発動みたいな「ヨミヨミの実」な流れだとか?

次回はそろそろゾンビ化しそうだし、気の重い展開になりそうです。

■坂道のアポロン 1話
新番組。原作未読。
てかビバップの渡辺監督だったのね。
予備知識無しでしたがwikiってみると1966年の話なんですね。風景や古いバスとか懐かしいです。

BL的な雰囲気で事前には守備範囲では無いかもと思ったけど、そういう香りも漂わせつつもとても面白かったです。
描写が丁寧で引き付けられて見ているだけで心地良かったかと。
ドラムの演奏描写とか凄いですよ。今後2人のセッションが実現するのが楽しみです。

さり気なくヒロインの前でメガネを外す主人公が微笑ましいやね。

■つり球 1話
新番組。予備知識はセンコロールの宇木敦哉氏がキャラデザと言うことくらい。

とにかくカラフルな画面が特徴的で目に楽しいです。ちょっと疲れるけど。
ストーリーは、まだどういう話になるのか未知数で何とも言えませんが、主人公が大変なのだけはよく分かりました。
アポロンと連続でパニック気味な転校生だとは難儀だなあ(^^;

地球を救うらしいですが、どこまでスケールが広がるのか(広がらないのか)気になるところです。

■しろくまカフェ 3話
しろくまさんの動物園見学…、シュールだ。

「まぎらわしいので」しろくまを見学出来ないとか、
「アザラシが怖がるので」アザラシを見学出来ないと、ピンポイントすぎる入館拒否がヒドい(笑)
てかやはりしろくまさんもアザラシを食すのだろうか。
まあこういう話で食べ物に詳しく踏み込んだらアウトだけどね!

いつも寝てるパンダくんは、今回も順当に「ダメだこいつ(笑)」と思いました。早く何とかしないと。

あのパンダくんをちゃんと相手してるペンギンさんが律儀だなあ。

■エウレカセブンAO 2話
各キャラが噛みあい出してちょっと面白くなってきた気も。
まあ、周囲のピンチに何も分からない主人公がロボに乗る基本的なロボ物のフォーマットなんですが。
しかし、登場人物が基本的にギスギスしてるのはやっぱりエウレカらしい。

2作目になってロボのメカメカしさが上がるのはアクエリオン同様なのね。

自分の腕を敵にブッ刺すとはゴンさんな倒し方だなあ。

|

« 週刊少年サンデー20号感想 | トップページ | 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(映画) »

コメント

>食べ物に詳しく踏み込む
昔ジャングル大帝でレオが動物たちのためにレストランを開く、というネタがありました
「へいお肉一丁」って何の肉なのか全く不明でしたが

投稿: | 2012年4月22日 (日) 00時55分

ありましたねー。
もうマンガ肉としてごまかすしか。

投稿: でんでん | 2012年4月22日 (日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー20号感想 | トップページ | 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(映画) »